【モナコイン(MONA)の半減期】価格への影響とオリンピックとの関係とは?

更新日:

モナコインの半減期
悩む男性

モナコインの半減期って何?

つぎの半減期はいつ起こるの?

半減期でモナコインの価格は上がる?下がる?

モナコインは日本生まれの人気の仮想通貨です。

そんなモナコインには半減期が設定されています。この記事では以下のことを整理しました。

この記事でわかること

  • 半減期とは?
  • モナコインの半減期の周期
  • 半減期がモナコインの価格に与える影響

モナコインを買うならこの取引所!

coinchecklogo

Coincheck / 総合91点

東証一部上場のマネックスグループ

全9種類の取り扱い通貨

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

人気の取引所、コインチェックでもモナコインの取り扱いが開始することが発表されました。

\モナコインの上場決定!/

コインチェックの詳細を知る

もし今すぐモナコインを買いたい人は、bitbankでの購入がオススメです。

\国内NO.1の取引量!/

bitbankで今すぐモナコインを買う

半減期とは?

半減期とは?

半減期とは、仮想通貨のマイニングでもらえる報酬が半分になる時期を指します。

そもそも仮想通貨の取引では、取引を承認する人が必要で、承認を行った人には報酬として仮想通貨が与えられます

アルトコインにも必要なマイニングの作業の図解

このマイニング報酬が、半減期で半分に下げられるのです。

半減期が設定されている理由

なぜ半減期が設定されているのでしょうか。

理由は主に二つと言われています。

  • 報酬を半分に減らすことで、通貨の希少性を高めるため
  • 急激な価格変動を避けるため

モナコインの半減期

モナコインの半減期

モナコインの半減期は約3年ごとに訪れます。「1,051,200ブロック」生成されるごとに半減期を迎える仕組みになっています。

モナコインの1回目の半減期は2017年7月16日でした。

以下のツイート画面を見てみるとわかるのですが、7月16日時点の24時間の発掘枚数は453000枚だったのに対し、二日後の18日には22475枚と約半分に減少しています。

モナコインの発行上限=「1億512万MONA」

モナコインにはビットコイン同様に発行枚数に上限が定められていて、「1億512万MONA」となっています。

マイニング報酬は2019年1月現在「25MONA」ですが、つぎの半減期を迎えると「12.5MONA」に変更されるのです。

モナコインの半減期の価格への影響は?

モナコインの価格への影響は?

半減期で気になるのは、やはり価格への影響です。

最初の半減期ではどのような価格の動きがあったのでしょうか。

希少性が高まり、価格が上昇

モナコインの半減期時のチャート

モナコインは、半減期を迎えるまえに下落していますが、半減期の約1カ月前の6月から価格が上昇しています。

マイニングを行う人たちにとっては悲しい時期ですが、希少性が高まり価格が上昇するので、やはり半減期は価格上昇が期待できそうです。

次のモナコインの半減期は?

モナコインのつぎの半減期は2020年7月ごろと、前回からちょうど3年後と予測されています。

2020年はオリンピックの年です。

日本生まれの仮想通貨が、東京オリンピックの時期に半減期を迎えるのは面白いですよね。

2019年に半減期を迎えるのはライトコイン(LTC)

 

とはいえ、まだまモナコインがつぎの半減期まで時間があります。

そこで、直近で予測されているライトコインの半減期を紹介します。

ライトコインは、ビットコインよりも発行上限が多く、送金スピードが早い点が特徴の仮想通貨です。

回数発生時期新規発行量
1回目2015年8月25LTC
2回目2019年8月12.5LTC

ここまでモナコインを中心に半減期について説明してきましたが、すべての仮想通貨に半減期が設けられているわけではないので、ぜひライトコインにも注目してみてくださいね。

【ライトコイン(LTC/Litecoin)の価格は上がる?】チャート分析で今後を予想
今回は比較的知名度の高い仮想通貨、ライトコインの今後についてをチャートで見ていきましょう。

続きを見る

ちなみにライトコインが買える取引所は、アプリが圧倒的に使いやすいコインチェックがオススメです。

モナコインの半減期のまとめ

モナコインのまとめ

いかがでしたか。

以下、記事のまとめです。

  • 半減期とは、マイニングの報酬が減る時期のこと
  • 通貨の希少性を高めるために設定されている
  • モナコインの半減期は3年ごとに訪れ、一回目は2017年7月16日
  • 半減期の1カ月まえから価格は上昇した
  • つぎの半減期は2020年7月
  • 2019年に半減期を迎える仮想通貨はライトコイン

ここまで読んでくださりありがとうございました。

これらの情報があなたの取引のお役に立てれば幸いです。

\国内NO.1の取引量!/

bitbankでモナコインを買う

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスの傘下の取引所です(金融庁認可済み)。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類はなんと9種類。

今なら取引額に応じで最大100,000円がキャッシュバックされます※。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

※2019年4月9日23:59:59までに会員登録済みのユーザーのうち、2019年3月16日00:00:00 ~ 2019年4月16日23:59:59に「販売所」取引を一度も行っていない方が対象。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-モナコイン

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.