【2019】ビットコインキャッシュ(BCH)とは?今後の価格や将来性をチャートから分析しました

更新日:

「仮想通貨を買ってみたいけど、何を買ったら良いのかわからない…。」

このようにお考えではないでしょうか?

ビットコインは2017年年末に200万円台を超える価格を記録しました。

しかし、その後は下降トレンドが続いています。今後、仮想通貨はどのようになるのでしょうか?

そんな中、ビットコインよりも実用的になるのではないかと言われている仮想通貨があります。

ビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュはビットコインの問題点を解決するために生まれた仮想通貨です。

2017年の誕生から現在までの経緯や今後の動きをチャートと一緒に見てみましょう。

コイプラ編集部オススメの取引所3選

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

coinchecklogo

Coincheck / 総合91点

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

ビットコインキャッシュ(BCH)の現在のチャート・価格は?

ビットコインキャッシュの現在の価格は以下の通りです。

 

過去には約40万円で売買されていましたが、現在は大きく価格を下げていますね。

悩む男性
どんな推移でこの価格になったのかな?

では次にチャートを見ていきましょう。

ビットコインキャッシュの最新チャート

ビットコインキャッシュのチャートは以下の通りです。

チャートで見ても、価格は大きく減少しています。

現在の価格になるまで、どういった経緯があったのでしょうか?

また、今後どのように価格は推移するのでしょうか?

詳しく見ていくために、まずはビットコインキャッシュの基本をおさえておきましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が今後上がるタイミング

ビットコインキャッシュが、今後価格上昇をするためには以下の条件が必要です。

ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱う取引所の増加

ひとつ目のタイミングは、ビットコインキャッシュの取引所への上場です。

ビットコインキャッシュは、日本ではGMOコインやbitbankなどの主要取引所で購入できますが、今後より多くの取引所で売買できるようになれば価格上昇に期待ができます。

実際のところ、ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨としている取引所も増えており、香港のKuCoin(クーコイン)やOKEx(オーケーイーエックス)ではBCHが基軸通貨となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)はどんな仮想通貨?

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂をして生まれた仮想通貨です。

2017年にビットコインの抱える問題を解決することを目的に誕生しました。簡単に特徴を見てみましょう。

詳しく知りたい人は以下の記事をチェックしてね!
女性2
ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体
ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。 ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

ビットコインキャッシュ(BCH)から分裂した仮想通貨

ビットコインキャッシュ-分裂

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂した仮想通貨です。

悩む男性
仮想通貨が分裂するってどういうこと?

分裂することはフォークと呼ばれています。

仮想通貨分裂-728

もともとある仮想通貨はそのままで性能を良くするものと、完全に別の仮想通貨が出来上がるものの2パターンがあります。

前者はソフトフォークと呼ばれています。

ソフトフォーク-728

後者がハードフォークと呼ばれ、別の仮想通貨が誕生することを言います。

ハードフォーク-728

詳しい内容は以下にまとめているわ!
女性2
ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました
ハードフォークの意味は?わかりづらい仮想通貨の用語を<図解>で整理しました。最近話題の2019年のイーサリアムのコンスタンティノープル、ビットコインキャッシュ(ABCとSV)などの事例も紹介しています。

続きを見る

悩む男性
どうしてビットコインキャッシュは誕生したの?

当時、ビットコインはブロックの容量が小さいという問題を抱えていました。

スケーラビリティ問題と呼ばれているわ。
女性

ビットコインでは、取引を記録できる量が少ないので、取引にかかる時間が遅いという問題がありました。

通貨として実用的になるためには、この問題を解決する必要があったため、ビットコインキャッシュに分裂をしたのでした。

ビットコインよりも容量が大きい

ビットコイン-容量-728

ビットコインはブロックチェーンによって管理されています。取引はすべて、ブロックと呼ばれる記録装置に残されます。

取引が記録されているブロックが、チェーンのようにつながっていくということですべての取引を管理しています。

※ビットコインの仕組みやブロックチェーンが気になった方は以下の記事もチェックしてみてください。

日本は仮想通貨の先進国
【ビットコインとは】2019年完全版!将来性をチャート、価格から初心者向けにすべて整理しました
ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密
ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

