仮想通貨とは!? 始める前に知っておくべき基礎知識

更新日:

仮想通貨の正体!始める前に知っておくべき基礎知識

仮想通貨の正体

仮想通貨というのは、その名の通り現実に存在する円やドルといった貨幣と違い、実態のない通貨です。
実在する円やドルと同様に、それが持つ価値によってモノの売買ができるだけでなく、仮想通貨を支えるテクノロジーにより、仮想通貨だからこそできる機能が存在します。

仮想通貨ができることやそれを支える仕組みを知ることで安全に仮想通貨を使えるようになりましょう。

仮想通貨は今の貨幣を超える!?

仮想通貨は今の通貨を超える

仮想通貨は、元来使われてきた貨幣(円やドルなど)と同様に使える機能があります。

それにより、現行の貨幣にとってかわって使うことができるのです。

支払機能

支払機能

その名の通り、モノやサービスの売買の際に使うことができます。

現状、仮想通貨による決済ができるお店やサイトは少ないものの、一部の大手企業ではもう使われています。

世界的大手企業でも仮想通貨決済を導入するという話を聞くほどです。

送金受信機能

送金受信機能

仮想通貨は、現行の貨幣と同様に送金ができることができます。

むしろ、現行の貨幣以上の送金受信機能を有しており、一部の銀行ではもう既に仮想通貨の技術を利用した送金システムを使っています。

 

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴

仮想通貨ができることは現行の貨幣と同じですが、もちろん現行の貨幣にはできない特徴が存在します。
だからこそ、仮想通貨はその価値を見込まれ、どんどんその価値を上げているのです。

手数料が安い

手数料が安い

現行の貨幣は、国が発行し、銀行が管理し、ユーザーが使うという3者によって成り立っています。

仮想通貨は、システムが発行し、ユーザーが管理しつつ使うので、2者で成り立っています。
このように、仮想通貨の方が1者関わるモノが少ないことで手数料が安く済むのです。

これは、海外送金の例を見るとわかりやすく、現行の貨幣では、約5000~8000円かかりますが、仮想通貨であれば、0~数百円で済んでしまうのです。

スピード

スピード手数料の安さの説明でも述べましたが、仮想通貨は管理者を介したやり取りをせずに済むことにより、やり取りのスピードが現行の貨幣より早いです。

また、仮想通貨のベースはインターネットであるため、やり取りのスピードは格段に速くなっています。

集金の匿名性

集金の匿名性

寄付やクラウドファンディングの際、銀行を使用するともちろんその銀行の口座を使用しますよね。

銀行の口座には個人情報が詰まっているため、出資者をさかのぼってその口座にたどり着くと、集金者の個人情報に行きついてしまう可能性が出てしまいます。

 

しかし、仮想通貨を利用して出資した場合、仮想通貨のウォレットから出資することになります。このウォレットは出資者が公言でもしない限り、出資者のものだとは分からないものになっています。

これにより、仮想通貨の匿名性は保証されている訳です。

仮想通貨の危険性

仮想通貨の危険性

仮想通貨は、現在進行形で未発展の技術です。

セキュリティの甘さやシステムの煩雑さなど正しく使うことができないと仮想通貨の危険性に飲まれてしまいます。

値動き

値動き仮想通貨は日本円や米ドル等と同様に値動きします。
しかし、未発展の領域であるがゆえに、世間の情勢に動かされやすくとてもその価値は不安定です。

1,000円で手に入れた仮想通貨が10円にも1,000,000円にもなりうると考えると仮想通貨を現行の貨幣のように使うことに不安を感じますね。

セキュリティ対策

セキュリティ対策

仮想通貨は、基本的に発行・管理主体がないことが特徴です。それによって、生まれるメリットが仮想通貨の持ち味ですが、逆にデメリットになる部分がもちろんあります。

それが、セキュリティ面です。

現行の通貨と違い発行・管理主体がないということは、自分自身で自分の仮想通貨は守らなければならないということです。

実際に仮想通貨を買うだけですと、ただ裸でお金を持っているのと同じです。

仮想通貨を始めるには、自分で自分の持っている仮想通貨を守る術を知りましょう。

仮想通貨の信頼性

仮想通貨の信頼性

前項で仮想通貨のセキュリティ面の危険性をお話ししましたが、自分の管理さえしっかりしていれば、安全性は保証されています。それは、発行・管理主体を必要としない仮想通貨を支える「ブロックチェーン」というシステムに秘密があります。

