【ライトコイン(LTC/Litecoin)の価格は上がる?】チャート分析で今後を予想

更新日:

ライトコインを買ってみたいけど、現在の価格はいくらなのだろうか?

果たして今の価格は買い時なのだろうか?

あなたは現在このようにお考えではありませんか?

2018年12月現在、仮想通貨の価格は全体的に下がっています。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
いつ買ったら良いのか難しいね。

今回は比較的知名度の高い仮想通貨、ライトコインの今後についてをチャートで見ていきましょう。

ライトコイン(LTC/Litecoin)のチャートは?

ライトコイン-チャート

まずはライトコインの現在の状況について、価格の面でチェックをしていきたいと思います。

ライトコイン(LTC/Litecoin)の現在の価格

現在のライトコインの価格は以下の通りです。

 

過去には数万円台で取引をされていたので、その頃と比較をすると下落していることがわかるでしょう。

次にチャートで推移を確認してみましょう。

ライトコイン(LTC/Litecoin)の最新チャート

現在のライトコインのチャートは以下の通りです。

 


チャートで見ても、価格は大きく減少しています。

現在の価格になるまで、どういった経緯があったのでしょうか?

また、今後どのように価格は推移するのでしょうか?

詳しく見ていくために、まずはライトコインの基本をおさえておきましょう。

ライトコイン(LTC/Litecoin)はどんな仮想通貨?

ライトコインとは

ライトコインはビットコインと比較をされやすい仮想通貨です。

詳細については以下の記事でも紹介をしています。

ライトコインはどんな仮想通貨
【ライトコイン(LTC/Litecoin)】2019年値上がり中で密かに注目される仮想通貨
ライトコインは、ビットコインをもとにビットコインよりも実用性を重視して作られた仮想通貨です。2019年に入り、価格が6,000円を超え注目を浴びています。積極的な企業との提携や、2019年に迎える半減期などこれから期待が持てる仮想通貨です。

続きを見る

ビットコインが金なら、ライトコインは銀と呼ばれます。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
どういう意味なのかな?

詳しく特徴をチェックしてみましょう。

ビットコインが金ならライトコインは銀

ビットコイン-金-ライトコイン-銀

ライトコインがビットコインと異なる点は主に以下の4つです。

  1. 発行上限がビットコインの4倍
  2. 手数料が安く、送金スピードがビットコインの4倍早い
  3. コミュニティがある

ビットコインの発行上限枚数は2,100万枚であるのに対して、ライトコインの発行上限枚数は8,400万枚。

発行枚数が多いので市場流通量が多くなり、価格が安定しやすいです。

量が多い方が、買いたい人が多くても対応しやすいものね!
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

2つ目は手数料が安い点と、送金スピードがビットコインより4倍早いことです。

詳しい話になるので、後で詳しく説明しますね!
ハードフォークのメリット

最後がコミュニティがある点です。海外では馴染みのある仮想通貨です。

海外を中心に多数のコミュニティが存在しています。

仮想通貨とは?
日本でも扱っている取引所は多いけど、海外ではコミュニティまであるんだね!

コミュニティでは、ドージコインやモナコインが有名ですが、ライトコインにも一定のファンはいるのです。

ドージコイン-728
【柴犬がトレードマーク】ドージコイン(Dogecoin/DOGE)とは?愛らしい仮想通貨の正体
ドージコインは柴犬をモチーフにしている可愛らしい仮想通貨です。 価格が安いので、値段だけを見ると「価値はあまりない仮想通貨なのかな?」と思われがちですが、ビットコインよりも優れた特徴を持っています。

続きを見る

モナコイン
【モナコイン(MONA)】熱いコミュニティに支えられる、らしさ全開の仮想通貨
モナコイン(MONA)は匿名掲示板の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた国産の仮想通貨です。Monacoin Projectの公式サイトでは、モナコインについて以下のように記載されています。

続きを見る

ライトコイン(LTC/Litecoin)は手数料が安い

手数料-安い

次の特徴が手数料の安さです。ライトコインの手数料の安さには、セグウィットが深く関わっています。

簡単に説明をすると、セグウィットではブロックチェーンに記録できる取引量を多くすることができます。

記録できる量が増えるので、取引にかかるお金も抑えられます。ビットコインと比較すると一度に送金可能な取引量の多いので、手数料の安く設定できるのです。

送金スピードが早い

送金-早い-728

ライトコインの実用性を示す特徴として有名なのは送金スピードです。

ライトコインは前述の「セグウィット」を実装し、一度に書き込めるトランザクションの量が多くなっています。

いわゆるスケーラビリティ問題を解消し、承認時間がビットコインの1/4になっているのです。

ライトコイン(LTC/Litecoin)の歴史

ライトコインはこれまでにどのような歴史をたどってきたのでしょうか?

