【チャートで徹底解説!】ビットコインの価格推移と買い時の見極め方

更新日:

コイプラ編集部オススメの取引所3選

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

coinchecklogo

Coincheck / 総合91点

東証一部上場のマネックスグループ

全9種類の取り扱い通貨

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

ビットコインの現在のチャートは?

ビットコイン・仮想通貨に手を出してみたいけど、今は買い時なの?

ビットコインは価格の上昇、下落が激しいイメージを持っている人も多いと思います。

こちらは現在のビットコインのチャートです。

 


上がり下がりを繰り返しており、今は買うべきなのかどうか悩みますよね?

せっかく始めるのであれば上手に儲けたいもの。上がる理由や下がる理由を知ることができれば、安心して取引できるのではないでしょうか?

そんなあなたのために、チャートの見方や価格の変動が起こりやすいタイミングをわかりやすく紹介します。

ビットコインの取引前に覚えておくべきチャートの見方

チャート-見方-728

まずはチャートを見るうえでの基礎知識を整理しました。

  • 安値:1日の取引の中で最も安い価格
  • 高値:1日の取引の中で最も高い価格
  • 始値:1日の取引が始まった時の価格
  • 終値:1日の取引が終了した時の価格
  • ローソク足:1日の取引での価格の上下を表す

ローソク足の色の違い

緑色(青や黒の場合もある)は前日より上昇

赤色は前日より下落

※取引会社によって異なる

緑色のローソク足

赤いローソク足

上昇や下落の傾向はチャート上のローソク足を直線で結んで判断します。

サポートライン(価格上昇時のチャートの見方)

過去のローソク足の安値から引いた水平線をサポートラインと呼びます。

見方はとても簡単。価格の上昇が始まった付近の安値とその途中にある安値の2つを直線で結ぶだけです。

サポートライン

買い時は価格がサポートライン付近まで下がったときです。

なぜなら、価格が下がってきたとしても、サポートラインの付近では価格が再び上昇する可能性が高いからです。

逆にサポートラインを割り込むように価格が下がってきたら、価格は下落傾向になる可能性があるので注意です。

レジスタンスライン(価格下落時のチャートの見方)

サポートラインとは反対に、過去の高値から引いた水平線がレジスタンスラインです。

見方はサポートラインとは逆になります。下降が始まった付近の高値とその途中の高値を直線で結ぶことで完成です。

レジスタンスライン

価格が上昇していても、レジスタンスラインの付近では下落に転じやすいので注意してください。

レジスタンスラインを上に抜けるようなローソク足が出てきたら、下落は落ち着いたと考えて良いでしょう。

このようにチャートからも買い時かどうかを判断することは可能です。

仮想通貨の動向はチャートだけでは不十分

チャート-不十分-728

しかし、ビットコインはまだ歴史が浅いです。FXや株式投資で用いられるこれらの分析だけでは不十分な動き方をしています。

規制が厳しくなるといった、不安要因で価格が大幅に下がることは少なくはありません。

逆に金融危機などで買い注文が殺到すれば、価格が大幅に上昇することもあります。

チャートだけを見て買い時を判断するのは避けた方が良いです。

乱高下が起こる3つの理由

ビットコイン-価格変動-728

ビットコインはちょっとした要因で価格が変動しやすいです。

価格が急に落ちてパニックになっている人をニュースなどで見たことあるのではないでしょうか。

それではどのような理由で価格の乱高下を起こりやすいのでしょうか?

いくつか要因はありますが、絶対に知っておいて欲しい3点説明をします。

①取引額が少ない

取引額-少ない-728

ビットコインの時価総額は、ピーク時の2017年12月で約21兆円。対して日本の株式市場は約690兆円、アメリカの市場にいたっては約3630兆円(33兆ドル)です。

そのため市場に参加している人数も少なく、取引できる量も少ないです。

株式やFXなど、他の投資商材と比較すると、1BTC(ビットコインの単位)の反応はわかりやすくあらわれます。

たとえば、上昇傾向にあっても、高値での利益を確定する動きが増加すれば、売りの量の方が多くなります。結果、そのまま価格が急降下してしまうことが少なくありません。

②国ごとに法律が異なる

国-法律-異なる-728

ビットコインは全世界で取引が行われている通貨です。徐々に整いつつはありますが、各国での法整備がまだ十分ではありません。

政府による規制や金融危機が発生した場合には、ビットコイン価格への影響は予想できます。

過去には、中国でビットコインの取引を規制する動きがありました。取引を禁じられることで売りが殺到し、価格は下落しました

また、キプロスやギリシャ、ジンバブエで金融危機が発生した際には価格が上昇しました

自国通貨を保有するよりも、ビットコインをはじめとする仮想通貨を保有する方が安心なため、買い注文が増えたのです。

③価格調整をする機能がない

価格調整-できない-728

ビットコインはブロックチェーンによって管理がされているため、円やドルとは異なり流通量を管理する機能がありません。

株取引の場合は1日のうちで株価が極端に変動することを抑えるために、1日の取引内で株価の上限と下限が決まっています。

対して、ビットコインはどれほど価格が変動しても、価格の上限と下限がありません。

株とは異なり、価格の変動を止める手段がないため乱高下が起こってしまうのです。

ビットコインには適正価格がありません。価格は要と供給のみで決まっています。

市場参加者の動向のみで価格が決まるため、乱高下を操作する術がないのです。

ビットコインの買い時は?

