将来性はビットコイン以上?ビットコインキャッシュの今後を予想!

更新日:

ビットコインから分裂し、2017年に誕生したビットコインキャッシュ。

現在では珍しくありませんが、ビットコインキャッシュは初めて分裂によって生まれた仮想通貨です。そのため注目度は高く、現在に至るまで知名度も上がっています。

しかし、知名度が高いからといって価格が上がるとは限りません。今後、ビットコインキャッシュはどのようになるのでしょうか?

この記事ではビットコインキャッシュの特徴や今後について紹介します。

ビットコインキャッシュはいくらで買える?

ビットコインキャッシュ-いくら

ビットコインキャッシュは現在いくらで取引されているのでしょうか?

現在の価格とチャートを確認しましょう。

ビットコインキャッシュの現在の価格

ビットコインキャッシュの現在の価格は以下の通りです。

 

ビットコインの価格は約60万円ですので、比較をすると大きな差があります。

これまでどのような価格推移だったのでしょうか?

ビットコインキャッシュのチャートを見てみましょう。

ビットコインキャッシュのチャート

ビットコインキャッシュのチャートは以下の通りです。

 

激しく乱高下を繰り返していますね。

ビットコインキャッシュはまだ価格が安定をしていません。

悩む男性
ビットコインキャッシュは今後どうなるのかな?
まずはどんな仮想通貨なのか見てみましょう。
女性

ビットコインキャッシュはどんな仮想通貨?

ビットコインキャッシュ-どんな仮想通貨

ビットコインキャッシュはどんな特徴を持った仮想通貨なのでしょうか。

ビットコインキャッシュがどのようにして誕生したのか?

ビットコインキャッシュのビットコインより優れている点は何か?

これらを見ていきましょう。

ビットコインから分裂してできた

ビットコインキャッシュ-分裂

仮想通貨はブロックチェーンという技術によって管理されています。

その名の通り、取引を記録するブロックをチェーンで結んでいるのです。

これによって、取引に参加する人の間で仮想通貨は管理をできています。

詳しくは下の記事で解説しているわ!
女性2
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密
ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

また、仮想通貨の分裂方法には、ソフトフォークハードフォークの2種類があります。

悩む男性
どう違うのかな?

ソフトフォークは分裂しますが、2つの仮想通貨になるわけではありません。ブロックがよりつながったチェーンが優先されるので、最終的には1つになります。

仮想通貨のバージョンアップと考えるといいでしょう。

ソフトフォーク-728

一方ハードフォークでは、分裂したチェーンが元の仮想通貨とは別のものとして認識されます。そのため新しい仮想通貨が誕生をすることになるのです。

ハードフォーク-728

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました
ハードフォークの意味は?わかりづらい仮想通貨の用語を<図解>で整理しました。最近話題の2019年のイーサリアムのコンスタンティノープル、ビットコインキャッシュ(ABCとSV)などの事例も紹介しています。

続きを見る

ビットコインキャッシュはハードフォークで生まれた仮想通貨ってことよ!
女性

分裂した理由については、ビットコインキャッシュがビットコインよりも優れている点と一緒に紹介します。

ビットコインより容量が大きい

ビットコイン-容量-728

最も優れている点は、ブロックの容量が大きいことです。

ビットコインのブロックの容量は1MBでした。

悩む男性
1MBって大きいの?
残念ながら小さいわね。
女性

ビットコインの場合は1MBに記録できる取引の量が少なかったため、取引処理に時間がかかるという問題点がありました。スケーラビリティ問題です。

男性
取引処理が遅いと、ビットコインが普及した時に困っちゃうね…。

ビットコインの1MBに対して、ビットコインキャッシュの容量は32MBです。

男性
32倍もあるんだね!

取引処理のスピードは格段と早くなりました。こうして、ビットコインキャッシュはスケーラビティ問題を解決してたのです。

ビットコインより送金が早い

ビットコインキャッシュ-早い-短い-728

取引処理のスピードが早くなったので、送金にかかる時間も短くなりました。

ビットコインの場合は、約10分で10個のブロックを処理しますが、ビットコインキャッシュは320個の処理が可能です。

ビットコインの抱えていた問題点は、ビットコインキャッシュへとハードフォークをしたことで解決できたのでした。

悩む男性
そもそもだけど、ビットコインの性能を良くするだけなら、ソフトフォークでも良かったんじゃない?
ビットコインはビットコインとして存続させたいグループとの対立があったのよ。
女性

スケーラビティ問題を解決するにあたって2つのグループで対立しました。

「性能をアップさせたいグループ」「ビットコインは性能を変えないべきだというグループ」です。

性能アップを図ったグループはビットコインキャッシュを誕生させたのでした。

詳しい内容は以下で紹介しているわ!
女性2
ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体
ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。 ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

