ネム(XEM・NEM)は2019年に覚醒?愛され通貨の魅力と今後に迫る

更新日:

ネムの魅力に迫る
仮想通貨とは?
ネム(NEM・XEM)は日本人になじみのある通貨だよね。
日本人が開発に関わっていたことやコインチェック事件が影響しているわね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

2018年1月に起きたコインチェック事件で盗まれた仮想通貨はネム(XEM)だったことから、ネムに対してよいイメージ持っていない人もいるかもしれません。

この記事ではイメージだけでは分からない、ネムの実態を幅広く紹介します。

この記事でわかること

  • ネムの基本・特徴
  • ネムの価格・チャート
  • ネムの今後・将来性
  • ネムの買い方、オススメ取引所

<ネム(XEM)購入を考えている人>
ネム(XEM)が買える国内の取引所は数少ないです。
もし買うのであればアプリが使いやすく、初心者向けCoincheck(コインチェック)がオススメです。

コイプラ編集部オススメの取引所3選

coinchecklogo

Coincheck / 総合94点

東証一部上場のマネックスグループ

全9種類の取り扱い通貨

GMOcoinlogo

GMOコイン総合93点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

取引所ランキング

ネム(XEM・NEM)とは?

ネムとは?

ネム(NEM)New Economy Movement(新しい経済運動)の略称で、新しい経済圏を作り出すことを目標とした仮想通貨のプロジェクトです。

2014年1月にプロジェクトの構想ができ、2015年3月31日に公開されています。

当初は開発チームに日本人がいたため、国内でも知名度がありました。

ネムのロゴ金銭的自由・分散化・平等を表現しています。

公式動画でコンセプトを紹介しています。(英語ですがイメージは伝わります)

 

ネムのプラットフォームで使用される通貨をXEM(ゼム)と言います。

一般的にNEM(XEM)ネム(XEM)などと表記されます。

 

ネム(XEM)は世界の仮想通貨のなかで時価総額19位(2019年2月現在)です。

コインチェック事件

2018年1月に仮想通貨取引所コインチェックで当時約580億円相当のネム(XEM)がハッキングされる、仮想通貨界史上最大レベルの不正流出事件が起こりました。

コインチェックハッキング事件の記者会見内容まとめ(出典:Coinpost)

事件の報道ではネム(XEM)の名前が多く挙がりますが、問題はコインチェックの管理体制にありネム(XEM)自体に原因はありませんでした。

チャートを見ると、事件が起きた1月26日の直後は価格を上げています。

ネムのチャート

 

出典:みんなの仮想通貨

その後の下落は、仮想通貨全体が下落相場だったことに起因します。

なお、事件を起こしたコインチェックはマネックスグループの傘下となり運営体制を整えた結果、2019年1月11日に仮想通貨交換業者として金融庁の認可が下りています。

NEM財団

2017年3月にはシンガポールでNEM財団が発足されました。

nemfoundationネム財団

出典:NEM.io Foundation

NEM財団は「政府、学会、産業界、開発者及びユーザーにNEMブロックチェーン技術の使用の促進」を目的に活動し、NEMを支えています。

ネム(XEM・NEM)の特徴は?

ネムの特徴

ネム(XEM)は新たな仮想通貨の在り方を作るために独自のブロックチェーン技術で開発され、他の仮想通貨にはない特徴をも持っています。

ここではネム(XEM)の特徴を見ていきましょう。

  • 独自のトークンが作れる
  • 情報機関も認める高いセキュリティ
  • 報酬獲得のハードルが低い
  • 活発なコミュニティ

独自のトークンが作れる

NEMにはユーザーが新たなトークンを作れる機能があります。

トークン

仮想通貨のブロックチェーンを間借りする形で発行される通貨。たとえばイーサリアム(ETH)は仮想通貨、イーサリアムのブロックチェーンを借りて発行される通貨がトークンです。

ネムのブロックチェーンをベースに新たなトークンを発行すれば、ゼロから仮想通貨を作る必要がありません

このような形でネムから派生してトークン(コイン)が作られていけば、ネムが目的とする新しい経済圏が広がっていきます。

仮想通貨とは?
ネムをもとに独自のコインが作れるんだね。
ネムは拡張性が高いのね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

