バイナンスコイン(BNB)、独自トークンで時価総額TOP10の実力

更新日:

binancecoinバイナンスコイン

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが発行するバイナンスコイン

取引所が発行する独自トークンながら、仮想通貨の時価総額は上位にランクインする人気の通貨です。

仮想通貨とは?
バイナンスコインはどんな魅力があるんだろう?
バイナンスユーザーにメリットがあるコインよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

この記事でわかること

  • バイナンスコインの概要
  • バイナンスコインのメリット
  • バイナンスコインの購入方法

バイナンスコイン(BNB)はどんな仮想通貨?

バイナンスコインとは

バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)は仮想通貨取引所のバイナンスが発行するトークンです。

トークンとは?

仮想通貨のブロックチェーンを間借りする形で発行される(代用)通貨です。

たとえばイーサリアム(ETH)は仮想通貨、イーサリアムのブロックチェーンを借りて発行されるのがトークンです。

バイナンスはイーサリアムのブロックチェーンERC20という規格で発行されています。

バイナンスコインという名前の通り、取引所のバイナンスユーザーにメリットがあります。

一方でバイナンスの信頼性、成長性によって価格の変動を受けやすくもあります。

世界最大級の取引所バイナンス

バイナンスとは

バイナンス(BINANCE)は、2017年7月に設立された世界に600万人のユーザーを抱える(2018年1月時点)取引所です。

中国生まれの趙長鵬(ジャオ・チャンポン 通称CZ)が設立し、わずか半年で取引高が世界一になりました。(2018年11月現在は世界でTOP10)

日本の投資家にも人気のため、名前を目にした人もいるでしょう。

設立当初は香港に本社を構えていましたが、中国政府による取引所へ規制の影響で現在はマルタ島に移転しています。

バイナンスについて詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

バイナンスbinance
日本を思いやる【CZ】が創ったバイナンス(BINANCE)とは?
バイナンスは日本でも有名 ...

続きを見る

バイナンスコインの価格・チャート

バイナンスコインの価格チャート

 バイナンスコインのチャート

 


バイナンスコインのチャートは、他の仮想通貨と同じく2018年1月に1BNBあたり25ドルを越え最高額を記録しています。

その後急落し、2月から7月にかけて上昇を続け、再び下落。

2019年に入ってから再び上昇し、2019年3月5日現在、約13ドルの値を付けています。

 

バイナンスコインの時価総額ランキングは8位

ビットコインやイーサリアムなどと異なり、バイナンスが発行する独自トークンながら世界のTOP10に入ります。

バイナンス利用者が世界的に多いことが大きな要因として考えられますが、それだけ保有者が多いことが分かります。

バイナンスコインのメリット

バイナンスコインのメリット

バイナンスコインは、バイナンスで利用することでメリットが得られます。

バイナンスで自由に取引できる

バイナンスで自由に取引できる

バイナンスはユーザー同士がトレードする仮想通貨取引所です。

また円やドルなどの法定通貨を扱っておらず、取引はすべて仮想通貨で行います。

基軸通貨(交換の軸となる通貨)は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)そしてバイナンスコイン(BNB)の4種類。

バイナンスコインがあれば、リップルやネム、モネロなど人気の仮想通貨と自由に交換ができます。

バイナンスの手数料が安くなる

手数料が安くなるバイナンスコイン

バイナンスは取引手数料が0.1%で海外の取引所では最安ですが、バイナンスコインで取引することでさらに割引されます。

割引率には特長があり、その内容はバイナンスのホワイトペーパーに詳しく書かれています。

バイナンスホワイトペーパー

出典:BinanceWhitepaper

ホワイトペーパーは英語表記のため、内容を要約しています。

まずは上段の割引率の部分です。

取引手数料の割引 

取引手数料は割り引かれるが、毎年割引率が半減し5年後には0%となる。

購入した年(1年目)は50%OFF、2年目は25%OFF、3年目は12.5%OFF、4年目は6.75%OFF、5年目は0%OFF。

少なくとも1年目は手数料が50%OFFなので、頻繁に取引する人は持っておいて損はなさそうです。

将来的な価値向上の可能性

将来的な価値向上の可能性

ホワイトペーパー抜粋の下段、Repurchasing Planの箇所も要約します。

バイナンスコインの買い戻し 

毎四半期(3ヶ月)ごとにバイナンスの利益の20%相当のバイナンスコイン(BNB)をバイナンス買い戻し、消滅させる。

これは全発行量である2億BNBの50%=1億BNBが買い戻されるまで実施され、買い戻した1億BNBすべてを消滅させる。

割引率が年々減るものの、定期的に買い戻しをすることでバイナンスコインの総量を減らして希少性を上げることで、バイナンスコインの価値を高める工夫がされています。

バイナンスコインはどこで買える?

バイナンスコインはどこで買える?