ブロックチェーン

この仕組みには2つの特徴があります。

  • ユーザーのネットワーク

ユーザーネットワーク仮想通貨のユーザーは、全員他のいくつかのユーザーとリンクしています。
それにより、ユーザーのネットワークが構築されているのです。
そのネットワークで仮想通貨取引の全てが記録されている台帳を共有することですべてのユーザーが取引を監視しています。

そのように取引を見張りあうことで不正の内容があっても全員に知られてしまうようになっています。

  • マイニング

マイニング

もちろん、不正の内容を知る前には取引台帳をチェックする必要があります。

仮想通貨の取引台帳は約10分間ごとに取引内容をまとめた「ブロック」が連ねられて作られています。(これが「ブロックチェーン」というシステムの名の由来ですね。)
このブロックを作りブロックチェーンにつなげていくことで取引の不正を見逃さないようになっています。

しかし、ブロックを作ることは誰でもできるのですが、ブロックチェーンにつなげるブロックは一つだけです。
その一つをつくることで報酬がもらえるため、ユーザーはこぞってブロックチェーンにつながるブロックを作ろうとします。

問題を解いて報酬という金脈を掘り当てることを目指すので「マイニング」と呼ばれています。

仮想通貨を手に入れる

仮想通貨を手に入れる

仮想通貨を手に入れるには、大きくわけて3つの手段があります。

  • 購入する
  • もらう
  • マイニングをする

基本的には、仮想通貨を始めるときは購入するのが一般的です。購入する際は、取引所や販売所で購入します。

coincheck、bitflyer、Zaifなど耳にしたことがあるでしょうか?仮想通貨を購入する際には販売所、取引所を利用します。

取引所

取引所取引所とは、仮想通貨を買いたい人・売りたい人が集まって売買をする場所のことです。売りたい人と買いたい人のマッチング会場のような感じです。

販売所よりも即時性はないものの手数料が安く済むため、とにかく安く仮想通貨を手に入れたいというときに利用しましょう。

Zaif

ビットバンク

上記の二つをおすすめしています。

それ以外の主要な取引所ではビットコイン以外の仮想通貨をほとんど取り扱っていないのですが、この二つの取引所ではビットコイン以外の仮想通貨も扱っています。

販売所販売所

販売所とは、販売所が所有している仮想通貨を買う場所です。仮想通貨の売店のようなイメージです。

取引所と違いは逆で、すぐに買うことができますが、手数料が高いです。なるべく早く買いたい人におすすめです。

おすすめの販売所は、coincheckです。他の販売所よりも多く、仮想通貨を扱っています。
しかし、coincheckでは2018年1月にセキュリティの甘さから仮想通貨が盗まれる事件がありました。
その後の対応から販売所として復帰はしていますが、利用の際には自己管理を徹底し、自分の仮想通貨は自分で守る必要があります。

セキュリティ面を考えますと、sqreenというセキュリティに関する事業を行う会社の調査で世界一に選ばれたbitflyerが良いです。

仮想通貨の所有

仮想通貨の保管

仮想通貨を手に入れた後、そのまま取引所や販売所にそのまま保管してはいけません。取引所や販売所へのハッキングや倒産などのリスクがあるため、自己管理が基本です。

そういった際に利用するのが「ウォレット」というサービスです。仮想通貨をしまっておく財布のようなイメージのものです。

ウォレットと一口で言っても、いくつか種類があります。

  • ウェブウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

どれもメリット、デメリットがはっきりしているため、自分の目的にあったウォレットを選ぶようにしましょう。

仮想通貨の将来

仮想通貨の将来

仮想通貨はまだまだ発展途中のサービスです。
今のうちに始めるメリットがとても大きい分、情報不足、価値の不安定性などで大きく損をしてしまう可能性も高いです。
これから仮想通貨を始めるのであれば、情報収集やリスク分散などの対策を怠るべきではないです。

そうすることで、あなたは仮想通貨の恩恵を受けることができます。

-仮想通貨の基礎

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.