【初の金融庁認可】マッチョなエリート集団が作ったLiquidとは?

更新日:

Liquid(リキッド・旧QUOINEX)は、仮想通貨交換業者として日本で初めて金融庁の認可を受けた取引所です。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
どういうこと?
仮想通貨を扱う業者として、国に認められたということよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

Liquidを運営するQUOINE社は、金融IT技術の知識に優れた経営チームで構成され、高いセキュリティに定評があります。

また唯一国内で扱う独自の通貨QASHも取り扱っています。

この記事でわかること

  • Liquid(旧QUOINEX)の会社情報と特徴、口コミ
  • Liquidのメリット・デメリット
  • Liquidの口座開設方法

Liquidとは?運営会社は信頼できる?

liquid(旧quoinex)の説明

 

QUOINE社が運営する仮想通貨取引プラットフォームLiquid(リキッド)

正式名称はLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)です。

もともとQUOINEX(コインエクスチェンジ)という名称の取引所でしたが、2018年9月5日にリニューアルしました。

QUOINEXからliquidに変わった

引用:旧QUOINEXサイト

仮想通貨とは?
最近リニューアルしたんだね!
運営会社QUOINE栢森(かやもり)CEOがリニューアルを知らせる動画を公開しているわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

Liquidの基本情報を一覧にまとめました。

取引所名Liquid
運営会社QUOINE
取引所/販売所取引所のみ
取引形態現物取引/差金決済取引(レバレッジ取引)
取り扱い通貨ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、キャッシュ(QASH)
取り扱い通貨ペア52種類
取引手数料無料
入金手数料無料(銀行手数料のみ)
出金手数料現金:500円
※仮想通貨:無料
アプリあり(Android.iOS)

差金決済取引とは

取引ごとに仮想通貨(現物)の受け渡しがあるわけではなく、仮想通貨を売買した差額の現金のみを決済時に受け渡す決済方法。レバレッジ取引ともいう。

金融とIT技術、合計250年分の経験を持つ経営メンバー

qashquoine経営メンバー

引用:栢森CEOブログ

QUOINE社は、2014年に設立されたグローバルフィンテック企業です。

代表は、ブロックチェーンとデジタル通貨の可能性を強く感じたCEOの栢森 加里矢(かやもりかりや・通称 マイク栢森)氏です。

CPO(チーフ・プロデュース・オフィサー)のマリオ・ゴメス・ロザーダ氏とともに共同設立しました。

QASH QUOINE栢森マリオ

引用:QUOINE公式サイト

NEM(ネム)で稼ぐ方法
グローバルフィンテック企業?
金融IT技術を使って世界に通用するサービスを展開しているのね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

経営メンバーはとくに優秀で、金融IT技術の分野で合計250年相当の経験を持つ国際的レベルのチームと自称しています。

以下のような一流企業を経験したメンバーが揃っています。

金融機関ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、クレディ・スイス、シティグループ、バークレイズ など

インターネットおよび技術ソフトバンクグループ株式会社、サムスン、シンガポール・テレコム、BSB など

仮想通貨とは?
見た目も中身もマッチョな人たちだね。
まさにエリート集団ね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
社名QUOINE株式会社
設立2014年11月
代表者名栢森 加里矢
所在地東京都中央区京橋2-2-1
資本金20億円
登録番号関東財務局長 第00002号(仮想通貨交換業)

2014年の開設以来、ハッキング被害はゼロ

liquidハッキングゼロ

仮想通貨取引所は、日々ハッカーとの闘いです。

1日に何万回、何十万回と受けるハッキング攻撃をブロックしなければなりません。

QUOINE社が運営するLiquidは、2014年にQUOINEXとして開設して以来1度もハッキングによる被害を受けていません

金融IT技術合計250年分の経験値を持ち、法律を守り、安心・安全な取引所を目指すだからこそQUOINE社実現できています。

これが実現できている理由は、メリットのパートでお伝えします。

Liquid取引所の口コミは?

