【5分でわかる】最大33倍の価値に!イーサリアムクラシックとは?

更新日:

イーサリアム(Ethereum)が分裂して生まれたイーサリアムクラシック(Ethereum Classic / ETC )

イーサリアムとどう違うのか、詳しく知らない人は多いかもしれません。

イーサリアムと何が違うの?
違う部分と同じ部分を紹介していくよ。

イーサリアムクラシックについてこんな風に思っている人のためにこの記事を書きました。

  • イーサリアムクラシックってどんな通貨?
  • イーサリアムとの違いは?
  • これから価値は上がるの?

読み終われば、イーサリアムクラシックの知識がつき、実際の取引に活かせるようになります。

イーサリアムクラシックの最新価格・チャート・時価総額

イーサリアムクラシックの最新価格・チャート

イーサリアムクラシックの最新チャートです。


2018年頭に過去最高値(日本円で約5,300円)を記録しその後急落、2月下旬に再度暴騰し再度下落、5月に再び上がりますがその後は現在まで右肩下がりになっています。

イーサリアムクラシックは2017年当初は約160円だったのでこの暴騰の結果、その価値は一時約33倍となりました。

イーサリアムクラシックの時価総額

イーサリアムクラシックの時価総額は全仮想通貨の中で15位、価格は1,246円(JPY)となっています。(2018年9月21日 現在)

イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムクラシックは、ビットコインに次ぐ知名度のイーサリアムが ハードフォーク(分裂)して誕生した仮想通貨です。

ハードフォークをした結果、もともとあった旧イーサリアムイーサリアムクラシックに、新たに独立して誕生した通貨がイーサリアムとなりました。

図にするとこんなイメージです。

誕生するきっかけとなったThe DAO事件については後述します。

イーサリアムクラシックの「クラシック」は、「古典、古典的」を意味します。

矢印を見るとわかりますが、旧(元祖)イーサリアムをイーサリアムクラシックが引き継いでます。

元祖イーサリアムの思想を引き継いだという意味で、このようにつけられました。

イーサリアムクラシックの基本情報

通貨表記ETC
リリース日2016年7月20日
発行枚数(発行上限)2億1000万ETC
取引承認システムPoW(プルーフオブワーク Ethash/Casper)
取り扱いある主な取引所・bitFlyer
・DMM Bitcoin
・Binance
・Bittrex
など

スマートコントラクト

実はイーサリアムはビットコインのような通貨ではなく プラットフォーム の名称です。

その中で使用される内部通貨「Ether(ETH)」を一般的にイーサリアムと呼んでいます。

ビットコインは、ブロックチェーン上に送金履歴をすべて記録・公開できます。

一方でイーサリアムは、ブロックチェーン上に契約内容を定義して記録できるスマートコントラクトという仕組みがあります。

スマートコントラクトは、その名のとおりコントラクト(契約)をスマートに行える機能。設計されたプログラムに基づいて、自動的に実行される契約です。

分かりやすい例が自動販売機

お金を入れて、欲しい商品のボタンを押すと商品が出る。これは人を介さず、売買契約を交わさずに自動的に行われた契約です。

ハードフォークによって誕生したイーサリアムクラシックも、このスマートコントラクトの機能が備わっています。

イーサリアムクラシックが誕生したきっかけ「The DAO事件」

イーサリアムはこのスマートコントラクトという優れた機能が評価され、将来性を期待されている仮想通貨です。そのため、 ハッキング などの攻撃を受けやすい通貨でもあります。

技術的に評価され、注目を浴びる中起こったのがThe DAO事件です。

DAOとは「Decentralized Autonomous Organization」の略で、日本語に訳すと「自律分散型組織」

国や政府などの特定の管理主体に属することなく、管理者がいなくても自律的に機能・成立する組織です。

The DAOはこの思想のもと作られたイーサリアムのプロジェクト。

2016年5月にThe DAO トークン を発行し、最終的に150億円相当の資金を集めました。

しかしその翌月の2016年6月、ハッカー にThe DAOのスマートコントラクトの 脆弱性 を狙ってハッキングされ、集めた資金のうち(約360万ETH)約60億円相当が盗まれてしまいました。

