アルトコインの種類をチェック

更新日:

アルトコインの種類

ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

時価総額が高く人気のアルトコインにリップル(XRP)イーサリアム(ETH)などがあります。

このページではアルトコインの関連記事をまとめました。

イーサリアム(ETH)

仮想通貨の時価総額2位のイーサリアム(ETH)は、2015年に正式リリースされました。

イーサリアムはブロックチェーン上でアプリケーションの配置・実行ができるプラットフォームです。

アプリ内で実行するために使われる内部通貨Ether(イーサー)を通称してイーサリアム(ETH)と呼んでいます。

■イーサリアム(ETH)の基本

■イーサリアム(ETH)のチャート

■イーサリアム(ETH)の取引所

■イーサリアム(ETH)その他の記事
記事一覧はこちら

リップル(XRP)

リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。

リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

リップルのプラットフォームで使われる仮想通貨がXRP(エックスアールピー)です。

■リップル(XRP)の基本

■リップル(XRP)の将来性

■リップル(XRP)の取引所

■リップル(XRP)その他の記事
記事一覧はこちら

ライトコイン(LTC)

ライトコインは元Googleエンジニアのチャーリー・リー(Charlie Lee)氏が開発した仮想通貨です。

ビットコインを基に作られ、ビットコインよりも日常で使える仮想通貨として2011年に生まれました。

最初にできたアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、ビットコインに次いで2番目に歴史があります

■ライトコイン(LTC)の基本

■ライトコイン(LTC)のチャート

■ライトコイン(LTC)その他の記事
記事一覧はこちら

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

機能的なメリットに、ブロックの容量が大きい、取引にかかる時間が短いなどが挙げられます。

■ビットコインキャッシュ(BCH)の基本

■ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート

■ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所

■ビットコインキャッシュ(BCH)その他の記事
記事一覧はこちら

モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)匿名掲示板の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた国産の仮想通貨です。

2014年1月1日に正式リリースされました。

公開当初より投機や通貨としての要素よりも、気に入った絵や音楽などの作者に寄付をする投げ銭やチップとしてして使われるケースが多いです。

■モナコイン(MONA)の基本

■モナコイン(MONA)のチャート

■モナコイン(MONA)の取引所

■モナコイン(MONA)その他の記事
記事一覧はこちら

その他のアルトコイン

■イーサリアムクラシック(ETC)

■イオス(EOS)

■エイダコイン(Cardano/ADA)

■テザー(USDT)

■ステラ (XLM) 

■トロン(TRX)

■バイナンスコイン(BNB)

■アイオータ(IOTA)

■モネロ(XMR)

■ダッシュ(DASH)

■ネム(XEM/NEM)

■ドージコイン(DOGE)

■リスク(LISK)

■ガクトコイン/スピンドル(SPD)

■キャッシュ(QASH)

■ヴィチェーン(VEN)

■テゾス(XTZ)

■ネオ(NEO)

-アルトコイン
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.