Liquid by Quoine(リキッド)手数料、何にいくらかかる?【図解付き】

更新日:

liquid手数料
悩む男性

Liquidの手数料って何がある? 
Liquidの手数料っていくら? 

こんな疑問を解決する記事になっています。

「Liquidの手数料は、Liquidのサイトで見ればよくない?」

そう思った人、おっしゃる通りです。

Liquidの手数料一覧をLiquidサイトから抜粋しました。

liquidの手数料

出典:Liquid 手数料一覧

この一覧でを見て、疑問が解決した人はこれ以上読み進める必要はありません。

一方で「分からない用語がある、もう少し詳しく知りたい」という人は、ぜひ記事を読み進めてみてください。

この記事でわかること

  • Liquid取引所の概要
  • Liquidの手数料の種類や金額
  • 他社手数料との比較

Liquid(リキッド)はどんな取引所?

liquidはどんな取引所?

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン、通称リキッド)を運営するQUOINE社は、金融とIT技術の知識に優れた経営チームで構成され、高いセキュリティに定評があります。

また、唯一国内で扱う独自の仮想通貨Liquid Coin(旧QASH)も取り扱っています。

Liquidは以下の特徴があります。

  • 取り扱う通貨、通貨ペアが豊富
  • 各種手数料が安い
  • 最大25倍のレバレッジ取引ができる
  • 安心、安全のセキュリティ
  • アプリが使いやすい
  • 取引形態は取引所のみ

この記事では特徴にもある各種手数料についててまとめています。

詳しく知りたい人は以下のページもチェックしてみてください。

liquid(quoinex)
【初の金融庁認可】マッチョなエリート集団が作ったLiquidとは?
Liquid(リキッド・旧QUOINEX)は、仮想通貨交換業者として日本で初めて金融庁の認可を受けた取引所です。独自のトークンQASH(キャッシュ)を含む5種類の仮想通貨を扱っています。

続きを見る

Liquid(リキッド)の手数料は何がある?

liquid手数料種類

まずはLiquidの手数料には何があるのかをチェックしていきましょう。

取引所の手数料は以下の2種類に分けられます。

  1. 仮想通貨取引をするときにかかる手数料 
  2. 仮想通貨取引以外にかかる手数料 

それぞれの手数料をまとめました。

1.実際に取引をするときにかかる手数料
・取引手数料(現物取引/レバレッジ取引)
・ポジション手数料(レバレッジ取引)
・ロスカット手数料(レバレッジ取引)

2.取引以外にかかる手数料
・入金手数料
・出金手数料
・仮想通貨誤入金手数料

以下で取引の流れを図解しました。

liquidの手数料

取引のたびにかかるのが取引手数料だね。
そうなの。特に重視したいポイントね。
女性

Liquid(リキッド)の取引手数料

liquid取引手数料

取引手数料は、その名の通り仮想通貨取引の際にかかる手数料です。

結論からお伝えすると、Liquidの取引手数料はすべて無料です。

Liquidの取引方法は2種類です。

【現物取引】 
仮想通貨の現物を売買します。持っている資金分だけ買うことができ、売るタイミングも自由です。
最悪のケースは買った仮想通貨の価値が0円になった場合で、資金が0円になります。

【レバレッジ取引】 
持っている資金の数倍~数十倍の金額での取引ができ、現物取引に比べ大きな利益が出せます。
実際に現物の取引はなく、売買で得た差額のみを受け取ります。(差金決済取引とも言われます)
元手資金を超える損失を被るリスクもあるため、初心者にはオススメできません。Lquidのレバレッジ取引の最大倍率は25倍です。

取引できる通貨と合わせて、それぞれ見ていきましょう。

現物取引の取引手数料

Liquidは5種類の仮想通貨の現物取引ができます。

現物取引手数料はすべて無料です。

通貨名取引手数料(すべての通貨ペア)
ビットコイン(BTC)無料
イーサリアム(ETH)無料
リップル(XRP)無料
ビットコインキャッシュ(BCH)無料
キャッシュ(QASH)無料