liquid・旧quoinexツイッターユーザー

実際にLiquidを使うユーザーの声をTwitterから抜粋しました。

使いやすいという声が挙がっています。

一方でこんな声も・・・。

システムメンテナンスのタイミングの悪さに関する不満のツイートはいくつか見受けられました。

Liquidを利用する6つのメリットとは?

liquid(旧QUOINEX)のメリット

数ある取引所の中で、Liquidを使うメリットをまとめました。

Liquidを利用する6つのメリット

・取り扱う通貨、通貨ペアが豊富、日本で唯一QASHが買える

・各種手数料が安い

・最大25倍のレバレッジ取引ができる

・安心、安全のセキュリティ

・リニューアルして便利になったアプリ

・キャンペーンを実施 

取り扱う通貨、通貨ペアが豊富、日本で唯一QASHが買える

liquid(旧QUOINEX)仮想通貨5種Liquidは通貨ペアが全52通りと国内で最も多い取引所です。

通貨ペア

売買する通貨の組み合わせ。「BTC/JPY」のように/で区切ってペアを表現します。

その理由に9種類の法定通貨を扱っていることが挙げられます。

日本円(JPY)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、豪ドル(AUD)、シンガポールドル(SGD)、香港ドル(HKD)、人民元(CNY)、インドネシアルピア(IDR)、フィリピンペソ(PHP)

仮想通貨とは?
他社は多くても10ちょっとだから、圧倒的に多いね。
Liquidはもともと世界中の取引をまとめる構想があるの。扱う通貨ペアを増やせば世界中のユーザーが増えるから、通貨の流動性がよくなって価格が安定するメリットがあるわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

一方で仮想通貨の取り扱いは全5種です。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、キャッシュ(QASH) 

キャッシュ(QASH)唯一Liquidだけが扱う仮想通貨(トークン)で、QUOINE社資金調達をするために発行されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

QASH・キャッシュ
【QASH/キャッシュ】金融庁認可の取引所が作った仮想通貨とは?

QASH(キャッシュ)は、仮想通貨のプラットフォームLiquid(リキッド)を運営するQUOINE(コイン)社が発行する仮想通貨(トークン)です。 ちょっと待って、いきなり横文字だらけでę ...

続きを見る

法定通貨仮想通貨それぞれから主要な組み合わせをとって52種の通貨ペアを取り扱います。

ビットコイン建てでは「イーサリアム/ビットコイン」、「キャッシュ/ビットコイン」2種の取引ができます。

取り引きが多い人に嬉しい、取引手数料が0円

liquid旧quoinex取引手数料無料

Liquidは、取引手数料がすべて無料です。

リキッド・旧QUOINEXの手数料

引用:Liquidサイト 手数料一覧

ベース通貨ペア(基本とされる通貨ペア)のBTC/JPY、それ以外の(ノンベース)通貨ペアのいずれも無料です。

項目が分かれている理由は、もともとベース通貨ペアのみが無料だったためですが、いまはすべて無料です。

ポジション料とは

差金決済取引(レバレッジ取引)の際、その日のうちに決済せず翌日に持ち越した場合にかかる手数料です。
仮想通貨とは?
すべての通貨の取引手数料が無料なんだね!
頻繁に取引する人にはありがたいわね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

取り扱い通貨と手数料について、主要他社との比較表です。

取引所取引形態取り扱い通貨取引手数料出金手数料(円)出金手数料(BTC)
Liquid取引所のみ5種(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、キャッシュ(QASH))無料500円
※別途銀行手数料
無料
BITPoint取引所のみ5種(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル)無料無料
※別途銀行手数料
無料
bitbank取引所のみ6種(ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナーコイン、ビットコインキャッシュ)無料(2019年1月4日まで)540円(3万円未満)
756円(3万円以上)
0.001 BTC
DMM Bitcoin販売所のみ7種(ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュ)
※現物はビットコイン、イーサリアムのみ
無料無料無料
GMOコイン販売所/取引所販売所5種(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル)
取引所1種(ビットコイン)
販売所:無料
取引所:一部0.01%
無料無料
仮想通貨とは?
取引手数料はほとんどが無料だね。
そうね、取引においてはキャッシュ(QASH)唯一日本円で買えるのがLiquidのメリットね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

