【ネムのチャート】コインチェック事件で風評被害のその後

更新日:

ネムのチャート

2018年1月、大手仮想通貨取引所のコインチェックで580億円相当の仮想通貨が盗まれる、いわゆるコインチェック事件が起きました。

その時に盗まれた仮想通貨がネム(XEM)でした。

ネム自体に問題があったわけではないですが、報道では盗まれた仮想通貨として何度も耳にしました。

そのため、ネムに対してネガティブなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

男性
風評被害ってやつだね。
でも実際は優れた機能を持った通貨なのよ。
女性

この記事ではネムの特徴やチャートの値動きを見ていきます。

この記事でわかること

  • ネムのチャートの動き
  • ネムの特徴
  • ネムの購入にオススメの取引所

読者が選んだ人気の取引所ランキング

coinchecklogo

Coincheck / 総合93点

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

ネムの最新チャート・価格

ネム最新価格・チャート

ネムのリアルタイムチャート・時価総額

ネム/USドルのリアルタイムチャートです。

 


2019年1月16日時点でのネムの価格は約6円(1XEM)で、時価総額は全仮想通貨の中で16位となっています。

 

そもそもネム(XEM)とは?

ネムの基本情報

ネム(NEM)とはNew Economy Movementの略称で、その意味としては新しい経済運動。

その名の通り新しい経済圏の創出を目指す仮想通貨プロジェクトとして立ち上がりました。

プロジェクトの基軸通貨をXEMといい、通称ネムと呼ばれています。

ネムは2015年3月に公開され、開発チームに日本人が在籍していたことから日本では高い知名度を誇ります。

2017年にはネムを支援する財団が発足されていて、ネムの開発や利用を促進する活動がスタートしています。

より詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしてみてください。

ネムの魅力に迫る
ネム(XEM・NEM)は2019年に覚醒?愛され通貨の魅力と今後に迫る
ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目標とした仮想通貨のプロジェクトです。コインチェック事件で一躍有名になりましたが、ネム自体のセキュリティは優秀です。ネムにまつわるコミュニティは多く愛されている通貨です。

続きを見る

NEM JAPAN(ネム・ジャパン)の発足

2018年11月29日にはNEM JAPAN(ネム・ジャパン)の設立が発表されています。

NEM JAPANは、日本でネムのブロックチェーンテクノロジーを普及促進するための非営利組織です。

主には以下のような活動をしていく予定です。(出典:CoinChoice

  • ネムを採用する企業のサポートやブロックチェーン技術を検討している企業へNEM技術
  • NEM(XEM)の取扱いを希望する交換事業者へ、安全に通貨の取扱いができるようサポート環境の構築
  • ネムに関する勉強会やイベント等の開催

ネムのマイニング方式

マイニングは、仮想通貨取引の承認作業を行うことで仮想通貨の報酬がもらえる仕組みです。

マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説
マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。 仮想通貨では、取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

続きを見る

ビットコインなどが採用し知名度のあるマイニング方式はプルーフオブワーク(Proof of Work)ですが、ネムではプルーフオブインポータンス(Proof of Importance)が採用されています。

これは通貨の保有量や取引量など、ネムのネットワークへの貢献度を評価して、それに基づいて発言権を与える方式です。

プルーフオブワークやプルーフオブステーク(Proof of Stake)の問題点を解消した、優秀なマイニング方式です。

また、そのマイニング方法をハーベスティングといいます。

ネムの過去のチャートの動き

ネムの過去チャートの動き

ネムは、2017年12月~2018年1月にかけて急騰・急落があり大きく値動きしました。

この動きは仮想通貨全体に言えることですが、この記事ではネムのチャートについて見ていきましょう。

ネムのチャート1

出典:みんなの仮想通貨

2017年末に始まった急騰

急騰は2017年12月にあり、大きく2つのポイントがありました。

1つは2017年12月上旬です。

ネムチャート2

出典:みんなの仮想通貨

中国のチャットツールWeChatがネムと提携するという誤報が流れると、20円台で推移していたネムは一時80円超えの急騰を見せました。

誤報だったため元の価格への下落が予想されましたが、値下がりは限定的でした。

一時40円台まで下げたものの価格は上昇を続け、2017年末には120円台まで上がりました。

ネムチャート3

出典:みんなの仮想通貨

2018年、年が明けると最高値は200円を超えています。

これだけ高騰した背景には、要因は以下のようなできごとが考えられます。

  • コインチェックのテレビCM効果で仮想通貨の認知が高まった
  • ネムの技術を利用するブロックチェーンmijin(ミジン)のCatapult(カタパルト)のリリースが控えていた
  • 中国の取引所にネムが上場した

特に、大量に放映されたコインチェックのテレビCMの影響が大きいと考えられます。

あのCMは本当たくさん見たよ。
CMを見て仮想通貨が身近なものだと感じた人が多かったのかもしれないわね。
女性

2018年から始まった急落

ネムチャート4

出典:みんなの仮想通貨

2018年1月中旬から下落が続きます。

200円から約150円まで下落したところで、2018年1月16日に起こった韓国の仮想通貨規制の影響でさらに下落が続きます。

また、2018年2月26日に起きたコインチェック事件

一時は上げたものの、2月にかけて徐々に下げていきます。

長期的に仮想通貨への不安やイメージダウンにつながり、価格も下がっていったものとみられています。

2018年11月には、ネムを取り扱う取引所のコインチェックがネムの入出金を再開したことから、一時10円台から16円程度まで上がり50%を超える大幅高となっています。(出典:コインテレグラフ