バイナンスコインはバイナンスで購入できます。

実はHitBTCやExratesなど、バイナンス以外にも扱う取引所があります。

ただバイナンスで利用するメリット、バイナンスへの送金の手間を考えると購入はバイナンス一択といえるでしょう。

バイナンスコインの将来性 

バイナンスコインの将来性

バイナンスユーザーの拡大

バイナンスユーザーの拡大

バイナンスユーザーの拡大はバイナンスコインの価値向上に働く可能性が高いです。

バイナンスは取扱通貨数の多さや手数料の安さで多くのユーザーから支持を得ています。

今後ユーザーが増えていけばその分バイナンスコインの需要も高まり、その価値を上げていくでしょう。

分散型取引所(DEX)の開発

分散型取引所の開発

バイナンスが進める分散型取引所(DEX)の開発も将来性を左右するポイントです。

分散型取引所

一般的な取引所のように中央管理者がいなくても取引ができる取引所です。

自分で秘密鍵を使用して資産を管理するため、従来の取引所と比較するとハッキングのリスクが大幅に下がります。

バイナンスのCZ氏はツイッターで、分散型取引所のベータ版が2018年末を目途に公開予定であることに加え、バイナンスコインを分散型取引所の手数料(ガス)として使用すると明かしています。

分散型取引所が公開されれば、バイナンスコインの需要も高まっていくことが期待されます。

バイナンスチェーン(Binance Chain)の開発

バイナンスチェーンの開発

バイナンスチェーン(Binance Chain)の開発もプラス要因として考えられます。

バイナンスは2018年3月に独自のブロックチェーン技術、バイナンスチェーンの開発を決めたことを発表しています。

この発表によりバイナンスコインは、一時20%以上の価格上昇がありました。

また、バイナンスチェーンの開発に合わせてバイナンスコインを独自のブロックチェーンに変えていくことも発表されています。

仮想通貨とは?
今はイーサリアムのブロックチェーンが使われているんだよね。
そうね、それが入れ替われば完全にオリジナルのトークンになるわね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

オリジナルトークンとして独自性を高め、価値を上げていけば将来的にプラスに働くでしょう。

決済通貨としての普及

決済通貨としての普及

決済通貨として普及するかも将来性を見る重要なポイントです。

まだ実績は少ないですが、以下のようなバイナンスコインの導入事例があります。

  • 2018年11月、旅行予約サイトXcelTripで決済通貨としてバイナンスコインを導入
  • 不動産会社Propy Inc.から不動産購入にバイナンスコインを使用する許可を得た

今後決済手段としてさらにバイナンスコインが導入されていけば、その価値は上がっていくでしょう。

バイナンスコインの購入方法

バイナンスコイン購入方法

バイナンスの購入は以下の3ステップが必要です。

1.バイナンスで口座開設する

2.国内の取引所でビットコイン(イーサリアム)を購入する

3.購入したビットコイン(イーサリアム)を海外の取引所に送金し、バイナンスを購入する

1の口座開設方法はこちらのリンクを参照してください。

2の国内取引所はBITPointをオススメします。登録はこちらのリンクを参照してみてください。

3の購入パートを簡単にご紹介します。

バイナンスの管理画面上でBTCMarketのタブを選択します。

仮想通貨一覧でBNB/BTCを選択しクリックします。

バイナンス管理画面1

バイナンスコインの売買ができるページが表示されます。

赤枠のBuy BNBという項目上でPriceに現在の価格が、Amountに購入可能なバイナンスコインの数量が表示されます。

Amountに希望数量を入力します。

バイナンス2

緑色のBuy BNBボタンを押し、取引が成立すれば購入できます。

バイナンスは取引所のため、希望価格での売り手とマッチングした時点で売買成立になります。

バイナンスコインのまとめ

バイナンスコインのまとめ

  • バイナンスコインは、大手取引所バイナンスが発行する独自トークン
  • 時価総額は世界中の仮想通貨で13位
  • イーサリアムのブロックチェーン規格ERC20で発行されている
  • バイナンスの基軸通貨として利用できる
  • バイナンスで利用すると取引手数料が最大50%OFFとなる

分散型取引所オープンに向けた動きやバイナンスチェーンの開発状況も引き続き注目していく必要がありそうです。

この記事が仮想通貨投資のお役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

24時間365日の電話サポート!BITPoint(ビットポイント)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-無料ユーザー負担

BITPointは、東証2部上場の企業が運営する取引所です。

また24時間365日の電話サポートも行っているので初心者でも安心してトレードができます

通貨ペアはなんと52通り!Liquid by Quione(リキッドバイコイン)


キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-ほぼなし出金:500円

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、ビットコインの取引高が日本一の人気の取引所です。

通貨ペアが52通りと、他の取引所では類を見ないペア数を誇っています。

また独自に発行されている「QASHトークン」を使えば、取引手数料の割引なども適用されるうれしい特徴も。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円
bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン7種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
約1.35%無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。 また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

-アルトコイン

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.