【分裂騒動やその理由は?】イーサリアムの歴史を振り返ってみた

更新日:

イーサリアムは時価総額3位の仮想通貨です。(2018年12月現在)

イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本・歴史・将来性を徹底紹介
イーサリアムってビットコ ...

続きを見る

スマートコントラクトなどの独自の特徴が企業から注目を集めています。

スマートコントラクト
【3分で理解】契約の未来を変えるスマートコントラクトとは?
仮想通貨の世界に踏み入れ ...

続きを見る

イーサリアムの現在の価格は以下の通りです。

 

2013年に考案されてからここまで、どのような経緯があったのでしょうか。

今回はこれまでのイーサリアムの歴史を紹介します。

2013年:考案者は当時19歳

ヴィタリックブリテン-728

出典:Business Insider Japan

イーサリアムは2013年に、イーサリアム財団のロシア系カナダ人、ヴィタリック・ブリテンによって考案されました。当時、ブリテンの年齢は19歳。

小学生の頃から数学やプログラミングに長けており、同級生とは比べ物にならない天才児でした。

イーサリアムの将来性
19歳で仮想通貨を考えたなんてすごい!

2011年、17歳の時にブリテンはビットコインと出会い、ブロックチェーンに魅力を感じます。2年間プログラミングを学び、ビットコインに関するブログを始めました。

そして、2013年にイーサリアムを考案したのです。

また、日本での取材でブリテンはビットコインの開発者、サトシ・ナカモトを神のように崇拝していると話しています。

2014年:7月にICOを実施

ICO-実施-728

イーサリアムは2014年1月に開発が正式発表されました。

そして、同年7月にICOが行われ、約31,000BTC(当時のレートで約18億5000万円)が集まります。

仮想通貨のICOを理解
ICO(クラウドセール)とは?初心者にもわかりやすく整理しました【仮想通貨】
ICOとは?仕組みを徹底理解! ...

続きを見る

その際、約600,000,000ETH(6億ETH)が発行されています。1BTCと約19,000ETHの交換でした。

2018年10月現在、1BTCあたり約20~30ETHで交換されているわね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
ビットコインで儲ける
イーサリアムの価値は4年間で大きく向上したんだね!

2015年:7月にテスト環境でリリース

イーサリアム-リリース-728

2015年7月に開発者を中心として一部のメンバーに向けてリリースされました。

バグなどの不具合を修正するフロンティアアップデートが実施されています。発表された当初の価格は約120円程度でした。

2016年前半:本格的に取引開始

イーサリアム-取引開始-728

2016年3月には先ほど説明をしたホームステッドが実施されました。

取引が安定するようになり、スマートコントラクトへの期待が高まります。

企業の間でイーサリアムが広がり、価格は上昇しました。高くても500~600円だった価格は1,500円程度で取引がされるようになったのです。

2016年後半:DAO事件が発生

イーサリアム-DAO事件-728

しかし、良いことばかりは続きませんでした。2016年7月イーサリアムを巡って問題が発生しました。それがDAO事件です。

「The DAO」というプロジェクトのために作られたトークン、DAOがハッキングをされてしまいました。

DAOにはイーサリアムと交換できる仕組みがありました。そのため、イーサリアムがハッキング被害に遭ったのと同じような状態になってしまったのです。

DAO事件の解決法として採用されたのがイーサリアムの分裂(ハードフォーク)でした。その結果、イーサリアムクラシックが誕生しました。

※より詳細な情報は以下の記事を参考にしてみてください。

イーサリアムクラシックとは
【5分でわかる】最大33倍の価値に!イーサリアムクラシックとは?
イーサリアム(ETH)が分裂し& ...