誕生から今までの価格推移と出来事は以下の通りです。

  • 2013年4月 ライトコインの誕生(400円)
  • 2013年11月 キプロス危機で価格が上昇(5,000円)
  • 2015年 半減期が訪れた(500円)
  • 2017年5月 セグウィットの実装(4,000円)
  • 2017年12月 仮想通貨の価格が高騰(40,000円)
  • 2018年 ライトコインの価格が暴落(4,000円)

このように見ると価格は大きく乱高下を繰り返していますね。

仮想通貨で儲ける
なかなか買い時の見極めは難しそうだね…。

次はライトコインの価格が今後上がるのかどうかを見てみましょう。

尚、詳しい歴史については以下にまとめているので気になる方はチェックしてみてください。

【銀と呼ばれる仮想通貨】ライトコインの歴史と価格推移
ビットコインと比較されることの多い仮想通貨ですが、誕生からこれまでにどのような経緯があったのでしょうか?ライトコインの歴史について詳しく見てみましょう。

続きを見る

ライトコイン(LTC/Litecoin)の価格は今後上がる?

ライトコイン-今後-価格上昇

ここまでライトコインの歴史についてを紹介してきました。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
これから先はどうなるのかな?

最後にライトコインが今後どのようになりそうかを考えてみましょう。

ライトコインを買うべきかどうか悩んだ時の参考にしてください。

ビットコインよりも使い勝手が良い

ライトコイン-ビットコイン-使いやすい

ライトコインはビットコインよりも通貨としては機能が優れています。

仮想通貨とは?
ビットコインの問題点を解決しているもんね!

現在は仮想通貨といえばビットコインですが、今後はライトコインが有名になるかもしれません。

使いやすさがビットコインよりも上という点は大きなメリットですね。

しかし、ライトコインと同じように、ビットコインの問題点を解決している仮想通貨は他にもあります。

ビットキャッシュもそうだから、注意が必要かもね…。
ビットコインキャッシュの将来とハードフォーク
ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体
ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。 ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

将来性はビットコイン以上?ビットコインキャッシュの今後を予想!
知名度が高いからといって価格が上がるとは限りません。今後、ビットコインキャッシュはどのようになるのでしょうか?

続きを見る

他の仮想通貨の動向にも注意が必要ですね。

決済手段としての期待が高い

ライトコイン-通貨

先ほどの説明と紐づきますが、ライトコインは通貨としての機能に期待が集まっています。

仮想通貨が誕生した当初の目的を果たせるとして、今後のアップデートが注目されているのです。

同じような期待がある通貨は多いですが、その中でもライトコインは知名度が高い方でしょう。

仮想通貨とは?
そう考えるとライトコインは有利だね!

開発者に依存している

チャンリー

出典:Bit Forward

先ほどは今後に関して良い点を紹介しました。最後に懸念点についてもお話します。

ライトコインは開発者のチャーリー・リー氏の影響が大きいです。非中央集権的なのが仮想通貨の特徴ですが、ライトコインは中央集権よりだと言われています。

チャーリー・リー氏が開発をやめてしまったり、ほかのメンバーから外されてしまったりすれば、ライトコインには大きな影響があるでしょう。

仮想通貨で儲ける
開発者の影響が大きいのは良い点でもあり、不安なことでもあるね…。

いなくなるの報道はありませんが、可能性がゼロではないことは知っておいた方が良いですね。

ライトコイン(LTC/Litecoin)のチャートのまとめ

  • ビットコインよりも実用性を重視したアルトコイン。
  • 送金スピードがビットコインの4倍早い。
  • 独自のコミュニティを持っているのでファンが多い。
  • キプロス危機やセグウィット導入の際に価格は上昇した。
  • 決済手段として、使い勝手の良さが評価されている。
  • 中心的な開発者に依存している、中央集権よりな仮想通貨である点が懸念。

ビットコイン以上の実用性を持っているライトコイン。

まだ不確定な要素は多いもの、通貨としての機能が向上すれば、価格が上昇するでしょう。

今後に期待の大きい仮想通貨ですね。

ライトコインに可能性を感じたのであれば、買ってみても良いかもしれないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

通貨数はなんと9種類!coincheck(コインチェック)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックはマネックスグループが運営する取引所です。

初心者にはとくに使いやすいアプリを採用しているだけでなく、通貨の種類はなんと9種類。

仮想通貨未経験者であれば絶対にオススメしたい取引所です。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-ライトコイン

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.