ビットコインキャッシュの今後が注目される3つの理由

ビットコインキャッシュ-注目-理由

世界中でビットコインキャッシュを広める動きがあり、日本でも活発になってきています。

通貨として、実際に使える店舗が出てくる可能性もあり、ビットコインキャッシュの今後が注目されています。

ここでは、ビットコインキャッシュが注目されている理由を3つ紹介します。

ビットコインキャッシュを中心とした取引所が設立された

ビットコインキャッシュ-取引所-基軸通貨

1つ目の理由が、ビットコインキャッシュを基軸通貨とした取引所の誕生です。

イギリス取引所、CoinExではビットコインキャッシュを基軸通貨としています。

悩む男性
基軸通貨?
取引所において中心となる仮想通貨のことよ!
女性

アメリカであればドル、日本であれば円のように、その国で中心となる通貨を基軸通貨と言います。

取引所でも中心となる仮想通貨が設定されており、ビットコインが基軸通貨の所がほとんどです。

ビットコインでイーサリアムなどの他の通貨を買えるってことよ!
女性

ビットコインではなく、ビットコインキャッシュを基軸通貨とした取引所の登場で、ビットコインキャッシュは注目を集めたのです。

日本ではSBIグループが注力

ビットコインキャッシュ-SBIバーチャル・カレンシーズ

出典:SBIバーチャル・カレンシーズ

日本の大手金融企業・SBIグループはビットコインキャッシュを広めることに注力しています。

SBIの代表である北尾吉孝氏は、2017年にビットコインキャッシュに対してこのように言っていました。

1MBと8MBの違いは決定的だと思います。したがっていずれ8MBが勝利するだろうと思います。

SBIグループでは、マイニング事業においてビットコインキャッシュのシェア率30%以上を目指しています。

また2018年6月には設立した仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズでは、ビットコインよりも先にビットコインキャッシュの取扱いを始めました。

日本での発展に向けて注力しているのね!
女性

コンビニでも使えるようになる

コンビニで使える-ビットコインキャッシュ

2018年6月末、ビットコインキャッシュはBITPointPayという店舗決済アプリに追加されました。

もともとはビットコインとイーサリアムにしか対応していなかったのよ。
女性

世間の需要も高まったため、ビットコインキャッシュが追加されたと言えるでしょう。

また、日本のコンビニでもビットコインキャッシュでの決済ができる体制を整えようとしていると言われています。

取引処理の早さが評価をされているため、通貨として利用に注目が集まっているのです。

ビットコインキャッシュがコンビニ決済に使えるようになれば、過去のビットコインバブルのような現象がビットコインキャッシュでも起こるでしょう。

ビットコインのチャートや歴史は以下の記事を参考にしてね!
女性2
【チャートで徹底解説!】ビットコインの価格推移と買い時の見極め方
ビットコイン・仮想通貨に手を出してみたいけど、今は買い時なの? ビットコインは価格の上昇、下落が激しいイメージを持っている人も多いと思います。

続きを見る

ビットコインキャッシュの価格が上昇した理由

ビットコインキャッシュ-価格上昇

現在、注目を集めているビットコインキャッシュ。次は価格が上昇したタイミングと理由について見てみましょう。

ビットコインへの不信感

ビットコインへの不信感

ビットコインの発展のためには、スケーラビリティ問題の解決は必要なものでした。ビットコインでの解決はまだされておらず、できているのはビットコインキャッシュです。

このことから期待をされたと同時に、価格は上昇したのでした。

また、ビットコインはビットコインキャッシュのほかにも分裂をしています。

どれもビットコインの性能アップを目的としているので、ビットコインへの不信感が募り、ビットコインキャッシュの価格は上昇をしたのです。

coinbaseへの上場で注目された

アメリカの大手取引所のCoinbaseが2017年末にビットコインキャッシュの取り扱いを始めました。

大手の取引所が扱うと価格は上がるんだね!

当時は10万円台後半だった価格は、50万円台という過去最高値を記録しました。

ビットコインキャッシュの価格が下落した理由

ビットコインキャッシュ-価格下落

しかし、仮想通貨はまだ歴史が浅いということもあり、さまざまな問題を抱えています。

これにより、仮想通貨そのものへの投資を懸念している投資家も多く、仮想通貨全体の価格降下に伴い、ビットコインキャッシュの価格も一時期下がりました。

中国での規制

仮想通貨-規制-中国

2017年9月には中国において仮想通貨取引が全面禁止となりました。

中国の富裕層は、仮想通貨を海外へ資産を移すための手段として利用していました。この行為をできないようにしたのです。

男性
国外にお金が出ないようにするために取引を禁止したのよ。

また、中国国内では仮想通貨を発行し、販売することで得たお金を開発費や研究費とするICOが流行していました。しかし、ICOの中には詐欺が多く、中国国内で問題視されていました。