男性
入出金を再開しただけで、すごいね。
コインチェックの影響力の大きさがうかがえるわね。
女性

しかし2018年末には約7円となり、2017年4月と同じ水準に戻りました。

【2019年】ネムの価格予想

ネムの価格2019

ネムの価格は今後上がるのでしょうか。

アメリカの価格予想サイト MCP FORECASTS は、独自の予測アルゴリズムで最長5年間の価格予想をします。

MCP FORECASTSの予想によれば、1XEMの価格は2019年を基準に、来年度(2020年)は0.693131ドル、3年間(2022年)で1.20ドル、5年間(2024年)で3.35ドルと予測しています(XEM)。

ネム価格予想サイト

出典:MCP FORECASTS

男性
1年後に+1,120%って、かなり強気の予想だね。
そうね、今考えると現実味がないわね。
女性

ネムの将来性・価格が上がる要因

ネムXEM価格上昇の要因

では価格が上がるとすればどのような要因が考えられるでしょうか。

ここでは以下の3点に着目します。

  • ネムのカタパルト実装
  • ネムの高いセキュリティ
  • コインチェックの仮想通貨交換業者登録

ネムのカタパルト実装

カタパルトはざっくりいうと超高性能なブロックチェーンです。

実験段階のカタパルトのデータをビットコインを比較した際、200倍近くの処理能力の差があると言われています。

カタパルト実装後のトランザクション処理能力は秒あたり3,000~4,000件になるとされており、これはリップルの1,500件/秒を大きく上回ります。

実装完了すればネムの価値が上がるため、価格への影響も考えられるでしょう。

なおカタパルト実装は2018年中が目途と見られていましたが、2019年1月時点でまだ実装されていません。

ネムのカタパルト
【ネムのカタパルトとは?】処理能力が仮想通貨で最速にアップデート
仮想通貨はアップデートに ...

続きを見る

ネムの高いセキュリティ

ネムはコインチェック事件の影響でセキュリティ面の不安を覚えますが、実はセキュリティの高さが評価されています。

中国の国家セキュリティ情報機関CERTが行った主要通貨25銘柄のセキュリティレポートで、ネムはずば抜けて高い評価を得ました。

中国のCERT(中国の非営利サイバーセキュリティセンター)の報告書によると、NEMは他のプロジェクトと比べ、最も安全なプロジェクトと報告されました。(出典:CoinPost

この事実が浸透していけば、コインチェック事件で受けたイメージも変わっていき、価格への影響も考えられるかもしれません。

コインチェックの仮想通貨交換業者登録

2018年11月にネムの入出金を再開したコインチェックですが、2019年1月11日に仮想通貨交換業者として金融庁の認可が下りました。(出典:コインテレグラフ

もともとはみなし業者というあいまいな立ち位置で運営をしていたコインチェックですが、マネックスグループの傘下となり体制を整えた結果国が認めた取引所になりました。

発表後に大きな価格の動きはありませんでしたが、ネムの取引が活発な取引所の体制が整ったことで、今後の価格変動が起こりやすい環境になったといえるでしょう。

コインチェックのロゴ
【コインチェック(Coincheck)】現在の手数料、評判やメリット・デメリットを紹介!
2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

ネムの購入にオススメの取引所

ネム購入オススメ取引所

ネムを取り扱っているオススメの取引所です。

唯一Zaifが現物取引を扱っていましたが、現在は新規口座開設受付を取りやめているためここでは割愛します。

ネムの取引量が多いコインチェック

2019年1月11日に仮想通貨交換業者となったコインチェック

取引手数料が無料ネムの流通量も多いためネムの取引には最適です。

2018年1月にはコインチェック事件を起こしているため、不安な人も多いかもしれません。

コインチェックの勝屋敏彦代表取締役は、不正流出事件は二度と起こさないと宣言できるのか?という記者の質問にこう答えています。

ほぼ1年間だが、しっかりセキュリティを高めて二度と不正流出がないように、努めてきました。ただセキュリティに関しては、『そこまでやれば万全』ということではなくて、内部管理と同様に不断に努力をしてようやくキャッチアップできるものだと思っております。(出典:コインテレグラフ

事件の教訓を受けて生まれ変わったコインチェックに期待したいですね。

コインチェックのロゴ
【コインチェック(Coincheck)】現在の手数料、評判やメリット・デメリットを紹介!
2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

コインチェック元社長の和田晃一良氏とは
【コインチェック】炎上した和田元社長の気になる現在!新社長は?
コインチェックの巨額流出事件で一躍話題になった、和田元社長。いったいどんな人物で、どのような経歴の持ち主なのでしょうか?この記事では、和田元社長とコインチェックに関するこれらの疑問を解説していきます。

続きを見る

ネムのチャートのまとめ

ネムチャートまとめ

  • 新しい経済圏の創出を目指す仮想通貨プロジェクトがNEM、通貨単位はXEM(ネム)
  • ネムのチャートは2018年1月のピーク時は200円を超えた
  • 2018年1月中旬からは、韓国の仮想通貨規制やコインチェック事件などが重なり仮想通貨業界とともに大幅下落
  • 2019年突入時の価格は7円
  • ネムを買うならDMM Bitcoinコインチェックがオススメ

いかがでしょうか。

ネムの過去のチャートの情報が今後の取引のお役に立てればうれしい限りです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
売却:-0.05%、購入:0.15%出金:540円~756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-ネム
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.