最大25倍のレバレッジ取引、倍率は選べる

liquid旧quoinexレバレッジ25倍

レバレッジ取引は、投資資金の数倍~数十倍の金額の取引を可能にする仕組みです。

Liquid最大25倍5段階(2倍、4倍、5倍、10倍、25倍)のレバレッジが利用できます。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
レバレッジ?25倍?
レバレッジはてこの意味があるわ。てこの原理のように、少ない資金で大きな取引ができるという意味よ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

以下図のように手持ち資金が100万円だとしてレバレッジ10倍を利用すると、1000万円分の取引ができます。

仮に、購入した仮想通貨の価格が上がって売却した場合は、売却益も10倍となります。

liquidQUOINEレバレッジ

参考:Liquidヘルプサイト

レバレッジ取引ができる仮想通貨 

日本円レバレッジ取引ができる仮想通貨は、ビットコインイーサリアムリップルの3種類です。

liquid・旧QUOINEXのレバレッジ可能な通貨

参考:Liquidヘルプサイト

レバレッジについて、主要他社との比較表です。

取引所レバレッジ取引倍率対応通貨(日本円建て)
Liquid〇(現物取引のみ)最大25倍(2倍、4倍、5倍、10倍、25倍)3種(ビットコイン、イーサリアム、リップル)
BITPoint〇(現物取引、FX取引)最大25倍(2倍、5倍、10倍、25倍)1種(ビットコイン)
bitbank〇(FX取引のみ)最大20倍1種(ビットコイン/ドルのみ ※日本円なし)
DMM Bitcoin〇(FX取引のみ)5倍7種(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュ)
GMOコイン〇(FX取引のみ)最大10倍(ビットコイン10倍、アルトコイン5倍)5種(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)
仮想通貨とは?
LiquidBITPointが最大の25倍なんだね。
最大倍率かつイーサリアムリップルレバレッジ取引ができるのはLiquidだけね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

安心・安全のセキュリティ

liquid旧quoinexセキュリティ

Liquidのセキュリティを裏付けるポイント

・2014年の開設以来ハッキングによる被害を受けていない

・すべての資産をコールドウォレットで保管している

・マルチシグ対応 

・2段階認証 

過去一度もハッキングによる被害を受けていない

QASHセキュリティ

引用:Liquidサイト

Liquidは2014年に開設されてからこれまで1度もハッキング事件を起こしたことがありません

すべての資産をコールドウォレットで保管している

liquid旧quoinexコールドウォレット

その大きな要因として、ユーザーの仮想通貨を100%コールドウォレットで管理していることが挙げられます。

ウォレットとは仮想通貨を保管する場所です。

コールドウォレットは、インターネットに繋がらない状態で保管できるウォレットです。

ホットウォレット:インターネットに繋がっていていて、いつでも入送金ができる状態で保管。

コールドウォレット:インターネットに繋がっておらず、送金に必要な秘密鍵(パスワード)オフラインで保管。

アルトコインはどこで入手する?
ネットに繋がっていたら常に危険と隣り合わせだよね。
そうね。でもいつでも入出金できる便利さはあるわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