詐欺を防ぐ目的もあったのね。
女性

中国は世界でもっとも人口が多い国なので、仮想通貨取引に参加している人は多かったです。

参加者が一気に減ってしまったため、ビットコインキャッシュに限らず、価格は下落をしました。

仮想通貨の盗難事件

仮想通貨-盗難事件

仮想通貨の盗難事件は仮想通貨の信用を下げる大きな要素と言えるでしょう。

日本において、2018年1月に起こったコインチェックのネム流出事件は世間を大きく騒がせました。

詳細については以下の記事をチェックしてね!
女性2
コインチェックのロゴ
【コインチェック(Coincheck)】現在の手数料、評判やメリット・デメリットを紹介!
2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

仮想通貨はブロックチェーン技術によって管理されているものなので安全と言われています。

しかし、管理している取引所のセキュリティが甘いと、ハッキングなどにより仮想通貨が流出してしまいます。

コインチェックの事件以外にも仮想通貨の盗難事件は複数起こっており、これが起こる度に仮想通貨全体の価格が下がっています。

ビットコインキャッシュに関しても、2018年1月の価格下落は、盗難事件が大きく影響していました。

ビットコインキャッシュの価格は今後上がる?

ビットコインキャッシュ-価格-今後-上昇

ビットコインキャッシュは、ビットコインにおいて問題視されていた点を改善しているという点が魅力的です。

そこで、ビットコインキャッシュの価格は、今後どんなタイミングにおいて上がる見込みがあるのでしょうか?

ビットコインに代わる仮想通貨になった時

ビットコイン-代わり-仮想通貨

ビットコインを基軸通貨とする仮想通貨の取引所が多いです。仮想通貨の主流は、まだビットコインでしょう。

CoinExのようにビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所が増えたり、大手取引所に上場されたりすると価格上昇が期待できると言えます。

ビットコインキャッシュを使える店舗が増えた時

ビットコインキャッシュ-店舗

通貨としての機能に優れているビットコインキャッシュ。今後、コンビニなどのお店でビットコインキャッシュが使えるようになることが考えられます。

通貨の新しい形として浸透をすれば、ビットコインキャッシュが広がれば価格は上昇するでしょう。

ビットコインキャッシュは買うべき?

ビットコインキャッシュ-買うべき

ここまでビットコインキャッシュについて説明をしてきました。

良い点も悪い点もわかってもらえたと思います。

悩む男性
結局買った方が良いのかな?迷っちゃうね。

買うべきかどうかを判断するために、ビットコインキャッシュの今後についてもう少し見てみましょう。

ビットコインよりも将来性がある

ビットコインキャッシュ-将来性

もともとビットコインは、利便性の高い通貨になることを目的に誕生をしています。

スケーラビリティ問題を改善している点など、ビットコインキャッシュはビットコインより通貨としての機能が優れています。

実際に店舗での利用も進んでいるので、今後、さらに性能が良くなることでしょう。将来性はビットコインよりも高いのです。

注目をしている著名人が多い

ビットコイン普及に協力したロジャー・バー氏や、日本国内ではSBIグループ代表の北尾吉孝氏など、ビットコインキャッシュに注目している著名人は多いです。

著名人の発言に共感し、ビットコインキャッシュを浸透させようとする人が今後増えて行けば、購入者も増えるはずです。

そうなれば、価格の上昇も期待できるでしょう。

ビットコインキャッシュの今後のまとめ

ビットコインキャッシュ-今後-まとめ

  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂してできた仮想通貨。
  • ビットコインの抱えていたスケーラビティ問題を解決した。
  • 容量が大きいのでビットコインよりも通貨としての機能に優れている。
  • ビットコインキャッシュを中心とした取引所が設立されている。
  • 日本ではSBIグループが注目している。
  • コンビニなどの実店舗での利用が期待されている。
  • ビットコインに代わる仮想通貨として注目を集めている。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの抱えていた問題を解決したことで注目を集める仮想通貨です。

今後、実生活でも使われることが期待されているので、価格が上昇する可能性は高いでしょう。

買うかどうかを迷っているのであれば、少しは買っておいた方が良いかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスの傘下の取引所です(金融庁認可済み)。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類はなんと9種類。

今なら取引額に応じで最大100,000円がキャッシュバックされます※。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

※2019年4月9日23:59:59までに会員登録済みのユーザーのうち、2019年3月16日00:00:00 ~ 2019年4月16日23:59:59に「販売所」取引を一度も行っていない方が対象。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-ビットコインキャッシュ

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.