【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説

更新日:

マイニング-とは-728

マイニング(採掘)とは?

マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。

仮想通貨はバブルではない
どういう意味かしら?

一般的な通貨では、通貨を発行する「国」や、通貨の流通量を調整する「銀行」が存在しています。これを中央管理者と呼びます。

中心になって通貨を管理している機能を持っている存在だね。
リップルは長期投資に向いている
アルトコイン2位はリップル(XRP)
日本だと国(中央銀行)が円を発行して、世の中に出回る量は銀行が管理しているわ。

一方、仮想通貨では取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

そのため、中央管理者は必要としておらず、取引に参加をしている人だけで通貨を管理できるのです。

仮想通貨と通貨の違い

仮想通貨はバブルではない
どうして中央管理者がいなくても良いのかしら?
それじゃあビットコインを例に、仮想通貨が管理される仕組みを見てみようか!
リップルは長期投資に向いている

マイニングは取引に必要な作業

ビットコイン-取引-必要-728

ビットコインはブロックに取引を記録することで管理されています。

仮想通貨はバブルではない
ブロック?
取引データを記録するメモリ装置のことだよ。
リップルは長期投資に向いている

送金をする場合の取引記録について、日本円とビットコインでそれぞれ見ていきましょう。

日本円の場合、AさんがBさんへ100円を送ったとします。

その場合、AさんとBさんの送金を管理するために銀行が間に入ることになります。

送金-日本円-728

銀行を通じてAさんは100円を送った、Bさんは100円受け取ったという取引が記録されます。

この場合は銀行が取引を管理していることになるわね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

次にビットコインを送金する場合です。AさんはBさんへ1BTCを送ったとします。

この場合は銀行のような第三者が間に入ることはありません。取引はブロックチェーンに記録されます。

ブロックチェーンに取引の記録を残す、この作業がマイニングです。また、このマイニングを行う人をマイナーと言います。

ビットコイン-送金-728

ブロックチェーン上に記録が残ることによって、中央管理者がいなくても送金を行うことができるのです。

仮想通貨のトークンとは
中央管理者が必要ないのは、マイナーが記録を残すからなのね!

※ブロックチェーンは以下の記事を参考にしてみてください。

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密 皆さん、「ブロックチェーン」をご存知でしょうか? ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源で ...

続きを見る

マイニングの仕組み

マイニング-仕組み-728

マイニングは、仮想通貨を「いつ」「誰が」「いくら」取引したのかをブロックチェーンに記録する作業です。

日本円の場合は銀行が通帳などに記録を残しますが、仮想通貨ではマイナーがブロックチェーンに取引内容を記載します。

マイナーが銀行の代わりに記録を残すんだね。
リップルは長期投資に向いている

ただし、通帳のように取引内容がそのまま記録されるわけではありません。

たとえば、「10月10日10時」に「AさんがBさん」へ「1BTC」を送ったとします。

この情報をハッシュ関数という計算式に当てはめるとハッシュ値という文字列が出てきます。

ハッシュ化-728

アルトコインのチャート
全くわけのわからない数字と文字の羅列ね。
マイニングでは決められたハッシュ値を探すんだって。
イーサリアムクラシックの将来性

マイニングはノンスと呼ばれる数値を探す作業です。ハッシュ値にノンスを代入することで、また別のハッシュ値が出てきます。

探している文字列を見つけるために必要な、ノンスは何か?を探す作業がマイニングです。

ノンス-例-728

アルトコインは1600種類以上ある
この場合は5に代入をして10になる数字がノンスになるってことね。

ノンス-ビットコイン-例-728

1番早くこの計算ができた人がマイニングの勝者となり、報酬を得ることができるのです。

何のためにマイニングをするの?

