【ガクトコインの現在】投資を変えるプロジェクト・スピンドルの全貌に迫る

更新日:

スピンドルトップ

芸能界や経済界など幅広い活動をしているミュージシャンのGACKT(ガクト)さん。

ガクトコインはその名称からもわかるように、ガクトさんが開発プロジェクトに参加した仮想通貨スピンドル(SPINDLE)の通称です。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
ガクトコインの現在の状況、とても気になるな。
この記事でその全貌を見ていきましょう。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

この記事でわかること

  • ガクトコインの特徴
  • ガクトコイン誕生までの経緯
  • ガクトコインのメリットとデメリット
  • ガクトコインの買い方

▼初心者向けの仮想通貨取引所選び
編集部がオススメする取引所ランキング形式でまとめました。

初心者必見!仮想通貨の取引所5選
【2019最新】初心者必見!仮想通貨の取引所ランキング5選【失敗しない】
「仮想通貨の取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

ガクトコインとは?

ガクトコインとは?

ガクトコインは、ガクトさんが参加した開発プロジェクスピンドル(SPINDLE)の仮想通貨の通称です。

正式な通貨名はプロジェクトと同様にスピンドル(SPD)です。

日本をはじめアジア諸国を拠点としてガクトさんが表立ってこのプロジェクトのマーケティング活動に携わっていたことから、ガクトコインと呼ばれています。

ガクトコインは2018年5月にICOし、約220億の資金調達をしました。さらに複数の海外取引所に上場しています。

ICOの詳しい説明はこちらからご覧ください。

仮想通貨のICOを理解
ICO(クラウドセール)とは?初心者にもわかりやすく整理しました【仮想通貨】
ICOとは?仕組みを徹底理解! ...

続きを見る

スピンドルはどんなプロジェクト?

どんなプロジェクト?

ガクトさんが参加していたスピンドルはどんなプロジェクトなのでしょうか。

スピンドルの公式サイトではこのように書かれています。

より多くの人々が、対等な立場で投資者にも運用者にもなり得る、中央集権的権威を排除した歴史上初めての投資・運用プラットフォーム、それこそがSPINDLEです。

SPINDLEプロジェクトは、その透明性と公平性をもって、より多くの人に投資・運用を通じて豊かな人生を謳歌してもらう事。

そして、多くの人が、このプロジェクトの参加によって、今までの中央集権的権威による搾取の社会構造から解放されることを目標とし、その実現を着実に目指してゆきます。

出典:SPINDLE公式サイト

要約すると、投資や資産運用での運用の不透明性を解決するために、ブロックチェーン上で安全に資産管理ができまた運用情報の透明化できる仕組みをつくるプロジェクトです。

スピンドルのプラットフォームには、ブロックチェーンスマートコントラクト技術が活用されています。

これらを活用することで、透明性が高い状態で(投資・運用情報などの)契約が自動的に履行されるため改ざんされづらい状態となります。

スマートコントラクトについて詳しくはこちらをご覧ください。

スマートコントラクト
【3分で理解】契約の未来を変えるスマートコントラクトとは?
仮想通貨の世界に踏み入れ ...

続きを見る

どんなコインで何のために発行された?

ガクトコイン・スピンドル何のために発行された?

スピンドルの仮想通貨ガクトコイン(スピンドル)の通貨単位はSPD

イーサリアムのブロックチェーンERC-20をベースに作られた仮想通貨です。

ERC20とは?
ERC20とは?イーサリアムから生まれたトークンの正体を探る
ERC20とは? ERC20とは、イーサリア& ...

