bitFlyerの手数料は安い?国内1位の取引所を簡単解説

投稿日:

bitFlyerは仮想通貨の取引で有名な取引所でしょう。

仮想通貨とは?
CMで見かけたことがあるよ!

これから取引を始めようとする人にとって、利用する取引所の候補に挙がりやすいでしょう。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
でもどんな取引所なのかはよくわからないな…。
せっかく取引をやるなら、よく知った上で始めるべきよね!
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

今回はbitFlyerの手数料や特徴について紹介します。

bitFlyerとは?

ビットフライヤー-とは

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

社名株式会社 bitFlyer
設立2014年1月
代表者名鈴木信義
所在地東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
資本金41 億 238 万円
登録番号関東財務局長 第 00003号(仮想通貨交換業)

2014年に設立した取引所で、仮想通貨の取引量が国内1位という特徴があります。

仮想通貨とは?
みんなが使っているなら使いやすそうだね!

これから仮想通貨を始めようとしている人にとっては利用しやすい取引所でしょう。

国内取引量1位の取引所

国内1位の取引所

仮想通貨の売買ができる場所には、取引所と販売所があります。

販売所では運営している企業が価格を決めているので、仮想通貨を好きな時に好きな量、売買できます。

一方、取引所の場合は個人の希望する価格で売買が行われます。そのため、取引量が少ないとマッチングしづらいのです。

取引所は売る人と買う人がいないと取引が成立しないのよ。
ハードフォークのメリット

bitFlyerは取引量が多いので、注文数が多いです。仮想通貨を売りたい場合にも買いたい場合にも取引が成立しやすいです。

bitFlyerの手数料

ビットフライヤー-手数料

bitFlyerだけではなく、仮想通貨の取引では手数料が発生します。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
安い越したことはないよね。bitFlyerはどうなんだろう?

手数料を比較することも、仮想通貨取引所を選ぶ際の基準ですね。

4つの取引で手数料が発生する

手数料-4種類

bitFlyerで取引手数料が発生するのは、以下の4つです。

  • 販売所売買
  • 取引所売買
  • 入出金
  • 送金

口座開設や仮想通貨を保管するだけなら手数料はかかりません。

販売所の手数料

販売所-手数料

仮想通貨の販売所は、運営会社と仮想通貨の売買を行う場をいいます。

運営会社が提示している金額で売買ができるのよ。
ハードフォークのメリット

販売所での取引手数料は無料となっています。

アルトコインが買えるのは販売所のみ

アルトコイン-販売所

bitFlyerは販売所だけでなく取引所も運営しています。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を売買できるのは販売所だけです。

bitFlyerでは2018年11月現在、ビットコインとアルトコインの販売所での取引手数料は無料です。

注意ポイント

ただし、ホームページによれば「終了2週間前に告知」とありますので、いずれは手数料がかかるようになるかもしれません。

スプレッドが手数料代わり

スプレッド

手数料は無料ですが、スプレッドのことは頭にいれておいた方が良いです。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
スプレッド?
その販売所における購入価格と売却価格の差額のことよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

たとえば、2018年10月のある時点でのbitFlyerにおけるビットコインの売買価格は以下のようになっていました。

  • 購入価格:726,987円
  • 売却価格:710,023円
イーサリアムの将来性
価格に1万円以上も差がある!

この時点だと、1BTCを購入するために726,987円必要で、1BTCを売る際には710,023円になるということです。

スプレッドとはこの時の差額のこと(上記の場合は726,987-710,023=16,964)です。

通常は、価格が変動してから売るものですが、スプレッドが高く設定されているほど、利益を出すために値上がりを待たなければならないです。

販売所の売買で利益を出すためには、スプレッドの小さい販売所を選ぶ必要があります。

取引所の手数料

取引所-手数料

取引所では、ビットコインの売買において以下のレートで手数料が必要です。

  • 10万円未満:0.15%
  • 10~20万円未満:0.14%
  • 20~50万円未満:0.13%
  • 50~100万円未満:0.12%
  • 100~200万円未満:0.11%
  • 200~500万円未満:0.10%
  • 500~1000万円未満:0.09%
  • 1000~2000万円未満:0.07%
  • 2000~5000万円未満:0.05%
  • 5000万~1億円未満:0.03%
  • 1~5億円未満:0.02%
  • 5億円以上:0.01%

このように、取引量が多くなるにつれて、適用される手数料のレートは小さくなります。

取引所はビットコインのみ

取引所-ビットコイン

取引所で売買できるのはビットコインのみです。

仮想通貨で儲ける
アルトコインを買うなら販売所じゃないとダメなんだね。

仮想通貨FXもできる!