マイニング-何のため-728

後半で詳しく説明しますが、マイニングには、高性能のPCを用意したり、電気代がかかったりと多額の費用が発生します。

マイナーはボランティアでマイニングを行っているわけではありません。

マイニングに参加をしている一番の理由は、仮想通貨をもらうことができるからです。

ビットコインをもらうことができる

ビットコイン-もらえる-728

仮想通貨の取引では、誰かが取引をするとその情報をブロックチェーンに記録する必要があります。

取引を正常に機能させるために、マイナーはコンピュータを動かし続け化ければなりません。

電気代やシステム維持費がかかりますので、何の見返りもなければマイナーは減ってしまいます。

そこで、マイニングのために力を貸してくれた人に報酬を与える仕組みを採用しているのです。

ビットコインの発行枚数には上限がある

ビットコイン-上限-728

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決まっています。そして2140年にすべての発行が完了する予定です。

2018年現在で約1,800万枚が発行されています。

マイニング-推移-728

アルトコインは1600種類以上ある
突然ものすごくゆるやかな曲線になってるわね。
ビットコインの価格が下落しないように調整されているんだ。
イーサリアムクラシックの将来性

ビットコインの市場に出回る量が増えて、買いたい人(需要)よりも売りたい人(供給)が多くなってしまったとします。

その場合、安くてもビットコインを売りたい人が多いので価格は下落してしまいます。

買いたい人の数が上回るように、ビットコインの量をコントロールしているのです。

報酬は4年に1度少なくなる

ビットコイン-半減期

ビットコインのマイニングで得られる報酬は当初から比べると減少しています。4年に1度、マイニング報酬が半分になる半減期があるからです。

なぜ報酬は減ってしまったのでしょうか。理由は2つあります。

1つ目の理由はビットコインの発行上限枚数です。

ビットコインは、2140年に2100万枚すべての発行が終了する予定です。マイニング報酬が50BTCのままですと、予定よりも早く発行が完了してしまいます。

通貨の発行枚数を調整するために、マイニングの報酬を減らしているのです。

アルトコインをマイニングする方法
さっきのグラフが急に緩やかになったのもそれが理由ね!

2つ目の理由がムーアの法則です。ムーアの法則とは「半導体の集積率は18か月で2倍になる」というものです。

仮想通貨はバブルではない
全然ピンと来ないわね…。
簡単に説明すると、コンピュータのマイニングの計算が約18か月(1.5年~2年)で2倍になるってことだよ。
リップルは長期投資に向いている

マイニングのスピードが早くなる分、得られる報酬を半分にすることで、辻褄が合うようにしているのです。

2018年時点の報酬は12.5BTCです。登場した当初は50BTCだったので、現在の報酬は当時の1/4になっています。

仮想通貨はバブルではない
2020年には7.25BTCになるのね。でも性能は1.5年~2年で2倍になるのに、どうして半減期は4年に1度なのかしら?
マイニングには難易度を調整する機能があるから、4年に1度の調整でも大丈夫なんだ。
イーサリアムクラシックの将来性

2100万枚発行されたらどうなる?

ビットコイン-発行-終わり-728

仮想通貨はバブルではない
上限があることもわかったけど、2100万枚すべて発行されたらマイニングする人はいなくならないの?
すべてのビットコインがマイニング(採掘)されても大丈夫な仕組みでもあるんだよ!
イーサリアムクラシックの将来性