コインチェックZaifがハッキング被害を受けた際、ユーザーの仮想通貨の一部をホットウォレットで保管していました。

一部の資産はコールドウォレットで保管していましたが、ホットウォレットで保管していた資産を狙われてしまったのです。

Liquidはすべての資産をコールドウォレットで保管しているため、このようなリスクはなく安心して使うことができます。

マルチシグ対応

liquid旧quoinexマルチシグ

仮想通貨を送金する際に、公開鍵秘密鍵の2つの鍵が必要になります。

公開鍵=銀行口座番号秘密鍵=パスワード と例える分かりやすいでしょう。

何者かに口座番号を知られるだけではお金は引き出されませんが、パスワードも知られたらお金が引き出されてしまいます。

このパスワードを3つ設定し、そのうち2つが正しければ口座にアクセスできるのがマルチシグ(マルチ・シグネチャ)の仕組みです。

秘密鍵複数設定することにより、仮想通貨が盗まれる可能性を下げ、セキュリティを強化しています。

Liquidでは、ビットコインビットコインキャッシュマルチシグ対応となっています。

2段階認証

liquid旧quoinex2段階認証

2段階認証は、ログインパスワードに加えて6桁の認証コードによる確認を行うことで、セキュリティを強化する仕組みです。

ほとんどの取引所で対応していますが、Liquidでは2段階認証の設定が必須となっていて、設定が行われていないと取引ができません。

初心者にも分かりやすくて便利なアプリ

liquid旧quoinexアプリ

Liquidの取引画面は高機能な反面、初心者には難しくどちらかというと中上級者向けです。

その一方で現在提供されているアプリ「Liquid by Quoineライト版」は、初心者にも使いやすい仕様になりました。

初めて仮想通貨を買う初心者の方は、アプリで取引するとよいでしょう。

qashliquidアプリ

仮想通貨とは?
どこかで見たことあるような画面。
bitFlyerの管理画面に似ていると言われているわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
ビットフライヤーは国内最大の仮想通貨取引所
人気NO.1!ビットフライヤーで初心者が簡単に取引を始められたワケ

日本で最も人気のある仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー) bitFlyer(ビットフライヤー)とは、日本で最も人気のある仮想通貨取引所です。 ヨーロッパ進出やリスク₍LISK₎上場な ...

続きを見る

<新規・既存も>QASHキャッシュバックキャンペーンを実施

Liquidではキャンペーンを実施しています。

新規の口座開設者だけでなく、既存ユーザーも対象としています。

 

新規で口座開設する人向け

liquid旧quoinex新規キャンペーン

<最大2万3千円相当QASH(キャッシュ)バックキャンペーン!>

キャンペーン内容:
新規口座開設の申し込みをし、申し込みの日から30日以内に、次の条件のいずれか又は複数を達成された場合、達成条件ごとに以下の数量のQASHがもらえる。
①口座開設の完了 → 120QASH(3,000円相当*)
②日本円で5万円以上の入金 → 400QASH(10,000円相当*)
③日本円換算で50万円以上の仮想通貨の売買 → 400QASH(10,000円相当*)
*2018/10/8現在、QASHトークン最終取引価格の近似値で設定

キャンペーン期間:2018年10月17日(水)〜2018年11月16日(金)

すでにLiquidの口座を持っている人向け

liquid・旧quoinex既存ユーザー

<最大2万円相当QASH(キャッシュ)バックキャンペーン!>

キャンペーン内容:
キャンペーン期間内に、次の条件のいずれか又は複数を達成された場合、達成条件ごとに以下の数量のQASHがもらえる。
①日本円で5万円以上の入金 → 400QASH(10,000円相当*)
②日本円換算で50万円以上の仮想通貨の売買 → 400QASH(10,000円相当*)
*2018/10/8現在、QASHトークン最終取引価格の近似値で設定

キャンペーン期間:2018年10月19日(金)〜2018年11月16日(金)

イーサリアムの将来性
400QASHは太っ腹だね!
そうね、Liquidの活性化に力を入れてることが分かるわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
仮想通貨とは?
ユーザーが増えて、取引が活発になれば、Liquidの価値が上がるかもね。
そうね。QASHの価値も上がるかもしれないわ。タダでもらえるのだから損はなさそうね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

