ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!オトクに通貨を入手するチャンス

更新日:

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説

ハードフォーク?

いったいどのような意味を持つ用語なのでしょうか?

図解でかんたんに整理してみました。

ハードフォークとは?

仮想通貨でよく聞くハードフォークの意味や仕組みは?

仮想通貨におけるハードフォーク。

「なんとなく聞いたことあるけど、説明はできない」という人も多いかもしれません。

ハードフォークを一言でいうと

ある仮想通貨のルールを変更し、

古いルールに従う仮想通貨新しいルールに従う仮想通貨に分裂させること

もう少し詳しく整理してみましょう。

仮想通貨はブロックチェーンというデータの連なりから成り立っています。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
ブロックチェーン?
取引データをまとめたブロックのことよ。時系列順にデータが並べられているの
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

データが一本の鎖のように繋がっているブロックチェーンのルールを変更するとなると、

  1. これまでのルールに従う仮想通貨
  2. これまでのルールを無視して、新しいルールを採用する仮想通貨

の二つの仮想通貨が生まれることになります。

この仮想通貨の分裂をハードフォークと呼ぶのです。

ハードフォークの図解

理解できましたか?

この分裂する分かれ目が食べるときに使うフォークに似ているので、ハードフォークと呼びます。

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密 皆さん、「ブロックチェーン」をご存知でしょうか? ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源で ...

続きを見る

ハードフォークとソフトフォークの違い

仮想通貨でよく聞くハードフォークとソフトフォークの違いを開設

また、「ハードフォーク」と似た用語に「ソフトフォーク」があります。

もしかすると、ハードフォークとの違いを調べてたどり着いた人もいるかもしれません。

ソフトフォークを一言でいうと

ある仮想通貨のルールを変更し、新ルールに従って取引が行われること

ハードフォークが旧通貨と新通貨に分裂するのに対して、ソフトフォークでは分裂は起きません

ソフトフォークは分裂せずにルール変更が行われることの図解

ハードフォークを行うメリット・デメリット/ハードフォークを行う理由

ハードフォークを行うメリットとデメリット

ハードフォークはなぜ行われるのでしょうか?

それは、分裂するメリットがあるからです。しかし分裂することによって生じるデメリットも存在します。

それぞれ整理してみましょう。

ハードフォークのメリット

ハードフォークを行うメリット

ハードフォークのメリットは主に3つ。

  1. 通貨が抱える問題を解決できる
  2. 分裂した通貨の価値は上がりやすい
  3. 分裂もとの通貨を持っていた場合、分裂後の通貨が配当としてもらえる

ハードフォークを行うことによって、通貨が持つ欠点の修正を行うことができます。

たとえば、仮想通貨の代表格「ビットコイン」からハードフォークした「ビットコインキャッシュ(BCH)」も、ビットコインの課題を解決するために誕生しました。

そもそもビットコインは送金速度が遅い問題があったのですが、ビットコインキャッシュはビットコインの32倍の速度で送金ができます。

ビットコインとアルトコインのビットコインキャッシュとの違い

 

ビットコインキャッシュのより詳しい解説は、もっと興味がわいた人はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体

ビットコインキャッシュとは? あなたはビットコインキャッシュという仮想通貨をご存知でしょうか。 最も有名な仮想通貨、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関 ...

続きを見る

また、ハードフォークした通貨は価格が上がりやすいメリットもあります。

実際、ビットコインキャッシュは2017年8月にリリースしてからすぐに時価総額ランキングTOP10入りし、後発組にもかかわらず現在では時価総額4位を記録しています。

そして、最後の配当のメリットはのちに述べたいと思います。

ハードフォークのデメリット

ハードフォークを行うデメリット

  1. ハードフォーク前後で取引所がメンテナンスに入る
  2. 分裂元の通貨の価値が下がる可能性がある

ハードフォークが行われると、取引所ではハードフォーク予定の通貨の取引が停止されます。そのあいだ送金ができなくなるので、一時的にユーザー側に不都合が生じてしまいます。

また、ハードフォークは基本的に通貨の改良を目的としているため、ハードフォーク後に生まれた通貨のほうが優れた特徴を持っています。

そのため、分裂元となる通貨は「劣った通貨」に格下げされ、通貨の価値が下がってしまう可能性があります。

過去に行われたハードフォークで生まれた仮想通貨

過去に行われたハードフォーク

この項目では過去に起きたハードフォークを紹介します。

分裂した理由や、分裂したあとの通貨の性能はどうなったのでしょうか。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュのハードフォーク

さきほども紹介したビットコインは二つの課題を抱えていました。

  1. データ容量が小さい
  2. そのため取引にかかる時間が長い

しかし、容量を大きくすることで解決しようとした中国のマイニング会社と、容量増大には反対のビットコインの開発者同士で対立が生まれてしまいます。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
どうして容量を大きくしたらダメなの?
ビットコインの安全性が損なわれると考えられていたのよ
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

この対立から結局ビットコインは分裂することになり、ブロックの容量は変えずに<記録できる取引の量>を増やす「セグウィット」という技術を採用した旧ビットコインと、容量を大きくしたビットコインキャッシュが生まれることになりました。

ビットコインとビットコインキャッシュの比較表は以下の通りです。

 ビットコインビットコインキャッシュ
発行日2009年1月2017年8月
ブロック容量1MB32MB
発行上限2100万枚2100万枚
マイニング難易度の更新頻度2週間に1度10分に1度
よりビットコインキャッシュに興味が湧いた人は、以下の記事をチェックしてみてくださいね
マイニングで効率的に稼ぐ
ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体

ビットコインキャッシュとは? あなたはビットコインキャッシュという仮想通貨をご存知でしょうか。 最も有名な仮想通貨、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関 ...

続きを見る

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックは、 アルトコイン の時価総額ランキング1位を誇るイーサリアムから分裂して生まれた仮想通貨です。

The DAO事件と呼ばれるハッキング事件によってイーサリアムが盗まれた際に、イ―サリアムの開発チームはハッキングをなかったことにする処置を行いました。

しかし、イーサリアムは誰にも管理されないことを理想としており、イーサリアム開発者という管理者によってルールが変えられたことに対して反発が起きます。

イーサリアム開発者が生んだ新しいイーサリアムに反発したユーザーは、ハッキングがあったことを認める「イーサリアムクラシック」を正当なイーサリアムと認識するようになります。

イ―サリアムのハードフォーク

上の図のように、イ―サリアムクラシックは旧イ―サリアムの流れを直接受け継いでいます。

ビットコインとビットコインキャッシュでは「容量の違い」がありましたが、イ―サリアムクラシックの基本的な機能はイーサリアムと大きく変わりません

イーサリアムクラシックをより詳しく知りたい方はこちら
イーサリアムクラシックの将来性
【5分でわかる】最大33倍の価値に!イーサリアムクラシックとは?

イーサリアム(Ethereum)が分裂して生まれたイーサリアムクラシック(Ethereum Classic / ETC )。 イーサリアムとどう違うのか、詳しく知らない人は多いかもしれません。 イーサリアムと何が๮ ...

続きを見る

ハードフォーク予定の仮想通貨/アルトコイン

ハードフォーク予定のアルトコイン
仮想通貨は値動きも激しいですが、目まぐるしいスピードで開発が行われています。

そのためハードフォークも頻繁に行われ、そのたびに話題になっています。

今後予定されているハードフォークはいつで、どのコインがフォークするのでしょうか。

2018年11月 ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュはさらにハードフォークし分裂する

ビットコインからハードフォークで生まれたビットコインキャッシュですが、この通貨はさらにハードフォークする予定です。

ハードフォークは2018年11月に行われるとされ、さらに容量が大きくなると噂されています。

ビットコインキャッシュはBitcoin ABCというチームによって運用されており、

  1. 最小トランザクションのデータサイズを100バイトにすること
  2. 取引手数料を安くすること

が開発目的としてあげられています。

このような機能が追加される予定のビットコインキャッシュは、今後注目の仮想通貨です。

ハードフォークした通貨は儲かるの?

ハードフォークした通貨は儲けyasui?

結局一番気になるのは、ハードフォークした通貨が儲かるのかどうかですよね。

さきほどのメリットでもあげましたが、実際のところ無料で仮想通貨を儲けられるイベントがあります。

それが「エアドロップ」です。

ハードフォークのエアドロップとは?

ハードフォークで行われるエアドロップとは?

ハードフォークが実行されると旧通貨を保有するユーザーは、旧通貨を保有する枚数分だけ分裂した新しい通貨を受け取ることができます。これをエアドロップと呼びます。

何もしないでもお金が手に入るため、ハードフォーク予定の通貨は購入者が増え、結果として価値が上がりやすいのです。

エアドロップで受け取った仮想通貨に税金はかかるの?

ハードフォークで受けとった仮想通貨に税金はかかる?