これがのちにThe DAO事件と呼ばれるようになりました。

イーサリアムのハードフォーク

イーサリアムの開発陣によってThe DAO事件の対処を議論した結果、 ハードフォーク が実行されました。

順番に見ていきます。

1.ハッカーに盗まれたイーサリアムを無効化

2.盗まれる前のイーサリアムのブロックチェーンを複製し、新イーサリアムとする

3.盗まれた記録のある元のブロックチェーン(旧イーサリアム)をイーサリアムクラシックとする

これが ハードフォーク の流れです。なぜこのような事態になったのでしょうか。

もともと、特定の管理者がいない非中央集権的な仕組みで成り立っているのが仮想通貨。

しかしイーサリアムの開発陣は、1でThe DAO事件で受けたハッカーの犯行を「なかったこと」にしました。

「ブロックチェーンの改ざんやルールの変更が起きない」とされる非中央集権の思想に反して、イーサリアム開発者という管理者によってルールが変えられたわけです。

このことに不信感を抱き反発するユーザーもいました。

反発するユーザーの中には、2で複製された新イーサリアムを使わずに元のイーサリアムを使い続ける人もいたのです。

その元の通貨は、ハードフォークでイーサリアムクラシックとして生まれ変わりました。

IoT分野でのポジションで差別化

イーサリアムクラシックはイーサリアムと同じでスマートコントラクトが特徴ですが、新イーサリアムの開発力にはかなわないため違う領域で強みを伸ばすことにしました。

それが IoT (Internet of things)です。

IoT はモノ同士をインターネットで繋ぐことで世の中を便利にする技術。

便利である反面、いままで以上にユーザーの個人情報漏洩のリスクなども考える必要があります。

イーサリアムクラシックは、The DAO事件の ハッキング がきっかけで誕生した仮想通貨で、同じことが二度と起きないようにセキュリティ面が強化されています。

この強みが、IoTをより安全に使うために一役買うことが期待されています。

イーサリアムとの違いは?

イーサリアムクラシックとイーサリアムはもともとは同じ通貨だったため、基本的な性能は同じです。両者に違いはあるのでしょうか。

時価総額の違い

イーサリアムとイーサリアムクラシックの時価総額比較

イーサリアムとイーサリアムクラシックの時価総額です。(2018年9月時点)

イーサリアムクラシックの時価総額は1,200憶円ほどで、時価総額1.9兆円ほどのイーサリアムと比較するとその価値は20分の1程度

当然ともいえますが、知名度も時価総額もイーサリアムが大きくリードしています。

チャートの値動きの違い

イーサリアムとイーサリアムクラシックのチャートの違い

引用:bitFlyer

イーサリアムが分裂して2つの通貨が登場した2017年11月からの値動きを比べました。

全体を見ると動きが似ていることがわかりますが、2017年の12月末と2018年の2月のタイミングでイーサリアムクラシックだけが大きく値動きしています。

前者はイーサリアムクラシックが 半減期 を迎えるタイミング、後者はハードフォークが実施されることが発表されたタイミングでした。

チャートを見ると、基本的にはイーサリアムの値動きに影響されやすいといえるでしょう。

運営方針、思想の違い

中央政権か、非中央政権か。管理者を持つのか、持たないのか。

大きな違いは、この思想の違いです。

前述したとおり、The DAO事件によって「ブロックチェーンの改ざんやルールの変更が起きない」という非中央集権のルールを破り、イーサリアム開発者がルールを変えて生まれた新イーサリアム。