マイニングの報酬は新しく発行されるビットコインだけが対象ではありません。取引を行う際の手数料もマイナーの報酬になります。

社会にビットコインが流通するようになれば、取引量は増えます。

手数料での収入を得られますので、ビットコインの新規発行がなくても、マイナーが減る心配はないでしょう。

マイニングはビットコイン取引に必要不可欠

ビットコイン-マイニング-不可欠-728

ここまでマイニングの仕組みについて説明をしてきました。

次からはマイニングがどのように取引に役立っているのかをビットコインを例に整理したいと思います。

ビットコイン取引を記録する仕組み

ビットコイン-記録-728

ビットコインの取引はブロックチェーンによって管理されています。

中央管理者がいなくても成り立つブロックチェーンでは、マイニングによる取引の記録がとても重要です。

さきほどもお伝えしましたが、ビットコインの取引では、マイナーが中央管理者の代わりを担っています。

マイニングは採掘という意味ですが、新しく発行をするだけではなく、ビットコインを使った取引記録の際も行われているのです。

悪いことをしようとしてもできない

不正できない-728

ブロックチェーンは不正を防ぐことに適している仕組みを持っています。

なぜなら、取引の記録であるブロックが時系列順にチェーン上に連なっているからです。

例えば、AさんがBさんに1BTC送ったという記録をAさんがCさんに1BTC送ったという記録に書き換えたいとします。

その場合、該当する取引が記録されているブロックの情報を変更する必要があります。

ブロックには1,000程度の取引も一緒に記録されているので、それらも整合性が合うように書き換えないといけなくなります。

アルトコインのチャート
この時点でも大変な作業だね…。

仮にすべて書き換えたとしても、今度はチェーンでつながっている過去のブロックでも矛盾が生じないように変更しなければなりません。

最近の記録を上書きした場合、過去の記録にも影響が出てしまうのです。

最終的には1番最初の取引までさかのぼらないといけないんだね。
リップルは長期投資に向いている

1番最初の取引にさかのぼった時には、今度は新しい取引がマイナーによって記録されています。

そのため、ブロックチェーンの書き換えを行うことは不可能だと言われているのです。

ビットコインをマイニングする3つの方法

3つのマイニング方法-728

ビットコインをマイニングする方法は3つあります。

それぞれのメリットやデメリットとともに特徴を見てみましょう。

ソロマイニング

ソロマイニング-728

ソロマイニングは名前の通り1人(ソロ)で行うマイニングです。

1人でマイニングをしますので、得られた報酬はすべて自分のものです。

その分、コンピュータなどの初期の設備投資や電気代など、かかる費用もすべて1人で負担をすることになります。

コンピュータについては性能が良いものでないとマイニングに成功しづらいです。そのため、高いコンピュータを用意する必要があります。

また、コンピュータは演算を行うためにずっと動き続けているので、電気代も高くつきます。

「報酬よりも電気代の方が高く、赤字になってしまった…」

「利益が少ししかないから、初期費用を回収できるのはずっと先…」

そのため、上記のようなことも起こりえます。他国と比較をして電気代が高い日本では、向いていないマイニング方法です。

ハイリスク・ハイリターンで、リターンを得られる可能性は極めて低いです。

ソロマイニングで儲けたいという人はビットコインではなく、アルトコインで行うことをオススメします。

メリット

  • マイニングに成功した時の報酬が多い。

デメリット

  • マイニングの設備を整えるのが大変。
  • 多額の電気代がかかる。
  • マイニングに成功する可能性が極めて低い。

プールマイニング

プールマイニング-728

ソロではなく、チームを組んで行うマイニングをプールマイニングと呼びます。

チーム全員でマイニングを行い、チームの誰かがマイニングに成功をすれば、報酬を分配してもらえるという仕組みです。

ソロマイニングと同様に、マイニングをするための機材は揃える必要があります。

ただし、1人で行うわけではないので、コンピュータの性能もソロマイニングより低くても参加できます。

ソロマイニングよりも費用をかけず、効率的に報酬を得られる点がメリットです。

一方で自分がマイニングに成功しても仲間同士でビットコインを分配することになります。