仮想通貨FX

bitFlyerにはbitFlyer Lightningと呼ばれる取引サービスがあります。

bitFlyer Lightningでは以下の取引ができます。

  • ビットコイン現物取引
  • ビットコイン先物取引
  • ビットコインFX取引

先物取引やFX取引では、実際に手元にないお金を使って売買できます。上級者向けの取引方法なので慣れてきたら使ってみてください。

入出金の手数料

入出金手数料

仮想通貨の取引には、取引所専用の口座が必要です。そこへ入金して、やっと取引ができるようになります。

bitFlyerの口座へ入金、出金する時の手数料について詳しく見てみましょう。

口座振込

口座振込手数料

銀行口座からの振込の場合、bitFlyerでは手数料が発生しません。ただし、金融機関における振込手数料は、発生するので注意してください。

また入金が反映されるまでに時間がかかるケースが多いです。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
すぐに入金が反映される方法はないのかな?
お金がかかるけど、そういった入金方法もあるわ!
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

クイック入金

クイック入金

クイック入金には、1件につき324円の手数料がかかります。

クイック入金とは24時間いつでも入金できるサービスで、通常の銀行振込よりも短時間で入金が反映されるメリットがあります。

また、住信SBIネット銀行を利用したクイック入金の場合は手数料が無料です。

出金手数料

出金手数料

口座から出金する場合には以下の手数料が発生します。

  • 三井住友銀行への出金(3万円未満):216円
  • 三井住友銀行への出金(3万円以上):432円
  • その他の銀行への出金(3万円未満):540円
  • その他の銀行への出金(3万円以上):756円

出金する口座が、三井住友銀行の場合は手数料が安くなります。

また、出金する金額によっても異なりますが、使う回数が多いと手数料がたくさんかかってしまいます。

計画的に出金して、手数料の負担を最小限に抑えてください。

リアルタイム入出金

リアルタイム入出金

リアルタイム入出金は、じぶん銀行で取引する際に即時で入出金できるサービスです。必要な手数料は以下の通りです。

  • 入金:324円
  • 出金(3万円未満):216円
  • 出金(3万円未満):432円

利便性がある入出金方法ですが、安くはない手数料がかかります。利用する回数が多いと、手数料だけで支出が多くなってしまいます。

計画的に使う必要があるわね。何回も使うのは禁物よ!
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

送金の手数料

送金手数料

bitFlyerではビットコインとアルトコインの2つを送金することができます。

仮想通貨によって料金は異なるので実際に見てみましょう。

ビットコインの送金手数料

ビットコイン-送金手数料

ビットコインの送金には0.0004BTC(1BTC=70万円の場合は280円)かかります。

ビットコインの価格が上昇したら、高いと感じてしまうかもしれませんね。

なお、bitFlyer同士の送金であるbitwireでは送金手数料がかかりません。

アルトコインの送金手数料

アルトコイン-送金手数料

アルトコインの送金の場合、アルトコインによって送金手数料が異なります。

  • イーサリアム(イーサリアム・クラシック):0.005ETH(ETC)
  • ライトコイン:0.001LTC
  • ビットコインキャッシュ:0.0002BCH
  • モナコイン:無料
  • リスク:0.1LSK

仮想通貨の価格にもよりますが、数十円程度で送金ができます。銀行などの機関と比較すると安く送金できるのは嬉しいですね。

bitFlyerの特徴

ビットフライヤー-特徴

取引できる仮想通貨は7種類

仮想通貨-7種類

bitFlyerでは、7種類の仮想通貨を取り扱っています。

なお、このうち取引所で取り扱っているのはビットコインだけで、残り6種類のアルトコインは販売所での売買のみです。

扱っている仮想通貨は以下のとおりです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアム・クラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

