ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体

更新日:

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ

あなたはビットコインキャッシュという仮想通貨をご存知でしょうか。

最も有名な仮想通貨、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。そのためビットコインと似ている点は多いです。

しかし、ビットコインよりも優れた仮想通貨と言われています。

なぜならば、ビットコインの抱える問題点を解決するために生まれたからです。

現在はビットコインよりも安く、知名度も少ないですが、ビットコインを上回る高い性能に、大手の取引所が注目をしています。

将来的にはビットコインを超える仮想通貨になると考えている人もいます。

それではビットコインキャッシュの特徴や魅力、誕生までの歴史をわかりやすく説明します。

ビットコインキャッシュの現在の価格

ビットコインキャッシュは現在、1BCH(ビットコインキャッシュの単位)あたり約5万円程度で取引をされています。(2018年9月18日現在)

ビットコインは1BTC(ビットコインの単位)約70万円です。ビットコインキャッシュの価格は安く感じられるかもしれません。

しかしビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えていた問題を解決することを目的に作られた仮想通貨です。

ビットコインをアップデートした仮想通貨とも考えられます。それではビットコインキャッシュはビットコインと比較して何が優れているのでしょうか?

まずは、その特徴を整理したいと思います。

ビットコインの問題を解決するためにできた仮想通貨

ビットコイン-問題解決-728

ビットコインの抱えていた問題点を解決するためにビットコインキャッシュは誕生しました。

ビットコインの問題点とはいったい何でしょうか?

それは大きくわけて2つありました。

  1. 容量が小さい
  2. 取引にかかる時間が長い

ビットコインキャッシュには、この2つの問題を解決するための機能が追加されました。

簡単にビットコインとビットコインキャッシュの違いをまとめると以下の通りです。

 ビットコインビットコインキャッシュ
発行日2009年1月2017年8月
ブロック容量1MB32MB
発行上限2100万枚2100万枚
マイニング難易度の更新頻度2週間に1度10分に1度

ビットコインが抱えていた問題点と一緒に、ビットコインキャッシュの特徴を見ていきましょう。

容量が大きくなった

ビットコイン-容量-728

ビットコインはブロックチェーンによって管理されています。取引はすべて、ブロックと呼ばれる記録装置に残されます。

取引が記録されているブロックが、チェーンのようにつながっていくということですべての取引を管理しています。

※ビットコインの仕組みやブロックチェーンが気になった方は以下の記事もチェックしてみてください。

ビットコイン
ビットコインとは?仮想通貨の概念を変えたはじまりの通貨

ビットコインとは?仮想通$ ...

続きを見る

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンとは?仮 ...

続きを見る

ブロックには容量があるので、1つのブロックに記録できる取引量は決まっています。ビットコインのブロックの容量は1MBです。

ビットコインが誕生した2009年は、ビットコインを持っている人が少なく、取引量は多くありませんでした。

しかし2017年になると、ビットコインは徐々に広がりつつありました。取引量が増えたので、1MBではブロックの容量が小さいという問題が発生したのです。

この問題はスケーラビティ問題と呼ばれています。スケーラビティ問題を解決するためにビットコインキャッシュは生まれました。

ビットコインキャッシュのブロックの容量は32MBです。取引量が増えることに対して心配をする必要がなくなったのでした。

取引にかかる時間が短くなった

ビットコインキャッシュ-早い-短い-728

ビットコインの取引はマイニングによって成り立っています。マイニングとは、ビットコインの取引が正しいかどうかを計算によって確認し、ブロックを作る作業です。

マイニングに参加する人(マイナー)は計算をする代わりに、その報酬としてビットコインをもらえます。

ビットコインの送金には約10分かかりますが、この時間はマイニングにかかる時間なのです。

ビットコインのブロックの容量は1MBです。1MBに記載できる取引量を10とすると、ビットコインは10分間で10個の取引を記録できるということになります。

一方でビットコインキャッシュであれば、ブロックの容量は32MBですので、10分間で320個の取引を記録できます。

補足ポイント

本来は単純に32倍ではありませんが、ここではわかりやすく32倍として計算をしています。

ブロックの容量が増えたことで、取引を記録するまでにかかる時間を短縮することができるのです。

マイニングの難しさを調整できる

マイニング-調整-728

マイニングは取引の数とマイナーの数によって難しさが変わります。

マイナーはたくさん仮想通貨が欲しいので、簡単なマイニングに挑戦をしたがります。

「取引数<マイナー数」の場合には難易度を上げ、「取引数>マイナー数」の場合には難易度を下げています。

この難易度の更新頻度がビットコインとビットコインキャッシュでは異なります。

 仮想通貨難易度調整タイミング
NDAビットコイン約2週間
EDAビットコインキャッシュ(2017年7月~11月)約12時間
DAAビットコインキャッシュ(2017年11月~)約10分

