【ネムのカタパルトとは?】処理能力が仮想通貨で最速にアップデート

更新日:

ネムのカタパルト

仮想通貨はアップデートによりその利便性をさらに高めます。

コインチェック事件の影響であまりよいイメージのないネム(XEM)

実は機能面で優れている仮想通貨で、その機能をさらに向上させるカタパルトというアップデートがあります。

2019年3月時点で実装されていないですが、今後の実装が期待されています。

この記事ではカタパルトがどんな効果をもたらすのかを紹介します。

この記事でわかること

  • ネムのカタパルトの特徴
  • カタパルトが行われる時期
  • ネムを購入できる取引所

ネム(XEM)が買える取引所は、コインチェックDMM Bitcoin(レバレッジ取引限定)です。

dmmbitcoin・DMMビットコイン
ローラさんのCMで話題のDMM Bitcoinの全貌を解明
DMM Bitcoinにログインされる方はこ& ...

続きを見る

ネム(XEM)はどんな仮想通貨?

ネムとは?

ネムNew Economy Movement(新しい経済運動)」の略称で、文字通り新しい経済圏の創出を目指して2015年3月に誕生した仮想通貨のプロジェクトです。(ネム公式サイト

通貨の正式名称はネム(XEM)で、その知名度はコインチェック事件で大きく上がりました。

コインチェック事件

2018年1月に仮想通貨取引所のコインチェックがハッキングされ、当時約580億円相当のネムを流出させるという仮想通貨界史上最大レベルの事件が起こりました。

この事件がネムのイメージ悪化につながりましたが、原因は仮想通貨の管理体制にあり、ネム自体に原因はありません。

仮想通貨で儲ける
風評被害だね・・
そうなの。でもネムはどちらかというと安全性の高い通貨よ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

ネムについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。

ネムの魅力に迫る
ネム(NEM)は2019年に覚醒?愛され通貨の魅力と今後に迫る
ネム(XEM)は日本人になじみ& ...

続きを見る

カタパルトとは

ネムカタパルト

カタパルトは航空母艦から航空機を射出するための機械、宇宙船やロケットなどの射出機を意味します。

一方でネムのカタパルトとは、ネムを大幅にアップデートするプロジェクトを意味します。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
普通のアップデートと違うのかな?
射出機というワードから分かるように、勢いのある大型のアップデートということね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

ネムのカタパルトは2018年中に実装予定とされていましたが、2018年に具体的な動きはありませんでした。

今後実装されれば、ネムの機能と利便性が大幅に向上します。

なお、イーサリアムは2019年3月1日にハードフォークを伴う大型アップデートが完了しています。

【イーサリアムは未完成?】4つのアップデートを簡単解説
イーサリアムは、時価総額 ...

続きを見る

カタパルトの特徴

カタパルトの特徴

具体的な機能向上のポイントを3つご紹介します。

処理速度の向上

処理速度の向上

最もインパクトのある変化は処理速度です。

カタパルト後のネムとその他の主要通貨において、1秒当たりのトランザクションの処理速度を比較しました。

  • ビットコイン(BTC): 7件/秒
  • イーサリアム (ETH):15件/秒
  • リップル (XRP):1,000件/秒
  • ネム(NEM):4,000件/秒

処理速度の速さで有名なリップル(XRP)をも大幅に上回り、そのインパクトが分かります。

なお、毎秒4,000件は世界一のユーザー数を誇るクレジット会社VISAの処理速度に匹敵し、実用性の面でも期待できる速度です。

マルチレベルマルチシグ

マルチレベルマルチシグ

マルチレベルマルチシグはセキュリティレベルを大幅に上げます。

マルチシグ(マルチシグネチャ)は、送金のために(3人中2人など)複数の署名が必要な仕組みです。

単一の署名で送金できる場合と比較してハッキングや不正利用の発生を大幅に減らせます。

このマルチシグを複数の階層で実行するのがマルチレベルマルチシグです。

上述した3人中2人で承認された署名を1階層目とすると、それに加えて別の人が承認を要するケースです。

マルチレベルマルチシグ

1階層目:3人中2名の署名で承認(→Aとする)

2階層目:Aに加えてもう1名の承認(→Bとする)

3階層目:Bに加えてもう1名の承認(→Cとする)

→3階層すべてを満たして承認される。

このように連なることでマルチシグと比較して、セキュリティレベルがさらに向上する仕組みです。

アグリゲートトランザクション

ネム・アグリゲートトランザクション

アグリゲートトランザクションは、複数のトランザクションをまとめて処理できる仕組みです。

上述したマルチシグの例でみると1階層で複数のトランザクションがあった場合、それぞれの結果が出次第即座に承認判断をして2階層目に上げるイメージです。

これも処理速度アップに大きく寄与します。

mijinのカタパルト

ミジンのカタパルト

mijin(ミジン)とは

mijin(ミジン)はテックビューロホールディングスによって開発されたプライベートブロックチェーンで、ネムのブロックチェーンが利用されています。

プライベートブロックチェーンは、金融決済、ID認証、ポイント管理など企業が持つサービスに適応でき、それぞれの情報を台帳に記録して管理することができます。

mijinにはネムの開発に2年以上携わっていた実績がある開発チームがあるため、ネムの技術と密接なつながりがあります。

アルトコインは1600種類以上ある
ブロックチェーンについてはこの記事で詳しく紹介しています。
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密
ブロックチェーンとは?仮 ...