ビットコインが1MBだったのに対して、ビットコインキャッシュは32MBです。

これによって取引を記録できる量が大幅に増えたのでした。

ビットコインよりも送金が早い

ビットコインキャッシュ-送金

容量が大きくなったことで、ビットコインよりも送金が早くなりました。

1MBで記録できる取引量は10個です。ビットコインは10個の取引を記録できていました。

一方でビットコインキャッシュであれば、ブロックの容量は32MBですので、320個の取引を記録できます。

1つのブロックが処理完了するには10分程度かかるわ!
女性

補足ポイント

本来は単純に32倍ではありませんが、ここではわかりやすく32倍として計算をしています。

ブロックの容量が増えたことで、取引を記録するまでにかかる時間を短縮することができるのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は今後上がる?

ビットコインキャッシュ-今後-上昇

現在は価格が下落傾向にあるビットコインキャッシュ。

今後はどのようになっていくのでしょうか?

可能性についていくつか見ていきましょう。

ビットコインよりも通貨の機能が優れている

ビットコインキャッシュ-通貨-優れている

先ほど説明した通り、ビットコインキャッシュはビットコインが抱えていた問題を解決しています。

ビットコインはもともと、通貨として広まることを目的にしていました。

ビットコインよりも実用的なので、今後ビットコインキャッシュが広がるという可能性があるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)を中心とした取引所が設立

ビットコインキャッシュ-取引所-基軸通貨

ビットコインキャッシュを中心とした取引所が設立されているのは良い点です。

coinexではビットコインキャッシュを中心の通貨としています。

また、ロジャー・バー氏が新しい取引所の設立を検討している点もプラス材料となるでしょう。

ビットコインが主流でしたが、今後はビットコインキャッシュが中心になる可能性があるのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)にSBIグループが注目!

ビットコインキャッシュ-SBIバーチャル・カレンシーズ

最後のポイントはSBIグループが注目していることです。SBIは、2018年6月にSBIバーチャル・カレンシーズを設立しました。

SBIバーチャル・カーレンシーズ
《SBIバーチャル・カレンシーズ》取引所の情報や口コミ、利用メリット・デメリットを紹介!
SBIバーチャル・カーレンシーズ日本の大手金融グループのSBIホールディングスが運営している仮想通貨の交換業者です。 2018年にできたばかりの取引所ですが、注目度の高い仮想通貨取引所です。何が魅力になっているのでしょうか?

続きを見る

SBIの北尾社長はビットコインキャッシュに注目しています。

ビットコイン以上に実用的と考えられてるものね!
女性

ビットコインキャッシュの将来性を測る上で無視できません。

日本でもビットコインキャッシュを広げる動きが活発になるかもしれないですね。

ビットコインキャッシュ(BCH)のチャートのまとめ

ビットコインキャッシュ-まとめ

  • ハードフォークによりビットコインから分裂して誕生した。
  • ビットコインよりもブロック容量が大きく、送金スピードが早い。
  • 誕生からすぐに高騰し、短い間に何度も高騰している。
  • ビットコインキャッシュを中心とする取引所も設立した。
  • 日本ではSBIグループが注目している。

現在はハードフォーク問題やハッシュ戦争の影響により大幅に価格を落としています。何かと話題の多い仮想通貨で、その都度その価値を大きく上げ下げしています。

最新ニュースの見逃せない仮想通貨であるといえます。

ビットコイン以上に実用的な仮想通貨になるのか?

今後の動向に注目してみたいですね。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスの傘下の取引所です(金融庁認可済み)。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類はなんと9種類。

今なら取引額に応じで最大100,000円がキャッシュバックされます※。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

※2019年4月9日23:59:59までに会員登録済みのユーザーのうち、2019年3月16日00:00:00 ~ 2019年4月16日23:59:59に「販売所」取引を一度も行っていない方が対象。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-ビットコインキャッシュ

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.