仮想通貨の半減期とは?2019年~2022年、価格上昇が予想されている通貨を紹介!

更新日:

半減期とは?
悩む男性

仮想通貨の半減期って何?

半減期が来るとどうなるの?

こんな疑問を解決できる記事になっています。

仮想通貨を売買している人にとってはうれしい時期なので、しっかり理解して取引に役立てましょう。

コイプラ編集部オススメの取引所3選

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

coinchecklogo

Coincheck / 総合91点

東証一部上場のマネックスグループ

全9種類の取り扱い通貨

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

仮想通貨の半減期とは

半減期とは、仮想通貨のマイニングでもらえる報酬が半分になる時期を指します。

そもそも仮想通貨の取引では、売買を成立させるために取引が正しいかどうか検証する人が必要で、検証~承認を行った人には報酬として仮想通貨が与えられます

アルトコインにも必要なマイニングの作業の図解

このマイニング報酬が、半減期で半分に下げられる時期を「半減期」と呼ぶのです。

半減期が設定されている理由

報酬が半分になってしまう理由は主に二つと言われています。

  • 報酬を半分に減らすことで、通貨の希少性を高めるため
  • 急激な価格変動を避けるため

報酬が減ると、その分だけ通貨の希少性が高まります。

希少性が高まると、それだけレアな通貨になるので価格が上昇するのです。

半減期の1~3カ月前から価格が上昇する傾向にあり!

モナコインの半減期時のチャート

モナコインは、半減期を迎えるまえに下落していますが、半減期の約1カ月前の6月から価格が上昇しています。

マイニングを行う人たちにとっては悲しい時期ですが、希少性が高まり価格が上昇するので、やはり半減期は価格上昇が期待できそうです。

2019年に半減期が訪れる仮想通貨一覧

2019年に半減期が訪れる仮想通貨は以下の通りです。

ライトコイン(2019年8月)

ライトコイン

回数いつ起こるか新規発行量
1回目2015年8月25LTC
2回目2019年8月12.5LTC
3回目2023年8月6.25LTC

ライトコインは、ビットコインが持つ欠点(送金スピードが遅い)などを解決するために開発された仮想通貨です。

ライトコインが購入できる取引所は以下の通りです。

LISK(2019年9月)

lisk

 

回数いつ起こるか新規発行量
1回目2015年8月25LTC
2回目2019年8月12.5LTC
3回目2023年8月6.25LTC

LISKは

LISKが購入できる取引所は以下の通りです。

  • コインチェック

LISKについてもっと詳しくなりたい人は、ぜひ以下の記事をチェックしてみてくださいね。

LISKとは
【2019】LISK(LSK/リスク)とは?今後の価格や将来性をチャートから分析しました
仮想通貨・LISK(リスク)を知っていますか?この記事では、LISKの3つの特徴、LISKの開発の歴史、LISKのチャートの歴史と高騰要因、LISKの今後の将来性、LISKを買える取引所を整理しました。

続きを見る

2020年に半減期が訪れる仮想通貨一覧

ビットコイン(2020年6月)

ビットコイン

 

回数いつ起こるか新規発行量
1回目2012年6月25BTC
2回目2016年6月12.5BTC
3回目2020年6月6.25BTC

2008年にサトシ・ナカモトという正体不明の人物によって考案・開発された仮想通貨です。

仮想通貨といえばビットコインを思い浮かべる人も多いかと思います。

ビットコインはほぼすべての取引所で購入できるのですが、とくにオススメはGMOコインです。

なぜならビットコインなら安い手数料で購入ができるからです。

モナコイン(2020年7月)

モナコイン

回数いつ起こるか新規発行量
1回目2017年7月25MONA
2回目2020年7月12.5MONA
3回目2023年7月6.25MONA

モナコインは日本で初めて誕生した仮想通貨です。

日本最大級の同人誌イベントコミックマーケットや、メイドカフェやバーなどマニアック(?)な場所で使えるのが特徴です。

こうした理由から、日本では多くのファンが存在する仮想通貨です。

もしモナコインを買うなら、国内セキュリティNO.1のbitbankがオススメです。

モナコインについてより詳しく知りたい人はぜひ、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

monacoinのチャート
《モナコイン》わずか1日で価格が2倍に!2019年最新情報⇔誕生の歴史をチャートから紹介!
モナコイン(Monacoin/MONA)を買ってみたいけど果たして今は買い時なのか? 2017年12月に1MONA=2,400円を記録しましたが、以降は価格の下落が止まりません。

続きを見る

2021年に半減期が訪れる仮想通貨一覧

ビットコインキャッシュ(2021年8月)

ビットコインキャッシュ

回数半減期新規発行量
1回目2021年8月6.25BCH
2回目2025年8月3.125MONA
3回目2029年8月1.5625MONA

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して生まれた仮想通貨です。

この分裂をハードフォークと呼ぶのですが、送金速度を上げるためにビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュもビットコイン同様、多くの取引所で取り扱われています。

仮想通貨の半減期のまとめ

まとめ

仮想通貨の半減期について理解できましたか?

難しいイメージを持ってしまいそうですが、「半減期=儲けるチャンス」ということだけでも覚えていただきたいです。

もちろん仮想通貨は価格変動が激しいのでリスクは当然あるので、購入通貨を分散するなどして大切な資産を守りましょう。

これらの情報があなたの取引のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

もっと仮想通貨に詳しくなる

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

女性2
以下はGMOコインの手数料シミュレーションです。

ビットコインの購入から出金まで、すべて無料なのがオススメポイントです。

GMOコインの手数料シミュレーション

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスの傘下の取引所です(金融庁認可済み)。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類はなんと9種類。

今なら取引額に応じで最大100,000円がキャッシュバックされます※。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

※2019年4月9日23:59:59までに会員登録済みのユーザーのうち、2019年3月16日00:00:00 ~ 2019年4月16日23:59:59に「販売所」取引を一度も行っていない方が対象。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-仮想通貨の基礎

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.