ビットコイン買い時

ここまでビットコインの値動きと要因について簡単に説明をしてきました。それではどのタイミングでビットコインを買うべきなのでしょうか?

乱高下が激しいからこそタイミングは見極めないといけません。価格の変動が起こりやすいタイミングをまとめてみました。

価格が上がるタイミング

  • レジスタンスラインを上に抜けた時
  • 通貨危機が発生した時(しそうな時)
  • ビットコインを広めるための取組が普及した時

価格が下がるタイミング

  • サポートラインを下に抜けた時
  • 国家や政府が仮想通貨を厳しく取り締まる規制を制定した時
  • 取引所へのハッキングや詐欺事件などの懸念点が発生した時

ここで挙げたタイミングでは価格が変化を起こしやすいです。

上がりはじめを狙って買う、もしくは下げ止まりを狙って買うなど、1つの目安にしていただければと思います。

また、注文方法を使い分けすることも有効でしょう。

儲けたいなら知っておくべき!ビットコインの基本的な注文方法6選

ビットコイン-取引-728

ビットコインには取引を行う方法が大きく6つあります。

  1. 成行注文
  2. 指値注文
  3. 逆指値注文
  4. IFD注文
  5. OCO注文
  6. IFO注文

取引をする場合、売り注文と買い注文を個別で出すのが基本です。

初心者であれば、成行注文や指値注文がオススメです。

また、IFO注文やOCO注文では1回の注文で売り買いを同時に行えます。

手間を省くことができるので、取引に慣れてきたら、試してみても良いでしょう。

女性2
注文方法の詳しい内容は以下の記事をチェックしてね!
【初心者必見!】知らないと損する!仮想通貨の6つの注文方法
仮想通貨を買ってみたいけどどの注文方法が良いかわからない…。このように悩んだことはないですか?

続きを見る

ビットコインの今後

ビットコイン-未来

通貨は信用で成り立っている

通貨-信用-728

通貨の価値は信用で成り立っています。

もともとは金や銀のようにどこでも価値が認められているものが通貨として利用されていました。

しかし、金や銀は持ち運びやわけることが困難です。そのため、それらと交換できる保証がある通貨を発行し、取引が行われるようになりました。

しかし、今では金と交換せず、誰もが1000円であれば1000円分の価値を紙幣に見出しています。このように円(通貨)に信用があるからこそ取引が成立しているのです。

ビットコインは普及するのか?

ビットコイン-普及-728

円を例に説明した通り、通貨の価値は信用によって成り立っています。

現在は国家はもちろんのこと、市場参加者も手探り状態のため、ビットコインの信用はまだはっきりしていません。

現在は価格の乱高下も激しいビットコインですが、国の整備が固まり、参加者の経験が深まることで価格は安定してきます。

相場が安定し、市場参加者が更に増えれば、日本国内でも普及することは容易に想像できます。

そうなれば、ビットコインで取引をできる店舗も増えてくるでしょう。

現金と異なり、ビットコインには実態はありません。しかし、電子マネーでの決済が当たり前になっている現状を考えれば、仮想通貨での取引も一般的になるのが想像できます。

ビットコインを用いた取引が一般的になっても不思議ではないのです。

ビットコインはバブルなのか?

ビットコイン-バブル-728

2010年には1BTCあたり10円にも達していなかったビットコイン。

2014年頃からは数万円台の価格で取引されるようになり、2017年には史上最高値の220万円を記録しました。

およそ7年で約20万倍以上の価格をつけているのです。

この結果だけを見ていると、「ビットコインはバブルだ!」という声もわからなくはありません。今から買っても遅く、これからは下落の一途を辿るのではないか?

しかし、私はそうは思いません。過去のバブルと呼ばれる現象は実態のないお金を用いて行う取引(レバレッジ取引)によって発生しました。

一方でビットコインは参加者が増えたことで価格が上がっています。注目度が上がっていることで価格が上昇しているのです。

今後も参加者は増えることが予想されます。価格が上昇する可能性は十二分にあるでしょう。

ビットコインのチャートのまとめ

  • 取引方法は指値注文がオススメ。
  • 乱高下が激しいのでチャート分析だけでの取引には注意。
  • 乱高下の要因は「取引額が少ない」「規制が整っていない」「価格調整できない」の3点。
  • 価格は国際情勢に左右がされやすい。
  • 2017年に史上最高値の約220万円を記録。
  • ビットコインは決済として今後普及する兆しがある。
  • ビットコインの価格上昇はバブルとは言えない。
  • 今後、価格は更に上昇する可能性がある。

ビットコインは、現在適正の価格が定まっておらず、チャート分析だけでの取引には向いていません。

チャートだけではなく、ビットコインに関するニュースも参考にして取引してみてください。

この記事が今後のビットコイン取引の参考になれば嬉しいです。ありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

女性2
以下はGMOコインの手数料シミュレーションです。

ビットコインの購入から出金まで、すべて無料なのがオススメポイントです。

GMOコインの手数料シミュレーション

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスの傘下の取引所です(金融庁認可済み)。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類はなんと9種類。

今なら取引額に応じで最大100,000円がキャッシュバックされます※。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

※2019年4月9日23:59:59までに会員登録済みのユーザーのうち、2019年3月16日00:00:00 ~ 2019年4月16日23:59:59に「販売所」取引を一度も行っていない方が対象。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-ビットコイン
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.