また、報酬はコンピュータの性能など、チーム全体への貢献度合いによって決まります。そのため、受け取る報酬が少ないということも有り得るのがデメリットでしょう。

メリット

  • マイニングに成功する可能性がソロマイニングよりも高い。
  • ソロマイニングよりも費用をかけずに参加できる。

デメリット

  • マイニングの報酬が少ない。

クラウドマイニング

クラウドマイニング-728

クラウドマイニングとは、自分がマイニングをするのではなく、マイニングを行っているチームに対して投資することを言います。

マイニングが成功した時に、投資をした額に応じて報酬を得られるという仕組みです。

アルトコイン2位はリップル(XRP)
企業に投資をして、配当金をもらうみたいなイメージね。

自身でマイニングの設備を用意する必要はありませんし、かかる費用も投資額のみなので簡単に参加できるのがメリットです。

しかし、クラウドマイニングでは詐欺に気をつける必要があります。

投資を集めてはいるが、マイニングをする気がなく、お金が集まったら消えてしまうチームもあります。

クラウドマイニングを行う際には、「投資先は信頼できるチームなのか?」「実績はあるのかどうか?」など安全性を確認した方が良いでしょう。

メリット

  • マイニング設備がいらないので簡単に始められる。
  • 電気代がかからないので費用を抑えてマイニングに参加できる。

デメリット

  • 投資額の回収に時間がかかる。
  • 投資先を慎重に選ばないと詐欺にあう可能性がある。

ビットコインのマイニングは儲かる?

ビットコイン-儲かる-728

ビットコインのマイニングはどのようにすれば儲かるのでしょうか?

せっかくやるなら上手にやって儲けたいですよね。

しかし、残念ながらビットコインのマイニングで大きく儲けることは難しそうです。

それは、ビットコインのマイニングでは高性能の設備が揃っている、電気代が安い方が有利だからです。

マイニングはほとんどが中国で行われている

マイニング-中国-728

ビットコインのマイニングは中国のシェアが最も高く、全体の半分以上を占めています。

マイニングには多額の電気代が必要です。しかし、中国は日本やその他の国と比較をしても電気代が安いので、マイニングにかかる費用が少なくすみます。

中国では仮想通貨の取引を取り締まるなど規制が厳しくなっています。しかし、マイニングは規制されていません。

中国でのマイニングが有利ということもあり、日本で個人で行うマイニングで儲けるのは難しいです。

報酬を得るにはコンピュータを高性能にする必要がある

高性能PC-728

マイニングの成功確率を上げるためにはコンピュータの性能を上げることが重要です。

まず、GPUやASICのようなコンピュータの計算速度をアップさせるためのツールを導入したり、ビデオカードと呼ばれる装置で性能を上げる必要があります。

更にはこれらをセットするための知識も必要です。初心者でいきなりマイニングに参加をするのは避けた方が良いでしょう。

マイニング収入VS電気代

マイニング-電気代-728

最後に問題となるのが電気代です。マイニングでは高性能のコンピュータを24時間動かし続けることになります。

性能にもよりますが、マイニングを成功させるために必要な性能であれば、電気代は月に約2~3万円程度かかります。

1BTCが70万円の場合、月に0.043BTC以上の報酬がないと赤字です。

設備を揃えるためにかかった費用もありますので、実際にはもっと報酬がないと永遠に儲けることはできません。

費用をかけて設備を整えて、セットもしたのに儲からないということも有り得ます。

マイニングで収益を上げたいのであれば、わざわざ設備を揃えるよりも、クラウドマイニングをした方が良いでしょう。

マイニングのアルゴリズムは4つある

マイニング-アルゴリズム-728

ここではマイニングのアルゴリズムについて説明をしたいと思います。

マイニングのアルゴリズムとはマイニングの報酬を受け取る人をどう決めるのか?というルールのことです。

仮想通貨はバブルではない
さっきはマイニングを行う方法だったわね。これはマイニング自体の方法のことかしら?
ビットコインの場合は1番早く計算した人がマイニングに成功したってなったよね。このマイニングの勝者を決めるルールは仮想通貨によって違うんだ。
リップルは長期投資に向いている
アルトコインは1600種類以上ある
そのルールのことをアルゴリズムって呼ぶのね。

