国産コイン最大!モナコインは信用できるのか?

モナコインはなんのために生まれた?

国内初の仮想通貨がモナコインです。

Mr.Watanabeと名乗る人が2chで2013年12月に開発しました。

2ちゃんねるの有名なアスキーアートのキャラクター「モナー」をモチーフにしています。

下のキャラです。見覚えありますか?

∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)< オマエモナー
(    )  \_____
| | |
(__)_)

スタートからしばらくは1コイン10円もしない仮想通貨で趣味的に使われていました。

現在と違って投機目的ではなく、自分が良いと思った絵や音楽などの作者に少額寄付する「投げ銭」という使い方がされていたのです。

このように2ちゃんねるが発祥ということもあってか、通常の仮想通貨のようにただ通貨として使うのではなく、デジタルコンテンツの応援材料として使われていました。

モナーというキャラをモチーフにしていることや2ちゃんねる発祥ということが親しみを覚えやすいためか、コミュニティが強い仮想通貨です。

意外と優秀な機能もりもりモナコイン

モナコインは、他の仮想通貨同様に非中央集権的な完全分散型のブロックチェーンを利用した決済システムです。

基礎スペック

モナコインはライトコインをベースに作られたため、ライトコイン同様に実用的なコインです。

決済速度の基礎となるブロック形成期間は90秒と短く、スペック上はビットコインの約6.7倍速いことになります。

発行上限数は約1億500万MONAであり、ビットコインの発行上限が約2100万BTCであることを考えると、約5倍の上限だと言えます。

これにより、ビットコインより購入・売却が楽で価格が安定しやすく実用的であると言えます。

時価総額は2018年5月1日現在70位です。

まだ信用に足りうるほど規模は大きくはないですが、国産仮想通貨の中では最大で日本人としては期待が持てると思います。

Segwit

モナコインは数少ないSegwit承認通貨の中でも、世界で初めて承認された仮想通貨です。

ベースとなったライトコインよりも早くSegwitを実装することに成功し、実用的な仮想通貨としての信頼もできます。

このSegwitというのは、数多くの仮想通貨が実装を目指す次世代の送金スピード改善システムです。

ブロックチェーンの中の1ブロック内のデータは、取引データや署名データ、前のブロックのハッシュデータ等あります。

その中の署名データを外部化することで1ブロック内の取引データのシェアを増やすことで送金速度をあげることに成功しました。

アトミックスワップ

Segwit同様、ベースとなっているライトコインでも実装している機能です。

第三者の仲介を必要としない仮想通貨取引が可能になります。

といっても、特定の仮想通貨同士でしかその取引は成り立たず、モナコインはビットコインとしか成り立ちません。

また、取引の処理が取引所ではなくブロックチェーン上での処理となるため、トランザクション手数料がかかったり、ブロック生成時間だけ時間がかかったりします。

そもそも、本来仲介者がない取引は信用が担保できず成り立ちません。

そこで取引に無関係な仲介者を介して取引を行うことで、信用を担保しています。

アトミックスワップでは、暗号学的な署名システムを利用して仲介者を必要としない仮想通貨取引を可能にしています。

モナコインを取り巻く関連サービス

モナコインではモナコイン自体の機能による期待も大きいですが、それ以上にモナコインを取り巻くコミュニティの大きさへの期待が大きいです。

コミュニティが大きいと、モナコインを利用としたサービスが生まれやすくなります。

実際にそのようなサービスは多く生まれていることで、日本ではビットコインの次にモナコインが実用化されているともいわれています。

Monappy

モナコインは最初期から投げ銭と呼ばれる寄付に使われてきました。

元々はストリートパフォーマーやミュージシャンに対して、その芸や音楽への謝礼や賞賛などの意味を込めて金銭を渡すことを「投げ銭」と呼んでいました。

モナコインで言う最近出てきたネット上の「投げ銭」はWeb上の無料コンテンツを見たり使ったりしたユーザーがクリエイターに手軽に寄付できるようにしたサービスやその行為を言います。

そのような投げ銭のモナコイン専用ポータルサイトがMonappyです。

絵や文章の投稿や生配信ができるようになっていて、そこにユーザーが投げ銭できるようになっています。

Tipmona

Tipmonaもモナコインによる投げ銭サービスです。

投げ銭をする側、される側の両方がTwitterのアカウントを持ってさえいれば使えます。

ウォレットを用意することなく、Twitterのアカウントとモナコインさえ持っていれば使えるのでかなりお手軽なサービスです。

このサービスは2014年2月に当時17歳の高校生によって開発されたサービスです。

モナコインのスタート期からあるサービスです。

開発当初はビットコインでの同様のサービスなどもありましたが、今も続くTwitterの投げ銭サービスの中では最古のサービスです。

モナコインのコミュニティの強さのため、昔から今も盛んなサービスです。

Ask Mona (https://askmona.org/)

Ask Monaも投げ銭サービスです。

2ちゃんねるのような書き込みができ、気に入った書き込みに対して投げ銭をできるようになっています。

モナコインのコミュニティは主にここで形成されており、モナコインを主とした仮想通貨のサービスの開発がされたり、情報交換がされたりします。

2014年1月にスタートされ、モナコインのスタートとほぼ同時に始まりました。

Tipmona同様、スタート期から使われ続けてきたサービスで今でも盛んに交流があります。

これもモナコインのコミュニティの強さの象徴ともいえるサービスです。

国産仮想通貨モナコインは信用に足りうるのか?

