日本の大手取引所を買収したHuobiとは?メリット・デメリットを紹介

更新日:

Huobi(フォビ)

仮想通貨に注目が集まって10年近くたちます。当初は価値がほんのわずかだったものが、今では数百倍の価値になっている仮想通貨まで存在します。そんな夢のある仮想通貨に人気が集まり、多くの方が投資を始めました。

しかし、始めたもののよくわからないままコインを放置したり、だらだらとなんとなく続けて現在にいたっていませんか?

そんな方のために今注目の取引所、Huobiがどんな会社でどんなメリット・デメリットがあるのか、どんな方に向いている会社なのかわかりやすく紹介します。

Huobiはどんな取引所?

Huobi(フォビ)はどんな取引所?

Huobiは、香港を拠点とし世界展開している仮想通貨の取引所です。Huobiの読み方は、「フオビ」と読みます。2017年に日本のSBIホールディングスと提携し一時有名となりました。しかし、2018年3月にこの業務提携は解消されています。

では、会社の詳しい情報を見ていきましょう。

Huobiの会社情報

Huobiの会社情報
Huobiは、2013年に中国北京で設立された取引所です。

CEOは李林(レオン・リ)という方がつとめており、テクノロジープラットフォーム、リスク管理システム、運用・顧客サービスなどを提供する世界有数の仮想通貨取引所になっています。

Huobiはアメリカのベンチャーキャピタルのセコイアキャピタルなどから出資をうけており、仮想通貨・ブロックチェーンの世界では知らない人がいないほどの大手企業になりました。

子会社であるHuobiLabは世界最先端の技術やノウハウを保有するために、ブロックチェーンに1,000億円以上の投資をした会社です。さらにこの子会社はユーザー数・取引量と世界トップ3に入ります。

日本の大手取引所BitTradeを買収

BitTrade(ビットトレード)
2018年9月18日にBitTradeがHuobiの資本を受けると発表しました。

Bittradeの株主で起業家のEric Cheng氏は以下のように述べています。

私たちは協力しながら、Huobi の世界的な足場、卓越した経営陣、進化したセキュリティシステムを活用して、Bit Trade を日本有数のポジションを持つ企業に成長させていきたいと思っています。Huobiのような名声の確立したブランドと長期の提携を締結することは、Bit Tradeにとって正しい方向にあります。私たちは長期の成長を見通しているからです。

出典:THE BRIDGE

Huobiは、BitTradeの買収で日本の認可の時間を待たずに日本の仮想通貨市場進出への大きな足がかりができたと見られています。

HuobiはBitTradeが日本の仮想通貨市場でナンバーワンの座を勝ち取るための成長を目指しており、100%Huobiの子会社となったBitTradeは、元のサービス等はそのままにHuobiのリスク管理システム等のノウハウを最大限に活かして、内部の管理体制を充実させていくとしています。

Huobiの2つの特徴

Huobiの特徴

Huobiには大きく2つの特徴があります。

ポイント

  1. アルトコインの種類が100種類以上!
  2. オリジナルトークンを発行

 

アルトコインの種類が100種類以上!

Huobiはアルトコインの種類が豊富
Huobiのアルトコインの取り扱い数は、イーサリアムやネムなど、100種類以上と豊富です。

日本国内にある仮想通貨取引所のアルトコインの取り扱いは、多くて13種類程度です。日本国内の取引所と比べると圧倒的に取引数が多いですが、日本円での取引はしていません。

海外の取引所は200種類近く取り扱っている会社もありますが、100種類以上の会社は多くはありません。

Huobiはオリジナルトークンを発行

Huobiのオリジナルトークン
Huobiはフォビトークン(HT)と呼ばれる独自トークンを発行しています。

トレーダーの中で取引所の独自トークンが注目されており、とくにフォビトークンの注目度は高く、発行時の時価から値が3倍にまで上がっています。

フォビトークン目的だけでHuobiを使用しているトレーダーもいるほどです。

3.Huobiの取引手数料は安い?高い?

Huobi(フォビ)の手数料

Huobiの取引手数料は一律で0.2%です。

これは、海外取引所の中では高い方です。しかし、独自トークンを使うと最大50%オフとなります。

また、出入金手数料は、仮想通貨の種類でそれぞれ異なります。ビットコインであれば0.001%、イーサリアムだと0.005%、中国版イーサリアムの送金は無料となっています。そのため使用する通貨は手数料を考える必要があります。

オリジナルトークンを使うことで手数料が割引に

取引手数料にフォビトークンを使うと、手数料が最大50%オフとなります。つまり、実質0.1%の取引手数料です。

0.1%であれば他取引所と比較しても高い手数料とは言えません。

Huobiを使うメリット

Huobi(フォビ)のメリット

Huobiを使うメリットはあるのでしょうか。

メリット

  • セキュリティ面で安心
  • 取引が活発
  • アルトコインが豊富

 