マイニングのアルゴリズムは仮想通貨の特徴にも関わっています。今回は代表的なアルゴリズムを4つ紹介します。

 POWPOSPOIPOC
マイニングの行われ方計算スピードの速さ仮想通貨を持っている量仮想通貨における重要度特定のマイナーによる承認
メリット・取引の不正が起こりづらい・低コストでマイニングができる
・51%攻撃が起こりづらい
・通貨の流通が起こりやすい・マイニングの承認スピードが早い
デメリット・電気代がかかる
・51%攻撃が起こる可能性がある
・所有量の差が大きい
・通貨の流通が起こりづらい
・(POSほどではないが)所有量の差が発生する・中央管理体制に近いので仮想通貨らしさがない
採用している仮想通貨ビットコインイーサリアムネムリップル

POW

POWとは-728

最初にご紹介するアルゴリズムはPOWです。「Proof Of Works(プルーフ・オブ・ワークス)」の略称で、その名の通り仕事量によって勝者が決まるアルゴリズムです。

ここで言う仕事量とは、ブロックチェーンに記録をするための作業量を言います。つまり先ほど説明した、ノンスを探す早さのことです。

ビットコインをはじめ、多くの仮想通貨で用いられています。1番最初にハッシュ値を見つけた人が仮想通貨をもらえます。

メリットは過去の取引を変更するといった不正をしづらい点です。

一方のデメリットは、マイニングには多額の電気代がかかる点です。また、POWではコンピュータの性能が良くないと勝てません。

そのため、高性能のコンピュータを多く持っているグループが有利になります。

大きなマイニンググループが勝つ可能性が高いので、そのグループによってブロックチェーンが管理されてしまうことが考えられます。(51%攻撃)

本来は中央管理者が不在をもとにしたシステムのはずですが、そのシステムが壊れてしまう可能性があるのです。

POS

POSとは-728

POSは「Proof Of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)」の略でイーサリアムに用いられているアルゴリズムです。

イーサリアムはビットコインに次いで、2番目に人気の仮想通貨です。

イーサリアムコイン
ビットコインの進化系!?何でもできる仮想通貨イーサリアムとは?

イーサリアムは仮想通貨ではない 今の仮想通貨の姿を作ったのはビットコインですが、それを参考により使いやすい仮想通貨が作られてきました。 そういったビットコイン以 ...

続きを見る

仮想通貨はバブルではない
Stakeって株でも見かけたことがある気がする。
意味は近いかもね。株のようにたくさん持っている人が強いってことなんだ。
リップルは長期投資に向いている

POSでは計算スピードではなく、仮想通貨を持っている量に比例して報酬をもらえる仕組みです。

そのためPOSのマイニングは「鋳造(ちゅうぞう)」と呼ばれます。

正確にはマイニングをしているんだけど、たくさん持っている人が有利になっているんだ。
イーサリアムクラシックの将来性

保有量が多ければ電気代を多くは必要としません。また51%攻撃は仮想通貨の過半数を持っていないとできません。

その量を保有するまでに多額の費用がかかる上、攻撃によって自分がたくさん持っている通貨の価値を下げることになります。

そのため、わざわざ51%攻撃を行う必要がなく、中央管理の体制を保てるのです。

しかし、たくさん持っている人が優遇されるため、使わずに貯める人が現れます。

持っている人はたくさん持っているが、持っていない人は全然持っていないという、所有量に差が出てしまう点がデメリットと言われています。

POI

POIとは-728

3つ目のアルゴリズムはPOIです。「Proof Of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)」という意味で、POSの問題点を解決できる方法として誕生しました。ネムで用いられているアルゴリズムです。

POSでは文字通り、重要度合いでマイニングの勝者が決まります。

仮想通貨はバブルではない
重要度合いが大切ってどういうことかしら?