Liquidを使う際に少し不便に感じるデメリット

liquid旧quoinexデメリット

中上級者向けの取引画面

quoine管理画面

Liquidの取引画面は高機能ですが、やや複雑でカスタマイズが必要なことから初心者には使いづらいです。

本人確認に時間がかかる

liquid旧quoinex本人確認書類

Liquidで実際に取引をするには、口座登録→本人確認のステップが必要です。

Liquidは口座開設後、本人確認までに少し時間がかかります。

実際に登録をしたところ、登録の4日後にハガキが届きました。

それから2日後に本人確認が完了し、取引ができるようになりました。

居住地域や混雑状況にもよりますが、目安として口座登録~利用開始までに4日~6日(土日を除く)程度見ておくとよいでしょう。

※口座登録後3日~4日でハガキ着、ハガキ受け取り後1日~2日で取引開始

入出金のスピードが遅い

liquid旧quoinex入出金スピード

Liquidは仮想通貨などの資産の100%コールドウォレットでの保管をしています。

そのため入出金のたびにホットウォレットに入庫する必要があり、入出金対応に時間がかかるのがデメリットです。

https://twitter.com/JP_VirtualC/status/1024618728292372481

ツイッターの口コミでは、入金速度は改善が見られているようです。

Liquidの口座開設<4ステップ>

liquid旧quoinex口座開設

Liquidでは口座開設して、入金取引ができるようになるために以下の4つのステップが必要です。

1.口座登録

2.2段階認証設定

3.本人確認書類アップロード

4.審査完了通知ハガキ受け取り

Liquidでは口座開設の方法をYouTubeで詳しく紹介しています。

動画の通りに進めると簡単に登録できます。

忙しくて動画を見ることができない方のために、動画の切り抜きで手順を追っていきましょう。

ステップ1、2<口座開設、2段階認証設定>

以下、切り抜き画面です。

liquid旧quoine登録1

Liquidのサイトから新規登録のページに推移します。

liquid旧quoinex開設2

個人情報などの必要情報を入力します。

liquid旧quoinex開設2

必要事項の登録が完了すると

liquid旧quoinex開設3

本登録案内メールが届きます。

liquid・旧QUOINEX口座開設

リンクをクリックしてログインします。

liquid旧quoinex口座開設

必須となるセキュリティ対策の二段階認証設定を行います。

liquid旧quoinex口座開設

2段階認証に必要となる、Googleのアプリをインストールします。

liquid旧quoinex口座開設

アプリに表示される6桁の数字を入力し、2段階認証を有効にします。

liquid旧quoinex口座開設

2段階認証が認証済みになれば設定完了です。

ステップ3、4<本人確認書類アップロード、査完了通知ハガキ受け取り>

次いで、本人確認書類のアップロードになります。

本人確認書類は以下のいずれかが必要です。

スマートフォンなどで撮った書類画像をアップロードします。

  • 運転免許証 →表裏の両面
  • パスポート →顔写真生年月日が記載されているページ、および、所持人(住所記載)のページ
  • 住民基本台帳カード →表裏の両面
  • 在留カード →表裏の両面

liquid旧quoinex口座開設

プロフィールページで、口座審査状況が書類提出前となっていることを確認。

liquid旧quoinex口座開設

本人確認書類をアップロードします。

liquid旧quoinex開設

アップロードが完了すると、個人認証のステータスが書類審査中となります。

liquid旧quoinex開設

審査が完了すると審査完了通知ハガキが送られます。

簡易書留のため、自宅で直接受け取る必要があります。

liquidquoinexハガキ

実際に届いたハガキがこちらです。

liquid旧quoinex口座開設

ハガキ到着から約2日で口座審査状況のステータスが認証済となり、入金、取引ができるようになります。

Liquidまとめ

liquid旧quoinexまとめ

・国内で初めて金融庁に認められた取引所

・金融とIT技術250年分の経験を持つQUOINE社が運営

2014年の開設以来、ハッキングによる被害はゼロ

・取り扱う仮想通貨は5種、法定通貨は9種、通貨ペアは52種

・国内で唯一キャッシュ(QASH)を扱い、日本円で購入できる 

・取引手数料はすべて0円

・国内最大の25倍でのレバレッジが可能

・資産のすべてをコールドウォレットで保管する高いセキュリティ

・リニューアルして使いやすくなったアプリ

・管理画面は中上級者向け、本人確認に時間がかかる、入出金速度は遅め

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

いかがでしょうか。

この記事がLiquidでの口座開設取り引きをする際の参考になれば幸いです。

-取引所一覧

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.