 

セキュリティ面で安心

Huobiのセキュリティ
Huobiのセキュリティは世界トップクラスの強固なセキュリティです。取引開始の際の本人確認はもちろん、ログインの時も毎回二段階認証をする必要があります。

コインチェックや、マウントゴックスなどの仮想通貨の流出事件が起こっている仮想通貨の世界で、セキュリティが強固である点は投資家にとって重要です。

Huobiは、海外の取引所では安全性が不安な方にも安心して使用可能な取引所です。

取引高が世界8位なので、取引が活発

Huobiは8位
Huobiは世界的にも取引が活発な取引所です。

1日の取引総額が、50億ドルを超えた日もあるほど。

取引量が多いため、流動性も高いです。流動性が高いと買いたいとき・売りたいときにスムーズに取引が成立するため、メリットとなります。

アルトコインが豊富かつ、トークンを使えば安く買える

Huobiはアルトコインの種類が豊富
アルトコインが100種類以上あり、アルトコインに力を入れている取引所です。これから値上がりする可能性のあるアルトコインを見つけ取引できます。

頭打ちしているビットコインは、これから何倍も値上がりする可能性は低いです。しかし、アルトコインであれば価格が何倍にもなるかもしれません

さらに、独自のトークンのフォビトークンを持っているので、フォビトークンを手数料に充当でき、手数料を安く抑えられます。

 デメリット

Huobi(フォビ)のデメリット

Huobiのデメリットは、日本円での購入ができない点です。

これは、海外取引所であればどこも同じですが、日本の取引所で購入した仮想通貨を送金して取引をおこなう必要があります。

Huobiの口コミ

Huobi(フォビ)の口コミ

Huobiの口コミを見てみると、セキュリティへの高い評価が見受けられます。

https://twitter.com/kasoutsuka_/status/1007829108363964417

一方でこんな口コミも……。

Huobiの取引方法

huobiでの取引方法

Huobiでは3つの取引方法が存在します。

取引所での売買、OTC、レバレッジ取引の3つです。

取引所での購入

huobiの取引所での売買
Huobiの取引方法は取引所での購入のみです。つまりユーザー同士で好きな金額を設定し、好きな金額で買う方法です。これを指値注文といいます。

もう一つ、取引所でも購入には成行注文があります。これはその時の最安値で購入・最高値で売却するものです。これは、どうしても購入したかったり売却したいが、よい値のものがない時に使用するものです。

Huobiでは、このユーザー同士の売買場所の提供はしていますが、販売所での売買はおこなっていません。

OTC

huobiでのOTC取引
OTCとは、取引所を介さずに、売り手と買い手が直接取引することをいいます。

売り手と買い手の間で数量や金額、決済方法まで決めます。Huobiが関与するのは、決済の時に使用する口座の提供と、売買目的の広告を公開する場所です。

決済の際の使用口座以外は、当事者間ですべておこなうため、手数料はすべて無料です。しかし、広告を出していたユーザーからは広告料を0.5%取引手数料として払う必要があるものです。

レバレッジ取引

Huobi(フォビ)のレバレッジ

Huobiではアルトコインもレバレッジ取引が可能です。さらに、アルトコイン現物を証拠金としてレバレッジ取引をおこなえるのが特徴的です。

Huobiでアルトコインのレバレッジ取引をおこなう時、必ずHuobiのレバレッジ口座に証拠金を入金しなくてはいけません。この入金額によって、借入れ可能金額が変わってきます。そして取引を終えたら、24時間で0.1%の利子がついてしまうので、利子込みで返済する必要があります。

Huobiのレバレッジ取引で一番の注意点は、取引を終えたら必ず通貨の返却までおこなわなくては利子が多く発生してしまう点です。

 Huobiのまとめ

エイダコインのまとめ

・Huobiは世界トップクラスの技術やノウハウを保有している
・Huobiのアルトコイン取引数が100以上ある
・Huobiはbitcoin以外のアルトコイン取引に力を入れている
・Huobi tokenと呼ばれる独自のtokenを持っている
・Huobi tokenは時価から3倍以上になっておりトレーダーの中で注目されている
・日本円での取引ができないため国内取引所で購入した仮想通貨を送金しなくてはならない

これらの点から、一度でも国内取引所で仮想通貨を購入した経験がある人はHuobiを始めやすいです。

英語が苦手でも日本語対応をしている安心感や、これから伸びる可能性があるアルトコインを多く取引可能なため、アルトコイン目的の投資をしやすい取引所です。

-取引所一覧

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.