Liquidは通貨ペアが多いことも特徴のひとつです。

通貨ペア

売買する通貨の組み合わせ。「BTC/JPY」のように/で区切ってペアを表現します。

その数は全52種類で、そのすべての通貨ペアで無料です。

レバレッジ取引の取引手数料

Liquidは3種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができます。

取引手数料はすべて無料です。

通貨名取引手数料(すべての通貨ペア)
ビットコイン(BTC)無料
リップル(XRP)無料
イーサリアム(ETH)無料

レバレッジ取引のその他手数料

レバレッジ取引をする場合、取引手数料以外に以下の手数料がかかる場合があります。

  • ポジション料
  • ロスカット手数料

それぞれ見ていきましょう。

ポジション料

レバレッジ取引での決済前の状態(買いまたは売りの状態)をポジションと呼びますが、ポジションを翌日に持ち越すと手数料がかかります。

これをポジション料と呼びます。

ポジションにはロングポジション(買いから入る)とショートポジション(売りから入る)があります。

詳しくはLiquidのサイトをチェックしてみてください。

ポジション料は、ポジションを翌日に持ち越すごとにかかってきます。

通貨名ポジション料(すべての通貨ペア)
ビットコイン(BTC)0.025% / 日
リップル(XRP)0.025% / 日
イーサリアム(ETH)0.025% / 日

例えば3BTC(1BTC=40万円)を10日間ロングポジション取っていた場合、

1日あたりかかるポジション料は120万円×0.025%=300円。

10日間持ち越すと、3,000円のポジション料がかかってきます。

男性
バカにならない金額だね。
そうなの、レバレッジで長期保有する場合はポジション料も考慮したいね。
女性

ロスカット手数料

ロスカットは以下のルールです。

保有ポジションの損失額が一定水準に達すると強制的に決済されるルールの事を指します。

Liquidでは証拠金維持率が120%を下回ると、それを知らせるメールが届き、110%を下回ると損失の多いポジションからロスカットが執行されます。(出典:Liquid ロスカットとは何ですか?

強制決済された際、約定金額の0.2%がロスカット手数料がかかります。

Liquid(リキッド)の入出金手数料

liquid入出金

入出金手数料は、文字通り入出金時にかかる手数料です。

2種類の通貨でそれぞれ設定されています。

  • 法定通貨(日本円 など)
  • 仮想通貨

法定通貨(日本円)の入出金

法定通貨の入金手数料は無料出金手数料は500円です。

入金方法は基本的に銀行振り込みとなるため、別途銀行に支払う振込手数料がかかってきます。

法定通貨(日本円 など )手数料
入金手数料無料(銀行への振込手数料のみ負担)
出金手数料500円

一例として三井住友銀行の振込手数料は以下です。

三井住友銀行の振込手数料
3万円以下の振込にかかる手数料:216円
3万円以上の振込にかかる手数料:432円

男性
頻繁に出金するとなると手数料も馬鹿にならないね。
そうね。運用資金として一定期間は入れておくべきだと思うわ。
女性

仮想通貨の入出金

仮想通貨の入出金はいずれも無料です。

仮想通貨手数料
入金手数料無料
出金手数料無料
仮想通貨誤入金回復手数料入金数量の10%
処理手数料 : 500QASH

仮想通貨誤入金回復手数料は、Liquidの口座に誤って入金された仮想通貨を送付元口座に戻す手数料です。

入金数量の10%に加えて500QASH(Liquid Coin)がかかるため、それなりにかかってきます。

Liquid口座から送金した場合は戻せないので注意が必要です。

他社取引所との手数料比較

他社取引所の手数料比較

Liquid以外の取引所との比較表です。

取引所取引形態取り扱い通貨取引手数料出金手数料(円)出金手数料(BTC)
Liquid取引所のみ5種(BTC、ETH、BCH、XRP、LQC)無料500円
※別途銀行手数料
無料
BITPoint取引所のみ5種(BTC、BCH、ETH、LTC、XRP)無料無料
※別途銀行手数料
無料
bitbank取引所のみ6種(BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、BCH)メイカー:-0.05%
テイカー:0.15%
540円(3万円未満)
756円(3万円以上)
0.001 BTC
DMM Bitcoin販売所のみ現物2種(BTC、ETH)
レバレッジ7種(BTC、ETH、NEM、XRP、LTC、ETC、BCH)
無料無料無料
GMOコイン販売所/取引所販売所、取引所いずれも5種(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP)販売所:無料
取引所:一部0.01%
無料無料

取り扱う通貨数取引手数料だけで考慮するとLiquidBITPointがオススメと言えます。

Liquid(リキッド)手数料のまとめ

liquid手数料

最後にLiquidの手数料を公式サイトから再度引用します。

liquidの手数料

出典:Liquid 手数料一覧

最初に見た時よりもイメージしやすくなったでしょうか。

知識として覚えようとすると、なかなか頭に入らないですよね。

少額でも実際に利用してみると、知識としても定着するかもしれません。

この記事がお役に立てばうれしい限りです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
売却:-0.05%、購入:0.15%出金:540円~756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-取引所一覧
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.