ビットコインキャッシュの方が難易度を調整しやすいので、取引がスムーズになりやすいです。

ビットコインは[su_tooltip position="north" content="2016ブロック分の取引が完了するごとに難易度を調整する。"]NDA(Normal Difficulty Adjustment)[/su_tooltip]という調整方法を採用しています。NDAではマイニングの難易度が2週間に1度のペースで更新されます。

一方、ビットコインキャッシュは難易度を12時間に1度更新する、[su_tooltip position="north" content="12時間毎に、取引に対するマイナーの数にあわせて難易度を調整する。"]EDA(Emergency Difficulty Adjustment)[/su_tooltip]という方法を採用しました。

尚、ビットコインキャッシュは2017年11月からは[su_tooltip position="north" content="EDAよりも難易度の調整が精度が高い。"]DDA(Difficulty Adjustment Algorithm)[/su_tooltip]という方法を採用しています。

これによって難易度の調整頻度は更に短くなり、10分に1度になりました。

ビットコインキャッシュのメリット

ビットコインキャッシュがビットコインよりも優れている点について説明をしました。

ビットコインと比較した際のビットコインキャッシュのメリットについてまとめてみましょう。

  1. ブロックの容量が大きい
  2. 取引にかかる時間が短い
  3. 価格がビットコインほど高騰していない

容量が大きいことで取引にかかる時間を短縮することができます。

マイニングの難しさを調整できる機能を持っているので、難しくなりすぎてマイナーが離れるといった心配もないでしょう。

また、価格はビットコインほど高騰しているわけではありません。

ビットコインキャッシュの価格は約5万円台。一方、ビットコインの価格は約70万円です。(2018年9月18日現在)

ビットコインの問題を解決するために誕生した仮想通貨と考えれば、まだ評価は低いと考えられるでしょう。

ビットコインキャッシュのデメリット

ビットコインキャッシュにもデメリットはあります。

  1. 容量が大きいのでマイナーが限られる
  2. ビットコインは他にも分裂している

ブロックの容量が大きいことは必ずしも良いことではありません。

ブロックの容量が大きい分、マイニングの際に必要なPCの容量も大きくなります。

そのため、容量に耐えることができる人しか、マイニングには参加できません。

ビットコインキャッシュは限られた人がマイニングに参加できる仮想通貨という面もあるのです。

また、ビットコインから分裂した仮想通貨はビットコインキャッシュ以外にもあります。

その仮想通貨がビットコインキャッシュよりも優れていると評価されれば、ビットコインキャッシュの価値は下がってしまう可能性があります。

仮想通貨の分裂には2つの種類がある

ビットコイン-分裂-728

まずは仮想通貨の分裂について簡単に整理しておきましょう。

仮想通貨のデータはブロックチェーンで管理をされています。

「仮想通貨が分裂する」は下の図のようにブロックチェーンが分裂することを意味しています。

仮想通貨分裂-728

この仮想通貨(ブロックチェーン)の分裂はフォーク」と呼ばれてます。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman-16-4.png" name=""] フォークってあの食事の時に使うフォークのこと?[/speech_bubble]

[speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="man-1-1.png" name=""]そう!形が似ているからそう呼ばれているんだ![/speech_bubble]

フォークにはハードフォークソフトフォークの2種類があります。

ソフトフォークは仮想通貨のルール変更、ハードフォークでは新しい仮想通貨ができると覚えておくとわかりやすいです。

ソフトフォーク

ソフトフォーク-728

ソフトフォークはルールが新しくなっても、古いルールでもブロックチェーンをつなぐことができる分裂です。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman-16-2.png" name=""] 新しいルールでも古いシステムでもブロックチェーンを作れるのね[/speech_bubble]

例えば、今までブロック容量が1MBだった仮想通貨が0.5MBに変わったとします。古いシステムでは容量は1MB、新しいシステムでは0.5MBです。

今後のブロックチェーンの容量は0.5MBで記録をされることになりますので、1MBのブロックを作っていたマイナーは、どちらの容量でもブロックを作成することができます。