続きを見る

スピンドルは実際の投資活動で使用することができます。

メリットは直接利用することで銀行や証券会社などの第三者が介入することなく資産を平等・公平に管理される点です。

投資記録はスマートコントラクトによって透明性を保ちながらブロックチェーン上に記録されます。

ガクトコインの現在(チャート・価格)

ガクトコインのチャート出典:CoinGecko

ガクトコイン(スピンドル)の上場時から、2019年3月までのチャートです。

最高0.036ドル(約4円)あった価格は、約1/70の0.0005(約0.06円)まで下落しています。

2018年11月3日、仮想通貨ヘッジファンドのマッチメイキング・プラットフォーム「ZETA」のα版を2018年11月20日にリリースすることが発表されると、僅かに値上がりが見られました。

11月22日にはZETAα版のリリースが発表されましたが、値上がりはありませんでした。

その後スピンドルからの情報発信は12月28日、東スポ WEB が12月27日に公開した記事に対して抗議のリリースが最後。

2019年は沈黙が続いています。

スピンドルの時価総額ランキングは、1,000種類以上ある仮想通貨の中で648位となっています。(2019年3月6日現在)

GACKT(ガクト)さんの現在

GACKT(ガクト)さんの動きは、2019年に入ってから慌ただしくなっているようです。

元旦に放送された「芸能人格付けチェック! 2019お正月スペシャル」では、連勝記録を58に伸ばして話題となりました。

また、番組では自身のクレジットカードを紹介したようです。

2月に入っても映画出演にともなうテレビやイベントへの出編で多忙を極めています。

https://twitter.com/ntvkonkurabe/status/1095517935559299072

テレビなどでGACKT(ガクト)さんを見た人の中には、こういった声も出ているようです。

仮想通貨ヘッジファンドのマッチメイキング・プラットフォームZETA

スピンドルのzeta

出典:ZETA公式サイト

スピンドルは2018年11月22日、仮想通貨ヘッジファンドのマッチメイキング・プラットフォームZETAのα版をリリースしました。

投資の世界ではこれまで一投資家がファンドやヘッジファンドに直接アクセスするのは困難でした。

しかしスピンドルはこのZETAを送り出したことで、投資家と仮想通貨ヘッジファンドを直接結ぶ環境を整えつつあります。

なお、ZETAは300万SPDを保有するユーザーが使用可能となっています。

スピンドルの発起人、金商業者の登録取り消し

ガクトコイン・スピンドル発起人金商法取り消し

スピンドルの発案者であり発起人の宇田修一氏が代表取締役として就任していたドラグーンキャピタル株式会社は、2016年6月に関東財務局から行政処分を受け、金商(第二種金融商品取引業及び投資助言・代理業)の登録取り消しとなりました。

また同社の役員メンバーが、スピンドルの開発および販売を担っているBLACK STAR&CO社とほぼ同じメンバーとなっています。

また、BLACK STAR&CO社はドラグーンキャピタルの48.12%を保有する筆頭株主でもあり、行政処分を受けた実績のある会社の関係者が運営するプロジェクトという点は信頼性の面で少し不安が残るでしょう。

スピンドルの販売を行っていたブラックスター社の拠点がイギリスに

ガクトコイン拠点がイギリスに

スピンドルの開発および販売を担っていたBLACK STAR&CO社は、2018年8月に日本での活動を撤退し、その拠点をイギリスに移しています。

その理由に以下の2点を挙げています。

  • パートナーが多くいるロンドンでの活動が必須

テクノロジーやデザインの分野に見識の深いパートナーがロンドンに多くいること。

協力体制を築いているパートナーがいる場所でコミュニケーションを深めることでプロジェクトをよりよい方向に導けると説明しています。

  • 日本での仮想通貨に対する規制の厳しさ

日本における仮想通貨に関する規制の厳しさを挙げています。

国内での投資に対する考え方も考慮した上で、日本では今以上に事業の拡大は難しいと説明しています。

これらの理由から拠点をロンドンに移したBLACK STAR&CO社。

しかし、ガクトさんを起用し日本向けマーケティングを強化していたスピンドルプロジェクトのロンドン移転は、まるで夜逃げの様な印象を受けるといった厳しい意見もあるようです。

