Money Tap (マネータップ) でカンタン割り勘!キャッシュレス時代のアプリ

投稿日:

マネータップトップ

飲み会やプレゼント購入などで発生する「割り勘」

個人間のお金のやり取りは現金の場合が多く、お釣りがなくて払えないなど何かと不便ですよね。

最近ではLINEPayのようなワリカン機能をもつサービスも出ていますが、LINEポイントをチャージするのに手間がかかります。

直接、銀行口座から手軽に割り勘分のお金を送金できたら便利ですよね。

そんな悩みを解決するのがMoney Tap (マネータップ) です。

マネータップはチャージ不要のかんたん銀行送金アプリで、少額のお金をいつでも簡単に相手の銀行口座に送れます。

ありそうでなかったサービスだね!
メリットや使い方を詳しく紹介するわね。
女性

Money Tap (マネータップ) とは

マネータップトップ

マネータップは自分の銀行口座から相手の銀行口座への直接送金・即時着金を実現した、日本初の画期的なスマホ送金アプリです。

少額でも簡単に銀行送金できることを実現することでキャッシュレス化を促進して、社会コストを削減することを目指して生まれました。

2018年10月4日にApp StoreGoogle Playでリリースされました。

24時間365日、相手の口座を知らなくても送金できる

「銀行送金は平日の15時までに対応しないといけないんじゃないの?」そう思う人もいるかもしれません。

マネータップは従来の銀行のように送金受付が15時までという制限がありません。

対応の銀行口座なら、少額のお金でも、24時間365日リアルタイムで簡単に相手の口座に送金できます。

また、相手の口座番号を知らなくても、電話番号やQRコードがあれば送れる点が最大の特徴です。

ウォレットのようなチャージが不要で、銀行口座とスマートフォンがあれば、誰でも簡単に利用できます。

24時間365日のリアルタイム送金を実現した理由については後述します。

利用できる銀行

マネータップで送金できる銀行は以下の2行です。

  • 住信SBIネット銀行
  • スルガ銀行

対応銀行の口座開設はこちらからできます。

※元々連携していたりそな銀行は5月13日をもって連携終了となりました。

悩む男性
三井住友銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンクはないんだね・・。
今のところはないわね。ただ、セブン銀行や有力な地方銀行などがマネータップの運営会社に出資しているから、今後対応銀行が増える可能性はあるわ。
女性

SBIのマネータップ社、セブンイレブングループの「セブン銀行」など13行が株主参加

送金手数料

気になる送金費用ですが、住信SBIネット銀行、スルガ銀行のいずれも送金手数料が無料です。

一方、マネータップは個人間を想定した少額送金サービスのため、送金金額に関して下記の制限があります。(出典:振込について

  • 1回の振込上限金額:3万円
  • 1日の振込上限金額:10万円
割り勘程度のちょっとした送金なら十分対応できるね。
相手がマネータップのアプリをダウンロードしてなくても大丈夫よ。
女性

マネータップの運営会社とその仕組み

マネータップの運営会社

運営会社のSBI Ripple Asia株式会社

マネータップの運営会社は、SBIホールディングスの電子決済等代行業を営む子会社、SBI Ripple Asia株式会社です。

sbiリップルアジア

出典:SBI Ripple Asia公式サイト

SBI Ripple Asiaは、

SBIグループとRipple(リップル)の知見と技術を融合させることで、日本及びアジアにおける「価値のインターネット」を実現すること

を目指して、日本及びアジア地域での事業展開するSBIグループとリップル社の合弁会社として、2016年5月18日に設立されました。

名称SBI Ripple Asia株式会社
所在地東京都港区六本木
代表取締役沖田 貴史
設立年月日2016年5月18日
資本金5億円(資本準備金を含む)
出資比率 SBIホールディングス株式会社 60%
Ripple Labs Inc. 40%