続きを見る

mijinのアップデート履歴

mijinアップデート履歴

mijinは2015年にリリースされ、2016年にアップデートされカタパルトが実装されました。

  • 2015年9月:mijin v.1を発表
  • 2016年5月:新型コアエンジン mijin v.2(カタパルト) を発表

このカタパルトによって上述した、マルチレベマルチシグ、アグリゲートトランザクションの機能が追加されています。

mijincatapult

出典:mijin(ミジン)公式サイト

mijin v.2(カタパルト)の紹介動画も公開しています

ネムのカタパルトを実装するのはいつ?

カタパルトの実装はいつ?

前述のとおり、2018年中と伝えられていたネムへのカタパルト実装はまだ行われていません。

2019年の動きもまだ未定ですが、既にmijinへの実装は完了していて、ネムのカタパルト実装はそう遠くないのかもしれません。

ネム(XEM)が購入できる取引所

ネムが買える取引所

ネム(XEM)を取り扱う取引所はコインチェックDMM Bitcoinです。

Zaifもネム(XEM)取り扱いますが、2018年9月にハッキング事件を起こしていることもあり、2019年2月現在新規登録を受け付けていません。

コインチェックは販売所形式での取り扱いとなり、ネム(XEM)の価格は割高になります。

また、DMM Bitcoinはレバレッジ取引での取り扱いとなり、ネム(XEM)の現物を持つことができません

取引所形式で割安にネム(XEM)を購入したければ、海外取引所も視野に入れましょう。

【オススメはバイナンス】ネム(XEM)を海外取引所で購入する

海外の取引所で購入する場合、以下の2ステップでの購入が必要になります。

1.国内の取引所でビットコイン(イーサリアム)を購入する

2.購入したビットコイン(イーサリアム)を海外の取引所に送金し、ネム(XEM)を購入する

ネムを購入する海外取引所は、取引手数料が安いバイナンスがオススメです。

海外取引所の手数料は0.15~0.25%が多いですが、バイナンスの手数料は全通貨共通で0.1%です。

バイナンスは100種類以上の通貨を扱う、取引高が世界でトップクラスの取引所で日本人にも人気があります。

もともと日本語で日本向けの展開もしていましたが、金融庁の規制により現在は日本向けにはサービス展開していません。(英語での使用はできます)

バイナンスbinance
日本を思いやる【CZ】が創ったバイナンス(BINANCE)とは?
バイナンスは日本でも有名 ...

続きを見る

送金用のビットコインを買うならGMOコイン

バイナンスでネム(XEM)の取引をするには、ビットコイン(またはイーサリアム)が必要になります。

ビットコインを買う取引所は上述のコインチェックやDMM Bitcoinでもよいですが、編集部がオススメしたいのはGMOコインです。

その理由に取引コスト信頼性が挙げられ、最もバランスの取れた取引所と言えます。

取引コスト:入出金手数料が無料取引手数料が多くて0.01%のため取引コストがほぼかからない、取引所形式で取り扱いがあり安く買える

信頼性:金融事業も行う東証1部上場企業のGMOインターネットグループが運営するため、取引所運営のノウハウが充実している

【GMOコインが選ばれる3つの理由】手数料無料で100円から取引!
GMOコインとは? GMOコインは東š ...

続きを見る

すぐに口座開設をしたい人はこちらから申し込みができます。

\手数料無料で取引できる!/

GMOコインの公式サイトへ

ネムのカタパルトまとめ

ネムのカタパルトまとめ

  • カタパルトは射出機という意味
  • カタパルトは仮想通貨ネムで予定されているアップデート
  • 実装されると処理速度やセキュリティが大幅に向上する
  • ネムと密接な関係のあるmijinでは、2016年5月にmijin v.2(カタパルト)として実装済み
  • ネムでの実装は2018年中とされているが、2018年12月現在未定

いかがでしょうか。

ネムのカタパルトが実装されれば、その価値の向上から価格への影響も考えられそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

24時間365日の電話サポート!BITPoint(ビットポイント)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-無料ユーザー負担

BITPointは、東証2部上場の企業が運営する取引所です。

また24時間365日の電話サポートも行っているので初心者でも安心してトレードができます

通貨ペアはなんと52通り!Liquid by Quione(リキッドバイコイン)


キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-ほぼなし出金:500円

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、ビットコインの取引高が日本一の人気の取引所です。

通貨ペアが52通りと、他の取引所では類を見ないペア数を誇っています。

また独自に発行されている「QASHトークン」を使えば、取引手数料の割引なども適用されるうれしい特徴も。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円
bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン7種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
約1.35%無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。 また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

-ネム

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.