続きを見る

イーサリアム自体の問題ではありませんでしたが、不安をぬぐうことはできませんでした。

この年のイーサリアムの価格は1,000円程度で落ち着くことになりました。

2017年前半:取引参加者の拡大

取引参加者-増加-イーサリアム-728

低調な価格推移が続いていたイーサリアムですが、2017年に大きく価格が上昇しました。

1月時点では約1,000円程度でしたが、3月には当時の最高値を更新する2,000円台で取引されるようになります。

4月には5,000円、5月には10,000円を突破、6月には40,000円を超えるまで高騰しました。

価格上昇の要因にはICOの増加が挙げられます。仮想通貨が一般に浸透してきたことでICOを行う団体が増えたのです。

また、4月には日本で仮想通貨法が施行されました。仮想通貨の取引所には金融庁の認可が必要になりました。

安心して取引をできると環境になったことで、新しく取引に参加する人が増えたのです。

2017年後半:イーサリアムの価格が高騰

イーサリアム-価格上昇-728

2017年にはメトロポリスアップデートが起こりました。

これは先ほど説明した通り、企業だけではなく、一般の人もスマートコントラクトを使いやすくするためのアップデートです。

7月には20,000円台まで価格を下げていましたが、8月には再び40,000円台で取引をされるようになりました。

またイーサリアムでもビットコイン同様に、12月~1月にかけて大幅な価格上昇が起こりました。

仮想通貨が浸透し始め、取引参加者が増えたことが大きな要因です。

時価総額2位だからビットコインに次に人気があったみたいね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

12月から徐々に値を上げていき、2018年1月には16万円台まで高騰しました。

2018年前半:懸念点が多く価格が暴落

イーサリアム-価格暴落-728

しかし、高価格帯での取引はそう長くは続きませんでした。2018年1月のコインチェックでの盗難事件を受けて価格は下落。

事件の詳細は下の記事をチェックしてね。
ハードフォークのメリット
コインチェックのロゴ
コインチェックとは?創業~マネックスの買収~業務再開までの歴史を解剖【金融庁認可】
仮想通貨の流出事件でその ...

続きを見る

12,3万円台で推移していた価格は80,000~90,000円程度まで下がりました。

4月のG20において「仮想通貨の禁止や規制が行われるのではないか?」という不安が起こります。

価格は更に一気に下落し、40,000円程度になってしまいました。そして現在は10,000円程度での取引となっています。(2018年12月現在)

まとめ

イーサリアム-歴史

  • イーサリアムは2013年に誕生した仮想通貨。
  • 考案者は当時19歳。ビットコインに影響を受けて開発をした。
  • 2014年にICOによって正式に発表された。当時の価格は約3円。
  • 2016年に入ってから本格的に取引が開始される。価格は1,500円程度だった。
  • 2016年7月のDAO事件をきっかけにイーサリアムクラシックに分裂した。
  • 2017年に価格は大幅に上昇。大幅に上昇を続け、2018年1月には約16万円台を記録。
  • コインチェックの事件を受けて価格は大暴落。数万円程度での取引額に落ち着いている。

イーサリアムは企業からの注目を集めている点が評価されており、今後も発展が期待されている仮想通貨です。

ビットコインのように通貨としてではなく、機能に期待をしている声が多いわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

企業がイーサリアムの活用をするようになれば、一般の人からの注目も集まります。

2017年年末のように、再び人気が集まり価格が上昇する可能性もあります。

問題点もありますが、期待が大きいと言えるでしょう。

今後の動向については以下にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

イーサリアムは儲かる?今後の価格を推移を見極めるポイント5選
イーサリアム(ETH)とは? イーӞ ...

続きを見る

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

24時間365日の電話サポート!BITPoint(ビットポイント)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-無料ユーザー負担

BITPointは、東証2部上場の企業が運営する取引所です。

また24時間365日の電話サポートも行っているので初心者でも安心してトレードができます

通貨ペアはなんと52通り!Liquid by Quione(リキッドバイコイン)


キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-ほぼなし出金:500円

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、ビットコインの取引高が日本一の人気の取引所です。

通貨ペアが52通りと、他の取引所では類を見ないペア数を誇っています。

また独自に発行されている「QASHトークン」を使えば、取引手数料の割引なども適用されるうれしい特徴も。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円
bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン7種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
約1.35%無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。 また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

-イーサリアム

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.