現在は新規口座開設できない

新規口座開設できない

bitFlyerは、2018年11月時点では新規口座開設を受け付けていません。

2018年6月に金融庁から業務改善命令を受けてしまったことが原因です。既に口座を持っている人は継続して利用可能ですが、新規の口座開設はできません。

初心者でも使いやすい取引所なだけに、早く再開してほしいわね!
ハードフォークのメリット

bitFlyerのメリット・デメリット

ビットフライヤー-メリット-デメリット

次に、bitFlyerのメリットとデメリットについてそれぞれ説明します。

bitFlyerのメリット

ビットフライヤー-メリット

bitFlyerのメリットは何といっても仮想通貨の取引量が1位という点です。

取引量が多いと利用中のユーザー数が多くなるので、取引所での取引が成立する可能性が高くなります。

また利用者が多いこともあって、使いやすさには定評があります。

更に、bitFlyerからのアクセスでビットコインを使って決済ができるお店が増えている点も高評価なポイントです。

その他にもセキュリティや補償制度、ショッピングでビットコインがもらえるといった点がユーザーに評価されています。

bitFlyerのデメリット

ビットフライヤー-デメリット

bitFlyerはサーバーが落ちやすいと言われています。利用者が多いため、アクセスが多くなりサーバーが耐えきれなくなってしまうことがあるのでしょう。

またアルトコインは販売所のみ取扱いといった点も良くない点として挙げられます。

更にbitFlyerはスプレッドが広いことでも有名です。販売所で購入した場合は利益が出るまでに時間がかかるのもデメリットでしょう。

bitFlyer以外にオススメの取引所

オススメ取引所

仮想通貨で儲ける
bitFlyerで口座開設したい!と思ったけど、今はできないんだったね…。

先ほど説明の通り、bitFlyerは2018年11月現在、金融庁からの業務改善命令を受けて新規口座開設の受付を中止しています。

取引自体を行うことは可能ですが、bitFlyerの口座を持っていない人は現時点では利用できません。

そこで、bitFlyer以外にオススメの取引所を3つ紹介します。

①BITPoint

初心者にオススメの取引所がBitPointです。本田圭佑を起用したCMは見たことある方もいるのではないでしょうか。

BitPointは取引手数料が無料の取引所です。

また、日本の仮想通貨取引所では唯一、コールセンターを設置しています。

初めての取引はわからないことだらけなので、気軽に質問できるのは有難いですね。

セキュリティシステムは、楽天証券元CTO(最高技術責任者)の原田勉さんが開発しています。もちろんセキュリティも安心な取引所です。

【BITPointは安全?】本田圭佑のCMで話題の取引所を解説

2018年現在、仮想通貨は新しい投資商品として注目を集めています。 大儲けをした人は「億り人」と呼ばれ、ニュースでも大きく取り上げられました。 こうした盛り上がりを背景 ...

続きを見る

②GMOコイン

GMOコイン-728

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOグループ会社が展開しています。GMOコインは取引所ではなく、販売所です。

そのため、簡単な操作ですぐに買うことができますが、手数料が他の会社と比較すると高くなっています。

デザインが見やすく、アプリを出しているので初心者でも安心して利用をすることができるでしょう。ITの大手企業ということもあり、セキュリティも安心です。

安心して取引をしたいという人にはGMOコインがオススメです。

【GMOコインが選ばれる3つの理由】手数料無料で100円から取引!

GMOコインとは? GMOコインは東証一部に上場している、GMOインターネットのグループ会社です。 大企業が運営していると安心感があるね! GMOグループはFX事業も行っています。金融事č ...

続きを見る

③Bitbank

CM放映をしていない取引所なのでご存知ないかもしれません。

しかし、実は日本での仮想通貨取引高が2位です。仮想通貨ユーザーから人気を集めている、優れた取引所と言えるでしょう。

セキュリティ対策を徹底していることはもちろん、出金手数料以外は0円なので、お得に取引をすることができます。

また、チャートが見やすいのも人気の理由になっています。初心者でも問題なく取引はできますが、慣れてきた人の方が使いやすい取引所です。

【プロも納得】国内最強のセキュリティのbitbank、メリット・デメリットは?

bitbank(ビットバンク)とは?どんな会社が運営してる? 出典:bitbank bitbankは仮想通貨の取引に慣れているプロたちも納得の取引所と言われています。 その理由や、「使っても安心?」ӌ ...

続きを見る

bitFlyerの手数料のまとめ

ビットフライヤー-手数料-まとめ

 

  • bitFlyerは取引量国内1位の取引所。
  • 販売所と取引所の2つの機能を持っている。
  • 販売所売買/取引所売買/入出金/送金の4つで手数料が発生する。
  • スプレッドが高いので、販売所で買う際には注意。
  • 取引所での売買では0.1%以下の手数料が発生する。
  • 入出金の手数料は方法によって金額が異なる。
  • 送金手数料は仮想通貨の種類によって異なる。bitFlyer同士の送金は無料。

販売所と取引所の両方を運営しているbitFlyer。

それぞれの手数料を理解して、費用を抑えて取引をしてみてくださいね。

初心者向けの使いやすい取引所でもあるので、新規口座開設の再開に期待をしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ビットフライヤー

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.