気になるのは、タダで貰った通貨に税金がかかるのかということ。

実際、ハードフォークして分裂した時点の仮想通貨には価値はあまりありません。そのため、エアドロップで受け取った通貨の値段は低いでしょう。

しかし通貨の価値が上がり、利益を確定させた時点で税金額も確定します。

ハードフォークのエアドロップで受け取ったコインに税金がかかるタイミング

 

各取引所のハードフォークコインへの対応まとめ

取引所のハードフォークコインに対する反応

エアドロップしたコインは取引所からも受け取ることができます。

なぜなら、取引所で保有する通貨はユーザーのものであり、分裂した通貨もユーザーが所有する権利があるからです。

過去のハードフォークでは、取引所はどのような対応を行ったのでしょうか。

Zaif

Zaif

2018年9月に仮想通貨の流出が発覚してしまった大手取引所Zaifは、ビットコインゴールドは付与しないとの文章を発表していました。

Zaif代表の朝山貴生(あさやまたかお)さんは、ハードフォークの際の取引所への負担などから、ハードフォークでの分裂コインへの印象は良くないものでした。

正直にお話ししますと、そろそろフォーク芸は終了していただきたい所です。取引所の負担が甚大なだけではなく、お客様への影響も大きいです。一件資産価値が増えたようにも見えるでしょうが、ひょっとするとフォークしなかったとしてもその分そのままBTC価値が向上していたかもしれません。

— Takao Asayama  朝山貴生 (@TakaoAsayama) 2017年11月18日

BITPoint

外貨で取引できる仮想通貨取引所

BITPointはセキュリティの高さや初心者にもうれしい電話サポートを行っていることで人気の取引所です。

ハードフォークしたコインに対する方針としては、コインの安全性が確認されてから付与を行うと決めているようですが、ビットコインゴールドは付与されました。確実に付与された実績があるので、今後も安心の取引所だといえるでしょう。

コインチェック

コインチェックのロゴ

仮想通貨の流出事件で有名になったコインチェックは、ビットコインゴールドを付与する可能性を示す声明を出していました。

しかし、2018年9月現在ユーザーにコインの付与はされておらず、今なお懸念の声があがっています。

取引所のハードフォーク対応から学ぶこと

取引所のハードフォーク対応から学ぶこと

このように、すべての取引所がハードフォークのコインを付与しないことがお分かりいただけたかと思います。

実際、付与されなかったことに対して、「ハードフォークによって紛失した仮想通貨を取り戻す弁護団」が結成されるなど、仮想通貨ユーザーから多くの反発が生まれています。

このことから、分裂したコインは付与されない可能性を前提に取引所でコインを保有することを考えたほうがいいでしょう。もし確実にエアドロップを受け取るなら、Binance(バイナンス)などの海外の取引所を使うのがオススメです。

ハードフォークでも安心の日本の取引所

保有する通貨がハードフォークするとなると、ある程度心構えが必要なことがわかりましたね。

とはいえ、日本の取引所でも安心してハードフォーク予定の通貨を保有したいものです。

そこで、ハードフォーク時でもオススメできる取引所を紹介します。

BITPoint

ハードフォークでオススメする仮想通貨の取引所は、さきほども紹介したBITPointです。

オススメポイント

  •  24時間365日のフリーダイヤルで相談できる
  •  ビットコインゴールドのエアドロップを行った実績アリ

なぜBITPointを勧めるかというと、24時間365日のフリーダイヤルを開設しているからです。

ハードフォーク前後では、さまざまな噂が飛び交います。そんななか、プロに相談ができるのは安心できますよね。

またさきほどもお伝えした通り、BITPointはZaifやコインチェックが行わなかったエアドロップをきちんと行っています

今後ある通貨がハードフォークしたときも、分裂コインを付与する可能性が高いのは安心です。

ハードフォークのまとめ

ハードフォークのまとめ

  • ハードフォークは古いルールに従う仮想通貨新しいルールに従う仮想通貨に分裂させること
  • 分裂をしないソフトフォークもある
  • ハードフォークのメリットは①通貨が抱える問題を解決できる、②分裂した通貨の価値は上がりやすい、③分裂後の通貨が配当としてもらえること
  • ハードフォークのデメリットは①ハードフォーク前後で取引できなくなる、②分裂元の通貨は価値が下がる可能性があること
  • 過去にはビットコインやイ―サリアムなどの通貨がハードフォークした
  • 無料のエアドロップで受け取った仮想通貨にも、換金した時点で税金がかかる
  • ハードフォーク時にオススメの通貨はBITPoint

いかがでしたか?

ハードフォークは理解できましたか?

これらの情報があなたの取引にお役に立てれば幸いです。

 

-仮想通貨の基礎

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.