大は小を兼ねるという状況をイメージしてもらえればわかるでしょう。

ソフトフォーク-728

いずれはどちらかの取引のみが残りますので、マイナーが多数派だったルールが残ります。

そのため、ソフトフォークでは新しい仮想通貨が生まれることはないのです。

ハードフォーク

ハードフォーク-728

一方でハードフォークは新しいルールではないと、ブロックチェーンを作ることができない分裂を指します。

例えば、今までブロック容量が1MBだった仮想通貨が2MBに変わったとします。古いルールでは容量は1MB、新しいルールでは2MBです。

今後のブロックチェーンは2MBでないと記録をすることができません。

そのため、古いルールにしか対応できていない、もしくは新しいルールを良いと思っていないマイナーは、その後も古いルールでのみブロックチェーンを作ります。

その結果、ブロックチェーンは2つにわかれ、全く別の仮想通貨が出来上がるのです。

ハードフォーク-728

[speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="man-1-2.png" name=""]ビットコインキャッシュはハードフォークってことだね![/speech_bubble]

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman-16-4.png" name=""] ビットコインをソフトフォークで分裂をさせる方法はなかったのかな?[/speech_bubble]

実はビットコインをソフトフォークによって性能を上げるアイデアもありました。

しかし、マイナー間での合意がとれず、ビットコインキャッシュへ分裂をすることになったのです。

どうしてビットコインから分裂したの?

ここまでビットコインキャッシュの特徴を説明してきました。

ビットコインの性能をアップさせた仮想通貨と言われる理由がわかったかと思います。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman-16-4.png" name=""] どうしてビットコインキャッシュという新しい仮想通貨になったの?[/speech_bubble]

[speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="man-1-3.png" name=""]ビットコインを性能を良くすればいい気がするよね。でも話はそんなに単純じゃなかったみたい。[/speech_bubble]

実はビットコインの機能を良くすることが、取引に参加している人全員にとって嬉しいことではなかったのです。

それでは、ビットコインキャッシュが誕生するまでの歴史を振り返ってみましょう。

ビットコインの容量を巡る対立

容量-対立-728

対立のきっかけはビットコインが抱えていたブロックの容量が足りないという問題でした。スケーラビティ問題です。

この問題の解決に対して、2つのグループが対立をすることになりました。

1つはブロックの容量を大きくしようしたビッグブロック派。

もう1つはビットコインの容量は変えるべきではないというコア開発者のグループです。

ビッグブロック派は将来的にはビットコインの取引スピードを早めることを目標とするグループで、中心は中国の大手マイニング業者でした。

一方のコア開発者グループは、ビットコインのルールを研究開発している集団で、容量を変えるとビットコインは安定性を損ねると考えていました。

セグウィットで分裂回避?

セグウィット-728

そこで提案されたのがセグウィットでした。セグウィットとは、ビットコインの取引データを小さくし、ブロックの容量は変えずに記録できる取引量を増やすというものです。

これによって取引スピードを早くすることができます。また、セグウィットはソフトフォークですので、ビットコインの安定性からも良いアイデアでした。

セグウィットは、コア開発者グループより出た意見でしたが、ビッグブロック派には受け入れられませんでした。

セグウィットによってマイニングでもらえる報酬が減ることを恐れていたのです。

話はなかなかつかず、2つのグループの主要メンバーで意見交換(ニューヨーク会談)が行われることになりました。

ニューヨーク会談で解決方法が決まる

ニューヨーク会談-728

ニューヨーク会談ではスケーラビティ問題を解決する方法が決まりました。

まずセグウィットを行ってから、その後ブロックの容量を2MBにするという順序でビットコインの問題を解決しようとしたのです。

しかし、この会談に参加していたのはマイナーの一部です。マイナー全員がこの条件に合意していたわけではありません。

その結果、マイナーは「セグウィットを行いながらマイニングする」もしくは「セグウィットを行わずにマイニングする」のどちらかを選ぶことになりました。

ビットコイン-分裂-ビットコインキャッシュ-728

こうしてビットコインは分裂をすることになったのです。

この時にセグウィットを行ったビットコインが、現在ビットコインと呼ばれています。

ビットコインキャッシュはセグウィットを行わずに、容量を8MBにしてマイニングしたビットコインを指しています。

補足

セグウィット後にブロックの容量を大きくするという話でしたが、こちらはまだ行われていません。

ビットコインは他にも分裂している

ビットコイン-分裂複数-728

ちなみにビットコインはビットコインキャッシュ以外にも分裂をしています。

今回は代表的なものを3つ取り上げたいと思います。

ビットコインゴールド(2017年11月)

ビットコインゴールド-728

ビットコインゴールドはビットコインから分裂をした仮想通貨です。ビットコインキャッシュに続き、ビットコインの2度目のハードフォークで生まれました。

ビットコインはお金がある人ではないとマイニングに参加することが難しく、儲ける人が集中をしていました。

ビットコインゴールドでは、一般の人でもマイニングに参加することができるようなシステムになっており、儲かる人の偏りをなくそうとしたのでした。

ビットコインゴールドの価格は約2,000円です。(2018年9月18日現在)