 ガクトコイン(スピンドル)のメリット

ガクトコインのメリット

ガクトコインを持つメリットは、上述したマッチメイキング・プラットフォームZETAによりガクトコイン所有者と仮想通貨ヘッジファンドが直接取引できる点です。

これにより一部の人だけが有利にならず、誰でも公平に投資可能な環境が整えられます。

なお、ZETAを利用するためには最低300万SPDを保有している必要があります

 ガクトコイン(スピンドル)のデメリット

ガクトコインのデメリット

ガクトコインのデメリットを挙げるとすれば、運営側が過去に大きな行政処分を受けている点が挙げられるでしょう。

一方でプロダクトの制作も進んでいるため、投資の際はその点も踏まえた総合的な判断が求められそうです。

 ガクトコインが買える取引所

ガクトコインが買える取引所

ガクトコインは国内の取引所では取り扱っていませんが、以下の海外取引所で取引できます。

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

・Yobit(ヨービット)

・BTC-Alpha(ビットコインアルファ)

※HitBTCは現在日本人の利用は不可となっています。

海外の取引所は基本的に仮想通貨同士の取引となるため、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の準備が必要になります。

具体的な手順は下記の流れです。

1.国内の取引所でビットコイン(イーサリアム)を購入する

2.購入したビットコイン(イーサリアム)を海外の取引所に送金し、ガクトコインを購入する

ガクトコインを買う前に

現在ガクトコインは価格が大幅に下落していて、またこの先のプロジェクトの見通しも分からないため、初心者にはあまりオススメできません。

仮想通貨を初めて買う人は、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)など取引量が多く有名なコインから始めることをオススメします。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)をまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

アルトコインのオススメ
【どれが有望?】アルトコインの2019年オススメをいっきに紹介!
仮想通貨は種類が多すぎで ...

続きを見る

LISKQASH(Liquid Coin)など、人気の通貨もまとめています。

LISKとは
【2019】LISKとは?今後の価格や将来性をチャートから分析しました
LISK(リスク)ってどんな仮想 ...

続きを見る

QASH・キャッシュ
【QASH/キャッシュ】金融庁認可の取引所が作った仮想通貨とは?
QASH(キャッシュ)は、仮想通 ...

続きを見る

仮想通貨をどこで買うか

仮想通貨を買う際、オススメしたい取引所はGMOコインです。

東証1部上場のGMOインターネットグループが運営し、取引手数料も割安のため安心して取引ができます。

ビットコインのほか、リップル(XRP)イーサリアムなど全5種を取引所形式で売買できます。

詳しくはこちらの記事にまとめているので、チェックしてみてください。

【GMOコインが選ばれる3つの理由】手数料無料で100円から取引!
GMOコインとは? GMOコインは東š ...

続きを見る

すぐに口座開設をしたい人はこちらから申し込みができます。

\手数料無料で取引できる!/

GMOコインの公式サイトへ

ガクトコインのまとめ

ガクトコインのまとめ

  • ガクトコインはミュージシャンのGACKT(ガクト)さんが加わったプロジェクトの仮想通貨スピンドル(SPD)
  • スピンドルは透明性と公平性をもって、より多くの人に投資・運用を通じて豊かな人生を謳歌してもらうために立ち上がったプロジェクト
  • スピンドルはプラットフォームZETAにより、第三者を介さずユーザーが仮想通貨ヘッジファンドと直接取り引きできるメリットがある
  • スピンドルの開発と販売を担うでBLACK STAR&CO社が日本を離れたことは懸念材料
  • ガクトコインは、Yobit(ヨービット)、BTC-Alpha(ビットコインアルファ)など海外取引所でのみ購入可能

いかがでしょうか。

この記事がガクトコインの知識向上の役に立てればうれしい限りです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

24時間365日の電話サポート!BITPoint(ビットポイント)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-無料ユーザー負担

BITPointは、東証2部上場の企業が運営する取引所です。

また24時間365日の電話サポートも行っているので初心者でも安心してトレードができます

通貨ペアはなんと52通り!Liquid by Quione(リキッドバイコイン)


キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-ほぼなし出金:500円

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、ビットコインの取引高が日本一の人気の取引所です。

通貨ペアが52通りと、他の取引所では類を見ないペア数を誇っています。

また独自に発行されている「QASHトークン」を使えば、取引手数料の割引なども適用されるうれしい特徴も。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円
bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン7種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
約1.35%無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。 また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

-アルトコイン
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.