実質的にイーサリアムの開発陣が中央集権的にルールの権限を握っています。

その思想に反して生まれたイーサリアムクラシックは、非中央政権に強いこだわりがあります。

イーサリアムクラシックのメリット・デメリット

イーサリアムクラシックのメリット

  • セキュリティの強さ
  • 非中央集権的な思想

セキュリティの強さ

イーサリアムクラシックはThe DAO事件がきっかけで生まれた通貨です。

同じような ハッキング 被害を受けないよう、イーサリアム以上にセキュリティが強化されています。

その分イーサリアムよりも機能の拡張性をおさえているため、機能の拡張性ではイーサリアムよりも劣ります。

非中央集権的な思想

The DAO事件が起きたとき、ハッキングをなかったことにしてルールを変えてしまった旧イーサリアムの開発陣。イーサリアムクラシックメリットの非中央集権

その行為に反発して生まれたのがイーサリアムクラシックです。

それだけに、非中央集権に強いこだわりがあります。

仮想通貨は非中央集権をうたって拡がり、国や政府がすべてを管理する一般的な通貨とは一線を画するものです。

この本来あるべき仮想通貨の姿に共感するユーザーの支持を得やすく、メリットといえるでしょう。

イーサリアムクラシックのデメリット
・運営開発力の弱さ
・イーサリアムの価格変動を受けやすい

運営開発力の弱さ

 

運営開発能力の弱さイーサリアムクラシックは、ハードフォーク後に旧イーサリアムのブロックチェーンをそのまま使用していたユーザー、つまり有志によって運営されています。

旧イーサリアムを運営していた開発陣は新イーサリアムの運営にまわったため、イーサリアムクラシックは新イーサリアムよりも開発力が劣っています。

そのためイーサリアムクラシックは、イーサリアムと競合しない IoT の分野で性能を伸ばす方針を掲げました。後に詳しく紹介します。

イーサリアムの価格変動を受けやすい

イーサリアム価格変動

イーサリアムクラシックはイーサリアムとの差別化を進めていますが、基本的な機能はイーサリアムと大きく変わりません。

またイーサリアムのイメージが強いことから、イーサリアムの価格が下がるとイーサリアムクラシックも釣られて下がってしまうリスクがあります。

一方でイーサリアムクラシックの価値はイーサリアムの20分の1程度のため、イーサリアムクラシックがイーサリアムに及ぼす影響はかなり小さいと考えられます。

イーサリアムクラシックの最新情報

イーサリアムクラシックの最新情報として、2018年に実施されたハードフォークを紹介します。

カリスト誕生

イーサリアムクラシックは、2018年3月に550万ブロック目で ハードフォーク を実施しました。

それにより、新たにカリスト(Callisto/CLO)と呼ばれる仮想通貨が誕生。

イーサリアムクラシックの保有者に、同等の保有数(1:1の比率)のカリスト(1ETCに対して1CLO)が エアドロップ によって配布されました。

思想の対立から誕生したイーサリアムクラシックですが、このハードフォークの目的はあくまでも サイドチェーン(後述) の実装を実験的に行うことが挙げられています。

ディフィカルティボムの除去

ディフィカルティボム除去

引用:ETCDEVTEAM

2018年5月に590万ブロック目で ハードフォーク を実施しました。

これはもともとロードマップで掲げていた内容のひとつで、目的はディフィカルティボム(マイニングの難易度調整機能)の除去です。

難しい言葉ですがこのハードフォークが、マイニング しても利益が得られなくなってしまう問題を解消しました。

ディフィカルティボムは、もともとイーサリアムがリリースされた直後の2015年に実装された機能です。

なお今回のハードフォークでは、新しいコインの発行は行われていません。

イーサリアムクラシックの将来性

イーサリアムクラシックのロードマップ(計画表)

イーサリアムクラシックロードマップ

イーサリアムクラシックのロードマップ

引用:ETCDEVTEAM

イーサリアムクラシックの動向は、開発チームが公開しているロードマップ(計画表)で分かります。

メモ

ロードマップ:
企業が将来どのような製品をリリースしていくかという計画を時系列でまとめた図、あるいは表のことである。(出典:IT用語辞典)