ビットコインダイヤモンド(2017年11月)

ビットコインダイヤモンド-728

ビットコインダイヤモンドはビットコインから2018年3月に分裂をした仮想通貨です。ビットコインの3度目のハードフォークで生まれました。

発行枚数は2.1億枚でビットコインの10倍。ブロックの容量は8MBです。どちらもビットコインよりも数字が大きいのが特徴です。

これはビットコインよりも通貨としての機能を優秀にしようとしたことが理由でした。

誕生当初は1BCD(ビットコインダイヤモンドの単位)約5,000円で、2018年1月には16,000円台を記録しました。

しかし、価格はそこから暴落し現在は約200円です。(2018年9月18日現在)

ビットコインキャンディ(2018年1月)

ビットコインキャンディ-728

ビットコインキャンディはビットコインキャッシュが分裂をしたことでできた仮想通貨です。

きっかけは中国での仮想通貨の規制でした。規制を受けて、中国の大手取引所を運営していた、ViaBTC社は中国国内の取引所を閉鎖します。

そしてイギリスにCoinExという取引所を開きました。この時の集客手段として使われたのがビットコインキャンディでした。

CoinExの中でビットコインキャッシュを持っている枚数に応じて、ビットコインキャンディを配ったのです。

現在のビットコインキャンディの価格は約1,000円です。(2018年9月18日現在)

ビットコインキャッシュは値上がりするの?

現在のビットコインキャッシュのチャートは以下の通りです。(※チャートはBTCあたりの価格)

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂をしてできた仮想通貨です。

元がビットコインということもあり、2017年に誕生したばかりですが時価総額はすでに4位です。(2018年9月18日現在)

また、ビットコインの神様と呼ばれるロジャー・バー氏は、2018年6月に公開された動画の中でビットコインキャッシュに関する発言をしました。(動画内の01:00頃に発言しています。)

[su_youtube_advanced url="https://www.youtube.com/watch?v=9TX37-gWFFw"]

Bitcoincash is coming to tens of thousands of convinience stores in Japan. You'll be able to buy anything in the entire convinience stores with bitcoincash.

もうすぐ日本のコンビニでビットコインキャッシュを支払いに使えるようになる。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの性能をアップさせるための分裂だったこともあり、通貨として機能が優れています。

また、取引所や投資家の期待も高いのです。

ビットコインよりも通貨としての機能に優れている

ビットコインキャッシュ-通貨-優秀-728

ビットコインを始めとする仮想通貨は、通貨としての利用を目的に誕生をしています。

ビットコインキャッシュは、ビットコインが通貨としての普及する上で問題になっていた、取引にかかる時間の遅さ(スケーラビティ問題)を解決しました。

この点から通貨としての機能は優れていると言えるでしょう。

しかし、通貨の価値は機能だけでは決まりません。ビットコインキャッシュには「価値があると誰もが認めている状況」になる必要があります。

ビットコインキャッシュはビットコインほど有名な仮想通貨ではないので、取引金額も価格もビットコインには大きく及びません。

ビットコインで実現をしたかったことは、ビットコインキャッシュの方ができる可能性は高いです。

ビットコインキャッシュがこれから広まっていく可能性は高いでしょう。

実際、アメリカのbitPay社という決済管理会社は、ビットコインキャッシュでの決済を行えるサービスを始めました。

[speech_bubble type="std" subtype="R1" icon="man-1-2.png" name=""]Apple PayやLINE Payでの決済をビットコインキャッシュで行えるみたいなイメージだね。[/speech_bubble]

決済できる場所が広がることでビットコインキャッシュへの信用が高まり、通貨としての扱いが一般的になるかもしれないです。

取引所がビットコインキャッシュを普及させようとしている

アルトコインを買うには、ビットコインとの交換が一般的でした。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman-16-1.png" name=""] ビットコインキャッシュでイーサリアムやリップルは買えないってことね[/speech_bubble]

しかし、ビットコインキャッシュと他のアルトコインを交換できる取引所が誕生しています。ビットコインキャンディを作ったCoinEXです。

また、大手金融企業のSBIグループは2018年6月に仮想通貨取引所(SBIバーチャル・カレンシーズ)を開設しました。

SBIグループを率いる、北尾社長は開設前の2018年5月のインタビューで以下のように語っています。

我々はマイニング領域にも入っていかなきゃいけないと思った。今ではビットコインキャッシュをマイニングしている。

最終的に僕は交換業では、4大通貨のビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、それとリップルを主にしてやろうと思っています。

