【マイニングの早さを競う】POWとは?ビットコインが採用しているアルゴリズム

更新日:

仮想通貨には銀行や国のような、通貨を管理する機関がありません。

基本的には、取引に参加している人同士で通貨を管理しています。

悩む男性
どうやって管理しているの?
管理するための方法がマイニングなのよ!
女性

マイニングは、仮想通貨の取引を承認することを言っており、マイニングを行う人はマイナーと呼ばれています。

また、マイニングの承認方法は1つではありません。仮想通貨の種類によって異なります。

有名なものは4つあるわ!
女性
 POWPOSPOIPOC
マイニングの行われ方計算スピードの速さ仮想通貨を持っている量仮想通貨における重要度特定のマイナーによる承認
メリット・取引の不正が起こりづらい・低コストでマイニングができる
・51%攻撃が起こりづらい
・通貨の流通が起こりやすい・マイニングの承認スピードが早い
デメリット・電気代がかかる
・51%攻撃が起こる可能性がある
・所有量の差が大きい
・通貨の流通が起こりづらい
・(POSほどではないが)所有量の差が発生する・中央管理体制に近いので仮想通貨らしさがない
採用している仮想通貨ビットコインイーサリアムネムリップル

今回は最も一般的なマイニング方法、POWについて紹介します。

マイニング自体を知りたい人は以下の記事を読んでね!
女性2
マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説
マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。 仮想通貨では、取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

続きを見る

計算速度で勝負が決まる(POW)

POWとは-728

POWは、Proof Of Works(プルーフ・オブ・ワークス)の略称で、その名の通り仕事量によって勝者が決まるアルゴリズムです。

ここで言う仕事量とは、ブロックチェーンに記録をするための作業量を言います。

悩む男性
結局どういうことなのかな?

簡単に言うと、POWではノンスを探す早さが1番だった人が承認者となります。

ノンス-ビットコイン-例-728

1番最初に見つけた人が仮想通貨をもらえるのです。

尚、POWはビットコインをはじめ、多くの仮想通貨で用いられています。

【採用している仮想通貨】

ビットコイン/ビットコインキャッシュ/イーサリアム/イーサリアムクラシック/ライトコイン/モナコイン/ダッシュ など

POWのメリット

POW-メリット

メリットは過去の取引を変更するといった不正をしづらい点です。

先ほども説明した通り、仮想通貨は取引に参加している人同士で管理をしています。

不正が簡単にできるようでは、仕組みが成り立ちません。

男性
通貨の管理だし、しっかりとやってほしいね。

しかし、POWでは取引の不正をすることが難しいです。

例えば、「AさんがBさんに1BTC送った」という記録を「AさんがCさんに1BTC送った」という記録に書き換えたいとします。

その場合、該当する取引が記録されているブロックの情報を変更する必要があります。

ブロックには1,000程度の取引も一緒に記録されているので、それらも整合性が合うように書き換えないといけなくなります。

ブロックは、ブロックチェーンによって延々と続きます。そのため、すべての取引を変更するには膨大な時間がかかります。

また、過去の取引を変更している間にも新しい取引が記録されてしまうので、嘘を記録できないのです。

男性
この仕組みなら安心できそうだね!

POWのデメリット

POW-デメリット

一方、POWのデメリットは、マイニングには多額の電気代がかかる点です。

POWではコンピュータの性能が良くないと勝てません。そのため、高性能のコンピュータを多く持っているグループが有利です。

個人で参加したとしても、儲けるのは難しいでしょう。また、電気代もたくさんかかるので、オススメはできません。

マイニングで儲けるはなかなか難しいです。

マイニングの難しさは以下の記事でも紹介しているわ。
女性2
【3分でわかるマイニング】ビットコインを0円で手に入れる方法とは?
ビットコインのマイニングでは、成功すれば、ビットコインをもらうことができます。 このように聞くと、取引所で売買するよりも、魅力的に感じることでしょう。

続きを見る

また、大きなマイニンググループが勝つ可能性が高いので、そのグループによってブロックチェーンが管理されてしまうことが考えられます。

大きなグループが全体を管理してしまう可能性もゼロではないのね。
女性

本来は中央管理者が不在をもとにしたシステムのはずですが、そのシステムが壊れてしまう可能性があるのです。

まとめ

POW-まとめ

  • POWは最も一般的なマイニング手法。
  • 誰でも参加することができるが、費用がかかる。
  • 個人で参加するには適していない。
  • 不正ができない点がメリットのアルゴリズム。
  • ただし、マイニンググループによって管理されてしまう可能性はゼロではない。

今回は最も有名なマイニングの承認方法について紹介しました。

ほかの承認方法は以下の記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

【イーサリアムが移行予定?】POSとは?保有量で決まるマイニング
通貨の量で優劣が決まるアルゴリズム、POSについて紹介します。

続きを見る

【POIってどんなマイニング?】通貨に対する重要度とは?
POIは、POSの問題点を解決しているマイニング方式です。しかし、まだ一般的ではありません。有名な仮想通貨では、ネムくらいしか採用していませんが、今後広がっていく可能性はあります。

続きを見る

【送金が早い!】POCは画期的なマイニング方法だった
POCは、通貨としては最も適しているマイニング方式です。 仮想通貨が本来持っていた中央管理がないという点については問題視されていますが、大きな問題ではないのかもしれません。

続きを見る

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
売却:-0.05%、購入:0.15%出金:540円~756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-マイニング

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.