POIでは仮想通貨の残高・取引回数・取引量から決まります。

「仮想通貨をどれくらいもっているのか?」

「いくらで取引をしているのか?」

「取引量はどのくらいあるのか?」

仮想通貨のネットワーク内で重要度が高い人が報酬を得られるのです。

アルトコイン2位はリップル(XRP)
貯めるだけではダメってことね。
使うことも大事になるから、流通するし、所有者の差も抑えられるね。
イーサリアムクラシックの将来性

POIでのマイニングは「収穫(ハーベスティング)」と呼ばれています。

貧富の差を抑えることはできますが、結局は仮想通貨を持っている人が勝つため、根本的な解決ではないという懸念もされています。

POC

POCとは-728

POCは「Proof Of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)」です。POCでは誰でもマイニングに参加できるわけではありません。

仮想通貨が出来上がった段階で、大企業や機関などから信用があるマイナーが選ばれています。その内の80%が認めた場合に仮想通貨の取引が承認されます。

アルトコイン2位はリップル(XRP)
だから名前にConsensus(合意)が入っているのね!
中央管理者がいないっていうのとは少し違う印象を受けるね。
仮想通貨のみなし業者とは

そのため、承認にかかる時間が短く済みます。他の仮想通貨と比較して取引にかかる時間が短いのが特徴です。

大企業のような信用があるマイナーによって成り立っていますので、不正が起こる可能性も低いでしょう。

参加できる人は限られているので管理されているとも考えれます。しかし、通貨の機能には最も適しているマイニング方法と言えるでしょう。

マイニングで儲けるならアルトコインがオススメ

アルトコイン-オススメ-728

ビットコインのマイニングは国や企業が力をいれて参加しています。また、POWのため高性能の機材や設備を揃えた方が有利です。

個人で参加をして儲けることは難しいと言えます。マイニングで儲けるならアルトコインの方が良いでしょう。

マイニングを行うにはマイニングソフトをコンピュータにダウンロードする必要があります。

ここではアルトコインのマイニングにオススメのソフトを2つ紹介します。

【初心者向け】マイニングに必要なものリスト

マイニングで必要な機材はパソコンとアプリ

ソフトの紹介に入る前にマイニングに必要なものを整理しておきましょう。

  • コンピュータ
  • ウォレット
  • マイニングソフト

コンピュータが必要ということは言わずもがなかと思います。そのコンピュータと同じくらい重要なものがウォレットです。

ウォレットとは、マイニングをして得た報酬の受取先を言います。日本語に直すと財布という意味です。

マイニング報酬の振込先をイメージすればわかりやすいでしょう。ウォレットは取引所で口座開設をすれば用意できます。

マイニングに限らず、仮想通貨の取引に興味がある方は以下の記事を参考にしてみてください。

ビットコイン取引所の選び方
【初心者向け】ビットコインの取引所を選ぶ4つのポイント

ビットコインで稼ぐならどの取引所がオススメ? 最近、ニュースや雑誌などでよく目にする仮想通貨/ビットコイン。 仮想通貨は良くも悪くも話題になっているので、 「損をし ...

続きを見る

最後に必要なものがマイニングソフトです。このソフトによってコンピュータがマイニングをできるようになります。

NiceHash

初めての方にオススメのマイニングソフトがNiceHashです。このソフトは無料でダウンロードすることができます。

NiceHash-728

出典:NiceHash

NiceHashはプールマイニングを行うソフトです。初期の設備や電気代を抑えることができるのは魅力でしょう。

NiceHashでは通貨のレートや採掘の難易度に応じて、効率良くマイニングを行ってくれます。

マイニングしたアルトコインはビットコインに交換することができます。

簡単な操作でマイニングをすることができるので、初心者にもオススメです。

マイナーゲート

もう1つのオススメソフトはマイナーゲートです。こちらも無料でダウンロード可能です。

アルトコインのマイニングができるマイナーゲート

出典:マイナーゲート

マイナーゲートでは、アルトコインがマイニングができ、時価総額2位のイーサリアムのマイニングもできます。

イーサリアムやモネロはコンピュータのみでのマイニングに向いている仮想通貨です。

高性能な設備がすべてではありませんので、ソロマイニングでもチャンスはあります。

ビットコインで儲けることはなかなか難しいので、どうしてもマイニングで儲けたいという人はアルトコインでのマイニングも考えてみてください。

マイニング以外でビットコインを手に入れる方法は?