出典:ビジネスインサイダージャパン

ちなみに、SBIバーチャル・カレンシーズで1番最初に交換できるようになった仮想通貨はビットコインキャッシュでした。

マイニングを行っていることもあり、SBIとしてはビットコインキャッシュの取引を増やすことに力をいれてくるでしょう。

大手の金融企業もビットコインキャッシュの将来には大いに期待をしているのです。

さらに、ビットコインキャッシュはアフリカへも展開しました。

アフリカは、インターネットの設備は整っていませんが携帯電話は広く浸透しています。

そこで、電話のみでビットコインキャッシュを送金できるサービスが2018年3月に登場したのです。

このように取引所がビットコインキャッシュが広がるように取り組んでいます。

ビットコインの時価総額を追い抜く日が来ても不思議ではないでしょう。

ビットコインキャッシュ取引でオススメの取引所3選

オススメ-取引所-ビットコインキャッシュ-728

それではビットコインキャッシュはどこで買うことができるのでしょうか?

ビットコインキャッシュは時価総額が4位の仮想通貨です。扱っている取引所はいくつかあります。

今回はセキュリティや手数料、サービス、使いやすいさを中心にオススメの取引所を3つ紹介します。

①BITPoint

[su_youtube_advanced url="https://www.youtube.com/watch?v=bR241C3q24M"]

初心者にオススメの取引所がBitPointです。本田圭佑を起用したCMは見たことある方もいるのではないでしょうか。

BitPointは取引手数料が無料の取引所です。

また、日本の仮想通貨取引所では唯一、コールセンターを設置しています。

初めての取引はわからないことだらけなので、気軽に質問できるのは有難いですね。

セキュリティシステムは、楽天証券元CTO(最高技術責任者)の原田勉さんが開発しています。もちろんセキュリティも安心な取引所です。

②GMOコイン

GMOコイン-728

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOグループ会社が展開しています。GMOコインは取引所ではなく、販売所です。

そのため、簡単な操作ですぐに買うことができますが、手数料が他の会社と比較すると高くなっています。

デザインが見やすく、アプリを出しているので初心者でも安心して利用をすることができるでしょう。ITの大手企業ということもあり、セキュリティも安心です。

安心して取引をしたいという人にはGMOコインがオススメです。

③Bitbank

[su_youtube_advanced url="https://www.youtube.com/watch?v=6-0P588LqW0"]

CM放映をしていない取引所なのでご存知ではないかもしれません。

しかし、実は日本での仮想通貨取引高が2位です。仮想通貨ユーザーから人気を集めている、優れた取引所と言えるでしょう。

[aside type="normal"]日本での取引高1位はビットフライヤーですが現在は新規口座の開設はできません。  [/aside]

セキュリティ対策を徹底していることはもちろん、手数料が0円なので、お得に取引をすることができます。

また、チャートが見やすいことも人気の理由になっています。初心者でも問題なく取引はできますが、慣れてきた人の方が使いやすい取引所です。

ビットコインキャッシュのまとめ

ビットコインキャッシュ-まとめ-728

  • 現在のビットコインキャッシュの価格は約5万円。(2018年9月18日現在)
  • ビットコインの抱えていたスケーラビティ問題を解決するために生まれた。
  • ビットコインと比較をして、容量が大きく、取引にかかる時間を短縮することができた。
  • また、ビットコインよりもマイニングの難易度を調整する期間が短い。
  • 仮想通貨の分裂にはソフトフォークハードフォークがある。
  • ビットコインのハードフォークによって生まれたのがビットコインキャッシュ
  • ビットコインからの分裂に際して、ビッグブロック派とコア開発者グループの対立が発生した。
  • ビットコインの分裂時に容量を大きくしたのがビットコインキャッシュセグウィットを行ったのが現在のビットコイン。
  • ビットコインキャッシュ以外にもビットコインから分裂している仮想通貨はある。
  • ビットコインキャッシュは通貨の機能に優れていて、取引所も注目をしている。

ビットコインキャッシュはビットコインをより使いやすくするために生まれた仮想通貨です。

ビットコインよりも優れている点があることはおわかりいただけたと思います。今の時価総額はビットコインを下回っています。

しかし、性能だけを見るとビットコインよりは上でしょう。これから取引所やお店で扱われる数が増えてくれば、社会に普及する可能性は十分考えられます。

ビットコインキャッシュがビットコインを超える日が来ても不思議ではないでしょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。この記事が今後のあなたの取引において参考になれば嬉しいです。

-ビットコインキャッシュ

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.