実用重視の仮想通貨ライトコイン!高騰するチャンスはあるのか?

ライトコイン

時価総額第5位のライトコインはビットコインの欠点を補う?

ライトコインはビットコインを除くと、最も古い仮想通貨です。

2011年10月に元Googleエンジニアのチャーリー・リーという中国人がビットコインの欠点を補う仮想通貨というコンセプトで開発しました。

ビットコインの欠点を補うといっても、ビットコインにとって代わる仮想通貨を開発しようとしている訳ではありません。

ビットコインの利点欠点とライトコインの利点欠点の住み分けをすることで、ビットコインとライトコインの二つの仮想通貨の台頭を理想としています。

日本クリプトコイン協会ではこのような動画でライトコインを紹介しています。

実用性に特化した最新技術を実装開始

ライトコインが補填するビットコインの最大の欠点は「送金時間の遅さ」です。

ビットコインのブロック生成時間は10分です。

10分という送金時間は既存の金融機関に比べたら早いですが、ストレスレスな送金時間かどうかを考えると少し長いです。

それに比べ、ライトコインのブロック生成時間は2.5分です。

ブロック生成時間を4分の1に設定することで送金時間も4分の1になります。

また、ビットコインの送金時間の問題はブロック生成時間だけでなく、ユーザーの増加により送金データの処理が追い付かなくなっていることです。

これにより、ビットコインは基礎スペックでは10分の送金時間が何十時間にも伸びてしまったことがあります。こちらの記事で紹介されているスケーラビリティ問題ですね。

ビットコインとは?仮想通貨の概念を変えたはじまりの通貨

スケーラビリティ問題が起きてしまうと、送金時間が伸びてしまうだけでなく手数料が高騰してしまい、より実用的ではなくなってしまいます。

ライトコインではこのような送金データの処理速度を上げるためにsegwitとライトニングネットワークという仕組みを実装可能にしました。

この2つの仕組みにより、送金時間の短縮・手数料削減が期待されます。

Segwit

Segwitとは、Segregated Witnessの略称です。日本語で訳すと「署名の分離」となります。

簡単に言うと、ブロックチェーンの1ブロック内の署名データを別の領域に格納することで取引のデータを保存できる容量を増やすというものです。

これにより、取引データを処理する力が上がるため、ユーザーの増加にデータ処理能力が追い付かなくなってしまうことが起きにくくなります。

多くの仮想通貨が抱えるスケーラビリティ問題を解決するSegwitですが、導入には大きな障壁がありほとんどの仮想通貨が導入できていません。

その中でライトコインが世界初のSegwit実装導入を果たしたのです。

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークは、簡単に言うとブロックチェーン外で取引データを最適化し最低限のデータをブロック内に格納するという仕組みです。

ブロック内の取引データの無駄をなくすことでユーザーの増加に伴う被処理データが削減され、スケーラビリティ問題の解決ができます。

ライトニングネットワークの実装には前述のSegwitが導入することが必須です。

Segwitの導入自体が難しいのでそもそもライトニングネットワークを実装できる仮想通貨がほとんどありません。

その中でライトコインはライトニングネットワークの試験的運用に成功しています。

このようにどの仮想通貨も目指しているSegwitライトニングネットワークの実装に一番近いのがライトコインなのです。

期待されたサービスは真っ赤なウソ

ライトコインは送金スピードや手数料の安さなど、ビットコインよりも実用的なスペックは持っています。

しかし、決済手段としてライトコインを採用しているところは少ないです。

そのため、いくら実用的なスペックはあっても実際に実用はできません。

そこで期待されていたのが「LITE PAY」と呼ばれるサービスです。

LITE PAY

Litepayはライトコインを利用した決済サービスです。

VISAと提携することで世界中のVISA加盟店でライトコインを使った決済が可能になるのです。

Litepayは4つのメリットをうたっています。

  • 安い手数料
  • 即時の送金システム
  • VISAと提携
  • リスク管理

このLitepayが実用化すれば、ライトコインが真に実用的な仮想通貨となるのです。

Litepay消滅!?

上記のようにLitepayはライトコインの未来を支えるサービスとして絶大な期待を集めていましたが、2018年3月26日突然、開発中止となりました。

Litepayを開発していたLitepay社は、ライトコインの開発に携わるライトコイン財団とは別団体ではありますが、ライトコイン自体への期待も大きく損なってしまいました。

ライトコイン財団もLitepayにライトコインの実用化への道を感じていたことから、この事件でライトコインの真の実用化への道は振り出しに戻ってしまいました。

ライトコインに明日はあるのか?

Litepay事件によって大きく将来性を失ってしまったライトコインですが、まだ期待を失うには早いです。

他の仮想通貨にはない技術的な強みを持っているうえに、そこに期待を寄せて新たなサービスが生まれる見込みがあります。

アトミックスワップ

ライトコインには実用的な送金の他にある特徴的な機能があります。

それはアトミックスワップという仕組みです。

これは、異なる仮想通貨同士の仲介無しの取引を可能にするサービスです。

通常、仲介無しに取引をしようとすると、取引相手に通貨を渡しても持ち逃げされてしまうリスクがあります。

なので、そのようなリスクを防ぐために仲介者を立てて取引の信用を担保します。

しかし、仲介者を立ててしまうと、手数料・時間がかかってしまい、ライトコインが目指す実用化から離れてしまいます。

そこで、ブロックチェーンと暗号鍵を利用して取引者同士が送金を完了すると着金されるルールを作り、第三者が仲介者とならなくても個人間で取引ができるようにしました。

これがアトミックスワップです。

この仕組みはライトコインの他にビットコインを含めた5つの仮想通貨でしか採用できていない仕組みです。

この仕組みでライトコインの優位性はまだ失われていません。

TenXによるデビットカード化が進行中

ライトコインはLitepayの活動停止により実用化への道が遠ざかってしまいました。

しかし、Litepayを代替するプロジェクトが今進み始めています。

このプロジェクトはTenXという仮想通貨を店先で使えるようにするサービスです。

元々、TenXというサービスは、ライトコインとは独立して進んでいたサービスでしたが、2018年4月ライトコインの開発に携わるライトコイン財団とTenXで協力してサービスを開発することが明らかになりました。

今までTenX以外にも仮想通貨を店先で使えるようにしたチャージ型のプリペイドカードのようなサービスは存在していましたが、TenXはデビットカードのように支払いの際に仮想通貨を口座(ウォレット)から引き落として決済することができるサービスです。

TenXはICOにより約90億円を集めたほど、世界中から期待されているサービスです。

これにライトコインが乗っかったことで、ライトコインの実用化はLitepayの時以上に期待ができます。

ライトコインのまとめ

  • 他の仮想通貨に先駆けてスケーラビリティ問題の対策ができている
  • アトミックスワップという実用的な取引を可能にする機能をもつコインの一つ
  • 実際の決済の可能性として注目を集めたLitepayは消えてしまったが、それ以上のサービスが始まりそう

ライトコインはLitepayの開発停止によって期待ができない仮想通貨と言われた時期もありました。

実際にスペックだけを見ると、ライトコイン以上に実用的な仮想通貨はあります。

しかし、スペックだけでなくSegwitやライトニングネットワーク等の実装により、スペック以上の実用性が期待できる仮想通貨です。

Litepayの代替となるTenXとの提携も始まったことでライトコインは失った期待以上の期待を集める仮想通貨として復活を見せました。