ビットコイン-ゲット方法-728

ビットコインは電気代がかかる上に、既にたくさんのグループがマイニングに参加しています。

今から参加して、ビットコインをマイニングで得ることは難しいでしょう。

ビットコインの取引を行うのであれば、取引所や販売所で買うのがオススメです。

取引所と販売所の違いについて簡単に整理してみましょう。

取引所で買う

仮想通貨の取引所はユーザー同士が売買する場所

取引所と販売所の違いは誰から買うのか?です。取引所は仮想通貨の取引をしている者同士で売買します。

そのため、自分が取引をしたい価格を選んで購入、売却ができます。

1BTCを10万円で売ろうと思ったら、1BTCを10万円で買いたいという人がいれば取引が成立するね。
リップルは長期投資に向いている

デメリットは、自分の希望通りの価格で買いたい人や売りたい人がいなければ、いつまでも取引が成立しない点です。

かといって、無理矢理に取引を成立させようと適当な価格で売買をすれば、損をしてしまう可能性があります。

今後どうなりそうかもちゃんと考えないといけないのね。
ビットコインキャッシュの将来とハードフォーク

ビットコインのチャートについては以下の記事を読んでみてください。

【チャートで徹底解説!】ビットコインの価格推移と買い時の見極め方

ビットコインの現在のチャートは? ビットコイン・仮想通貨に手を出してみたいけど、今は買い時なの? ビットコインは価格の上昇、下落が激しいイメージを持っている人も ...

続きを見る

販売所で買う

販売所-728

販売所は仮想通貨を扱っている企業と取引を行います。

そのため、買う場合も売る場合も価格は企業によって決められています。

アルトコインは1600種類以上ある
こっちの方が適正価格で安心して取引できそうだわ。
でも販売所の方が高くなってしまいがちなんだ。
仮想通貨・ビットコインはバブル?

販売所-スプレッド-728

取引所-スプレッド-728

出典:bitFlyer

ビットコインの取引所を選ぶポイント
販売所で買った方が高いし、売る時は安いわ!
取引が簡単な分、販売所の方がスプレッドが大きいんだね。
仮想通貨・ビットコインはバブル?

スプレッドとは、買う価格と売る価格の差額のことを言います。この差額が取引所や販売所がもらうお金になるのです。

簡単にすぐ取引を成立させることができますが、取引額が割高になってしまう点はデメリットでしょう。

ビットコインは取引所でも扱われていますが、アルトコインは販売所でしか、扱っていないことが多いです。

取引を始める際にはスプレッドも気にした方が良いでしょう。

ビットコイン取引所を選ぶ上での4つのポイント

取引所選び-728

ビットコインを買う際にはどの取引所を選べば良いのでしょうか。

ここでは4つのポイントを紹介したいと思います。

尚、以下の記事で詳しく紹介しているのであわせてチェックしてみてください。

ビットコイン取引所の選び方
【初心者向け】ビットコインの取引所を選ぶ4つのポイント

ビットコインで稼ぐならどの取引所がオススメ? 最近、ニュースや雑誌などでよく目にする仮想通貨/ビットコイン。 仮想通貨は良くも悪くも話題になっているので、 「損をし ...

続きを見る

セキュリティ対策

セキュリティ対策-728

2018年1月にはコインチェック、9月にはZaif、日本の2つの取引所でハッキング被害がありました。

両社に共通しているのはホットウォレットで管理していた仮想通貨が盗まれたということです。

ホットウォレットとは、仮想通貨をインターネットに接続された環境で保管をすることを言います。

ハッキングリスクが高まってしまうため、インターネットに接続しない環境で管理をするコールドウォレットの方が安全です。

コールドウォレットでの管理が多い取引所の方が安心だと言えるでしょう。

また、コインチェックはマルチシグの採用もしていませんでした。マルチシグとは、仮想通貨を複数の鍵にわけて保管するというものです。

鍵とはパスワードのようなものです。複数のパスワードを用意しておけば、1つがバレても他のパスワードからは盗まれません。

マルチシグを採用していなかったこともあり、コインチェックは大きな被害を出すことになってしまいました。

※コインチェックについては以下にまとまっていますので気になる方はチェックしてみてください。

コインチェックのロゴ
【コインチェックを徹底解剖】再開時期は?社長はどんな人?