モナコインは国産というだけで信用できると思ってしまう人もいますが、本当にそうなのでしょうか?

国産ということで最新の情報を日本語で得ることができるというメリットはありますが、国産だから信用できるというわけではありません

モナコインが実際に信用できるものなのかどうか、分析していきます。

信用できる要素

1番信用できる要素は、実用に至っていることです。

国内ではビットコインの次に決済手段として採用されているともいわれるほどです。

現在は投機目的の需要が大きい仮想通貨ですが、通貨として求められる実需が本来ならば重要です。

つまり使える仮想通貨にこそ価値があり、使えない仮想通貨に未来はないともいえるのです。

モナコインは国内に限りますが、既に実用化に至っているため信用できると言えます。

また、たびたび触れているコミュニティの強さも信用できる材料の一つです。

モナコインのコミュニティはただモナコインを使って交流するだけでなく、開発に関する交流も行われています。

実際にSegwitやアトミックスワップの実装などの実績もあり、コミュニティがモナコインの技術力を支えているともいえます。

信用できない要素

国産コインということに捕らわれて日本で人気なだけに終わってしまう仮想通貨になってしまうことです。

他の海外生まれの主要仮想通貨に勝つことができなければ、モナコインは仮想通貨市場から淘汰されてしまう可能性があります。

特にモナコインにはベースとなっていたライトコイン以上の技術発展は今のところ情報もなく、期待ができません。

他の主要コインに技術的進化が見込まれている以上、モナコインはその時点で主要コインより見劣りしてしまいます。

モナコインが決済手段として普及しているとはいっても、コミュニティの強さや国産ブランドに頼ったサービスによるものです。

技術的に勝った仮想通貨が同様のサービスを始めてしまったら、モナコインの需要はなくなってしまうでしょう。

モナコインを手に入れるには?

取引所

モナコインは2018年5月1日現在時価総額70位と、まだまだマイナーコインです。

取扱取引所も主要コインに比べて少ないため、ここでまとめていきます。

もしも、ここに取り上げていない取引所でモナコインを取り扱うニュースを聞いたら、モナコインの価格が上がるチャンスになりますから、しっかり把握しておきましょう。

ここでは、国内取引所をまとめます。

  • Zaif(ザイフ)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンク)
  • Fisco(フィスコ)
  • BitTrade(ビットトレード)

上記の5つがモナコインを取り扱っています。

もしも、この中でモナコインを買うとしたら手数料0円のビットバンクをおすすめします。

手数料0円ならば、気軽に取引もでき初心者にもおすすめです。

他にはZaifもおすすめです。

手数料も大手取引所の中では低く、取扱通貨も多いため、扱いやすくおすすめです。

これ以外の大手取引所であるDMM Bitcoin、GMOコイン、QUOINEX等にモナコインの上場が決まったとしたら、モナコインの価格上昇のチャンスと言えます。

マイニング

モナコインではプールマイニングが盛んです。

プールマイニングとは、個人でやるより集団でマイニングを行った方が効率が良いことを利用したマイニングを行い、個人の貢献度等で集団のマイニング成果を分配するマイニング方式です。

モナコインではVIP Poolが有名です。

2014年2月から開始されたサービスで当初からモナコインのマイニングを行っていました。

最近ユーザー数の増加により、運営体制が変わり現在はサービスを停止してしまっていますが、一時的なものだそうなのでサービス再開を待ってみましょう。

また、LA Mining Poolというものも有名です。

モナコインに特化したプールマイニングではありませんが、日本の仮想通貨を取り扱っており、おすすめできます。

こちらも2014年から今まで運営されてきたサービスなので安心できます。

モナコインまとめ

モナコインは優れた技術力とコミュニティが強み

技術面の進歩へ期待が持てる情報がないことが不安

まだマイナーコインなので伸びしろに期待できる

モナコインは初の国産コインであるため日本で人気を集めるだけでなく、最近では海外でもメイドインジャパンの安心感からか取引されるようになっています。

技術面での将来性に乏しい不安はあるものの、コミュニティの強さや既に実用化されている面から信用できる仮想通貨だといえるでしょう。