Ripple(リップル)社はブロックチェーンの技術を応用したグローバル送金ネットワークを主導しています。

グローバル送金ネットワークは世界のメガバンクが参加する独自の送金網です。

SBI Ripple Asiaの業務内容は、各種金融機関・送金事業者へのリップルソリューションの提供です。

リップルソリューションは前述の通りリップル社が提供する、国際送金や決済をより早くしコストを下げるためのシステムです。

銀行や送金業者がこのリップルソリューションを活用することで、ユーザーは安い手数料でスピーディーな取引ができます。

内外為替一元化コンソーシアム

2016年10月に、内外為替一元化コンソーシアムを発足させ、参加した銀行と共同で送金用のアプリケーションの開発を始めました。

これは海外送金に加え国内送金も一元的にできる決済プラットフォームRCクラウドを活用して送金を変えていく取り組みです。

三菱UFJ銀行(旧三菱東京UFJ銀行)、三井住友銀行などのメガバンク含む日本国内61の銀行(2017年7月現在)が参加していて、SBI Ripple Asiaが事務局を務めています。

RCクラウド

出典:Ripple公式YouTube

RCクラウドはセキュリティや耐障害性等を強化した商用版RCクラウド2.0として、2017年3月に構築が完了しています。

RCクラウド2.0は、以下のメリットをもたらします。

・国内送金、海外送金の一元化 

・24時間リアルタイム決済

・送金コストの削減と新市場の開拓

マネータップは次世代金融基盤であるRCクラウド2.0に接続したことで、24時間365日のリアルタイム送金を実現しました。

普及拡大を担うマネータップ株式会社

SBIホールディングス株式会社は2018年3月20日、次世代金融インフラを広く社会に提供するためにマネータップ株式会社を設立しました。

マネータップ社は、内外為替一元化コンソーシアムの役割を引き継ぎ、SBI Ripple Asiaが運営元のマネータップの普及、拡大を担います。

キャッシュレス化の促進を図るんだね。
日本のキャッシュレス比率が上がるといいわね。
女性

マネータップの登録方法、使い方

マネータップ登録

マネータップを使うには、事前に住信SBIネット銀行などのマネータップ対応銀行への登録が必要です。

対応銀行の口座開設はこちらからできます。

マネータップの登録の流れ

・iPhoneやAndroidでマネータップをダウンロードします。

マネータップダウンロード

・マネータップを起動してサインアップし、利用規約に同意します。

マネータップサインアップ

・マネータップでユーザー情報を登録します。

マネータップユーザー情報

・登録したSMS(電話番号)とメールアドレスに届く認証コードを入力します。

マネータップ認証コード

・銀行口座を登録します。

マネータップ銀行登録

・スマート認証アプリで取引認証して初期設定を完了します。

振込方法

マネータップは5通りの振込方法があります。(出典:振込方法

  • 口座番号:口座番号を入力して振込
  • 電話番号:電話番号を入力して振込
  • 自分の口座:登録している自分の口座に振込
  • 登録口座:登録している振込先に振込
  • QR読取:振込相手のMoney TapにQRコードを表示して、そのQRコードを読取して振込

送金の場合は、スマホ画面下の中央にある¥マークを、受金の場合は自分のQRコードを相手に読み取ってもらえば送受金できます。

以下が振込手順です。

・アプリを起動し、金融機関を選択。¥アイコンをタップします。

マネータップ口座

出典:Money Tap Help Center

・先ほど記載した5種類の振込方法を選択します。

マネータップ振込選択

出典:Money Tap Help Center

このように一度登録すれば簡単に振り込みができます。

マネータップの評判・口コミ

マネータップの口コミ

マネータップの評判についてTwitterの声を集めました。

実際にマネータップを使っている人の声です。

 

マネータップのユーザーには好評のようです。

また、今後の活躍を応援する声もあります。

今後の展開に期待できますね。

マネータップのまとめ

マネータップのまとめ

  • マネータップは自分の銀行口座から相手の銀行口座への直接送金・即時着金を実現した、日本初の画期的なスマホ送金アプリ

  • 対応の銀行口座なら、少額のお金でも24時間365日リアルタイムで簡単に相手の口座に送金できる

  • 相手の口座番号を知らなくても、電話番号やQRコードがあれば送れる点が最大の特徴

  • マネータップで送金できる銀行は、住信SBIネット銀行、スルガ銀行の2行

  • マネータップの運営会社はRipple Asia株式会社

  • マネータップ社はマネータップの普及、拡大を担う

  • ユーザーの口コミは高評価

ウォレットのようなチャージの手間も要らず、対応のネット銀行に口座を持っている人なら誰でも直ぐに始められるのがいいですね。

マネータップを利用して、キャッシュレスの便利さを体感してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
売却:-0.05%、購入:0.15%出金:540円~756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-仮想通貨の基礎
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.