【イーサリアムが移行予定?】POSとは?保有量で決まるマイニング

更新日:

仮想通貨には銀行や国のような、通貨を管理する機関がありません。

基本的には、取引に参加している人同士で通貨を管理しています。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
どうやって管理しているの?
管理するための方法がマイニングなのよ!
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

マイニングは、仮想通貨の取引を承認することを言っており、マイニングを行う人はマイナーと呼ばれています。

また、マイニングの承認方法は1つではありません。仮想通貨の種類によって異なります。

有名なものは4つあるわ!
マイニングで効率的に稼ぐ
 POWPOSPOIPOC
マイニングの行われ方計算スピードの速さ仮想通貨を持っている量仮想通貨における重要度特定のマイナーによる承認
メリット・取引の不正が起こりづらい・低コストでマイニングができる
・51%攻撃が起こりづらい
・通貨の流通が起こりやすい・マイニングの承認スピードが早い
デメリット・電気代がかかる
・51%攻撃が起こる可能性がある
・所有量の差が大きい
・通貨の流通が起こりづらい
・(POSほどではないが)所有量の差が発生する・中央管理体制に近いので仮想通貨らしさがない
採用している仮想通貨ビットコインイーサリアムネムリップル

今回は仮想通貨を持っている量によって強さが決まるマイニング方法、POSについて紹介します。

マイニング自体を知りたい人は以下の記事を読んでね!
ハードフォークのメリット
マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説
マイニング(採掘)とは? ...

続きを見る

持っている量で決まる(POS)

POSとは-728

POSは、Proof Of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)の略称です。

POWが抱えていた問題を解決するために誕生したマイニング方式です。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
Stakeって株でも見かけたことがある気がするね。
意味は近いかもね。株のようにたくさん持っている人が強いってことよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

POSでは、仮想通貨を持っている量に応じてマイニングの承認者が決まります。

「鋳造(ちゅうぞう)」とも呼ばれているマイニング方法です。

【採用している仮想通貨】

イーサリアム(予定)/ブラックコイン/ピアコイン など

POSのメリット

POS-メリット

POWでは以下の点が主な問題として挙げられていました。

  • 電気代が多額に発生する。
  • マイニンググループによる中央管理体制の懸念。

POSでは保有量が多ければマイニングに有利です。

そのため、高性能なコンピュータや多額の電気代を必要とせずにマイニングができます。

その上で不正が起こりにくくなっています。

POWでは、計算量(仕事量)の半分以上があれば理論上不正は可能でした。(51%攻撃)

POSの場合は仮想通貨の保有量が51%を超えなければなりません。

この状況で不正を行うと、せっかく大量に持っている通貨の価値が下がってしまいます。

仮想通貨で儲ける
自分から進んで通貨の価値を下げるなんてことはしないね…。

保有量を重視しているPOSでは、不正をするメリットがないのです。

POSのデメリット

POS-デメリット

POSは、POWのデメリットを解消するために誕生したシステムですが、デメリットもあります。

この承認方式では、持っている量が多いほど有利です。

そのため、通貨を使わないでため込む人が現れてしまうのです。

通貨は使われることが目的で誕生していますが、これでは意味がなくなってしまいます。

仮想通貨で儲ける
使うための通貨なのに、使ったら損みたいになってるんだね…。

社会で使われるようになるうえでは、大きなデメリットと言えるでしょう。

まとめ

POS-まとめ

  • 保有量によってマイニングの承認者が決まる。
  • POWのデメリットをなくすために誕生したマイニング方式。
  • マイニングに大量の電力や高性能のコンピュータを必要としていない。
  • 51%攻撃などの不正が起こりにくい。
  • 通貨を使わずに貯める人が増えて、通貨としての機能を果たせない懸念がある。

POSは、POWの問題点を解決しているマイニング方式ですが、まだ一般的ではありません。

イーサリアムが変更するとも言われているので、今後は取り入れた仮想通貨が増えてくるかもしれませんね。

ただし、保有量が多いと有利なのでため込む人が多くなるのは自然なことでしょう。

通貨としての世の中に出回りにくいというデメリットは大きいです。

このデメリットを解消しているマイニング方式の方がより優れていると言えるでしょう。

その点では、POIが最も通貨には適しているマイニング方式でしょう。

ほかの承認方法は以下の記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

【マイニングの早さを競う】POWとは?ビットコインが採用しているアルゴリズム
仮想通貨には銀行や国のよ ...

続きを見る

【POIってどんなマイニング?】通貨に対する重要度とは?
仮想通貨には銀行や国のよ ...

続きを見る

【送金が早い!】POCは画期的なマイニング方法だった
仮想通貨には銀行や国のよ ...

続きを見る

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

24時間365日の電話サポート!BITPoint(ビットポイント)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-無料ユーザー負担

BITPointは、東証2部上場の企業が運営する取引所です。

また24時間365日の電話サポートも行っているので初心者でも安心してトレードができます

通貨ペアはなんと52通り!Liquid by Quione(リキッドバイコイン)


キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-ほぼなし出金:500円

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、ビットコインの取引高が日本一の人気の取引所です。

通貨ペアが52通りと、他の取引所では類を見ないペア数を誇っています。

また独自に発行されている「QASHトークン」を使えば、取引手数料の割引なども適用されるうれしい特徴も。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円
bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン7種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
約1.35%無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。 また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

-マイニング

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.