ロードマップの情報をもとに、イーサリアムクラシックの将来性について見ていきます。

サイドチェーンの実装

引用:ETCDEVTEAM

サイドチェーンは分かりやすくいうと、ブロックチェーンの隣でブロックチェーンを補助するチェーンです。

Blockstreamというアメリカの企業が2014年に発表し、2016年に特許取得しました。

引用:Blockstream

サイドチェーンは、ブロックチェーンの負担を減らしたり、機能を拡張したり、ほかの仮想通貨との情報共有や処理速度を上げることができます。

イーサリアムクラシックは、スマートコントラクトがスムーズに動くようこの仕組みを取り入れています。

2018年にIoTとの互換性

I

引用:ETCDEVTEAM

ロードマップでは2018年に「IoT compatibililily」、IoTとの互換性を持たせることを発表しています。IoTでの実用化が進めば、イーサリアムクラシックの需要が増え、価値が上がることが見込めます。

2018年7月にSDKの配布

SDK(Software Development Kit)が一般に配布されました。

SDKは直訳するとソフトウェアの開発キットになりますが、SDKを使うと一般ユーザー(エンジニア)がイーサリアムクラシックを使用したアプリケーションを作れるようになります。

今後、SDKを使ってイーサリアムクラシックを活用したサービスが登場すれば、イーサリアムクラシックの認知や期待も上がる可能性が出てきます。

イーサリアムクラシックの購入

イーサリアムクラシック取引所

イーサリアムクラシックを扱う国内の取引所

現在イーサリアムクラシックを購入できる国内の取引所は以下の2社です。

・bitFlyer(ビットフライヤー)
・DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

いずれも取引所形式ではなく販売所形式で購入するため、スプレッド(手数料)がかかってきます。

また、ビットフライヤーは2018年9月現在、金融庁から受けた業務改善命令によって口座開設の新規登録を受け付けていません。

ビットフライヤーの口座を持っていない人は、DMMビットコインでの登録をオススメします。

イーサリアムクラシックを扱う海外の取引所

イーサリアムクラシックをお得に購入したい場合は、海外の取引所がオススメです。

ただサイトの言語が英語のため、英語が苦手な人には少しハードルは上がります。

海外で購入する場合、以下の手順が必要です。

1.国内取引所で日本円でビットコイン(BTC)を購入
2.ビットコインを海外取引所に送金
3.ビットコインでイーサリアムクラシックを購入

ペアとなる通貨が米ドル(USD)だけの取引所は、一度米ドルを入手する必要があります。

米ドルを保有している人は問題ないですが、そうでない人はイーサリアムクラシックとビットコインの通貨ペア(ETC/BTC)がある取引所がよいでしょう。

通貨ペア(ETC/BTC)を扱う海外取引所は以下の5社です。

・Binance(バイナンス・マルタ)
・Bittrex(ビットレックス・米国)
・Poloniex(ポロニエックス・米国)
・Coinbase(コインベース・米国)
・Bitfinex(ビットフィネックス・香港)

2018年6月に米国大手のコインベースへのイーサリアムクラシック上場が発表されると、一時的に価格が大幅に上がりました。

実際に取引を行う場合は、特に手数料が安く、日本でも馴染みのあるバイナンスがオススメです。

イーサリアムクラシックのまとめ

最後にイーサリアムクラシックをまとめました。

  • イーサリアムクラシックは、TheDAO事件のハッキングがきっかけで誕生した通貨
  • 非中央集権の思想を強く持っている
  • イーサリアムと基本的な機能は変わらないがIoT領域に力を入れて差別化している
  • 有志によって運営されているため、運営開発力はイーサリアムよりも劣る
  • 時価総額はイーサリアムの20分の1
  • イーサリアムの価格の影響を受けやすい
  • IoT互換性の強化を進めていて、実用化すれば価値が上がる可能性がある
  • 安く購入したければ海外の取引所(特にバイナンス)がオススメ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

時価総額はイーサリアムの20分の1ですが、非中央集権への強い信念をもって運用されている仮想通貨です。

IoTでの実用化が進めばその価値が多くに人に認められる日が来るかもしれません。

この記事があなたの仮想通貨投資のお役に立てれば嬉しい限りです。

-イーサリアム

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.