コインチェックとは? 出典:コインチェック コインチェックは、仮想通貨の販売と取引を行う企業です。 タレントの出川哲郎さんが出演していたCMや、2018年に仮想通貨のNEM(ネム ...

続きを見る

マルチシグやコールドウォレットに対応ができている取引所を選んで取引することがオススメです。

手数料

手数料-安さ-728

ビットコインを買う理由は純粋に儲けたいからですよね。なので、なるべく出ていくお金も抑えたいと思います。

手数料も安いに越したことはないでしょう。多くの取引所が手数料無料を謳っています。

あまり差はありませんが、取引をするのであればスプレッドが小さい取引所を選んだ方が良いでしょう。

使いやすさ

次に見ておきたいポイントは画面の使いやすさです。

いくら手数料が安くても取引がしづらければ、誤って注文をしたり、チャートを見間違えてしまう可能性があります。

Bitbankはチャートが見やすく、取引を行いやすいのでオススメです。

ビットバンクのチャート

BITPointはコールセンターを用意しているので、初心者でも安心して取引ができます。

初めてでもサポートをしてもらえる体制が整っているのは嬉しいですね。

仮想通貨の種類

アルトコイン-種類-728

「ビットコインを取引したいけど、どの取引所の方が良いんだろう?」

このように悩んだ際は、より多くの仮想通貨を扱っている取引所がオススメです。

ビットコイン以外にも仮想通貨はたくさんあります。

値動きが激しく、人気の通貨がその時々で変わるため、色々な仮想通貨で取引をしたいと思うことがあるかもしれません。

取引所によって扱っている仮想通貨は異なるので、迷った時には種類の多さも判断基準にしてみてください。

※アルトコインの種類については以下の記事も見てみてくださいね。

アルトコインの画像
アルトコインとは | 将来性や2018年話題の通貨をランキングで整理!

アルトコイン(オルトコイン)とは? アルトコイン(オルトコイン)はビットコイン以外の仮想通貨を指す用語です。「代替(だいたい)」を意味する英語、“alternative(オルター ...

続きを見る

マイニングのまとめ

マイニングまとめ-728

  • マイニングは仮想通貨の取引を正しく行うために必要な作業。
  • マイニングでは、決められたハッシュ値になる「ノンス」を探している。
  • マイナーはビットコインなどの仮想通貨をもらうためにマイニングをしている。
  • ビットコインのマイニング報酬は4年に1度、半分に減っている。(半減期)
  • ビットコインが2100万枚すべて発行されても、マイナーは手数料から報酬をもらえる。
  • マイニングをするには、ソロマイニング・プールマイニング・クラウドマイニングの3つがある。
  • 手軽に始めたいならクラウドマイニングがオススメ。
  • マイニングは仮想通貨によってアルゴリズム(ルール)が異なる。
  • コンピュータを使ったマイニングをしたいなら、アルトコインでやるべき。
  • マイニングソフトはNiceHashマイナーゲートがオススメ。

マイニングの仕組みから実践方法まで幅広く説明をしてきました。仮想通貨によってもアルゴリズムが異なります。

「最も有名なビットコインでマイニング!」

このように考えているのであれば、まずはクラウドマイニングをやってみることをオススメします。

ソロマイニングやプールマイニングはアルトコインで行った方が成功する可能性は高いでしょう。

最初に設備を整えるのが大変なので、難しいなと感じた人は、仮想通貨の取引に慣れるまで手を出さない方が良いと思います。

この記事を通じてマイニングについて理解してもらえていれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-仮想通貨の基礎, マイニング

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.