ネームスペースとモザイク

ネムのトークンを作る機能を分解すると、ネームスペースモザイクがあります。

ネームスペース/モザイク

・ネームスペース

インターネットに例えるとドメインのようなものです。名前を付けたネームスペースを作ることでNEMのプラットフォーム上に独自のトークンが作れます。

・モザイク

インターネットに例えるとコンテンツ(画像、テキストなど)のようなものです。ネームスペース上に作れる独自のトークンをモザイクと言います。

大元となるネムでたとえると、ネームスペースがNEM、仮想通貨ネム(XEM)がモザイクです。

企業や組織が自社のサービスなどでトークンを発行したい場合、ネームスペースとモザイクを指定して利用料を払えば、一定の契約期間で独自のトークンが発行できます。

ちなみに、拡張性のある通貨として最も普及しているのはイーサリアムです。

イーサリアムベースのERC20という規格は、トークンの生成に最も多く使用されています。

ERC20とは?
ERC20とは?イーサリアムから生まれたトークンの正体を探る
ERC20はイーサリアムを支える重要なポイントになりますので、ERC20をしっかり理解し、これからのトレードに役立てていきましょう!

続きを見る

情報機関も認める高いセキュリティ

ネムはセキュリティ面でもほかの仮想通貨にはない独自の機能があります。

ノードを評価するシステムのEigenTrust++です。(ノードはブロックチェーンのユーザーを示す単位)

ノードの質を評価し悪意を持ったノードを見分け、該当するノードが見つかれば強制シャットダウンや参加規制をすることができます。

これにより安全なノードのみでネムが構成されるため、ネットワークのセキュリティが高く保たれます。

その結果、中国の国家セキュリティ情報機関CERTが行った主要通貨25銘柄のセキュリティレポートで、ネムはずば抜けて高い評価を得ました。

中国のCERT(中国の非営利サイバーセキュリティセンター)の報告書によると、NEMは他のプロジェクトと比べ、最も安全なプロジェクトと報告されました。(出典:CoinPost

仮想通貨とは?
セキュリティが高く評価されてるんだね!
実態はイメージとはだいぶ異なるわよね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

また、ネム専用のウォレットnano walletはマルチシグ対応で、高いセキュリティを有しています。

マルチシグは取引の実行に複数人の認証を必要とする機能で、もし誤った取引があればその取引を取りやめられます。

ネムのウォレットについて詳しく知りたい人はこちらをチェックしてみてください。

ネムのウォレット
ネム(XEM/NEM)のウォレットはどれがオススメ?人気の3種類を徹底比較
ウォレット管理の重要性がいまいちわからない、どのウォレットを使えばいいのか迷っている等々、疑問をすっきり解決しましょう。

続きを見る

報酬獲得のハードルの低さ【認証方法】

複雑な計算式を解くことで仮想通貨の取引を認証し、報酬を得ることをマイニング(採掘)と言います。

ネムも同様に報酬を得る仕組みがありますが、マイニングではなくハーベスティング(収穫)と呼びます。

マイニングをするには性能の高いコンピューターや計算に要する膨大な電力が必要ですが、ハーベスティングは高機能ではない一般的なパソコンでもできるため参加ハードルが低いです。

マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説
マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。 仮想通貨では、取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

続きを見る

POI(Proof Of Importance)

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨は、取引の認証方式にPOW(Proof of Work)を採用しています。

POWは複雑な計算式を早く解いた人が報酬をもらえます。

それには高い機能を持つ設備と電力を要するため、条件を満たすユーザーが報酬を独占しやすい傾向にあります。

また、膨大な電力の消費を続けることは環境にもよくないです。

仮想通貨とは?
マイニングは会社規模でもやってるんだよね。
そうね。GMOはサーバーの冷却に有利な北欧にマイニングファームを作っていたわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

ネムはそんな課題を解消する認証方式、POI(Proof Of Importance)を採用しました。

POIはImportance(重要度)が高いほど報酬を獲得できるルールです。

重要度は通貨の保有量と取引量を基準に、ユーザーのNEMネットワークの貢献度合いを表したものです。

POIを採用することで、POWで問題になったマイニングの独占や電力の無駄な消費はなくなります。

POIは誰もが公平に報酬を獲得できる環境を生み出しています。

【POIってどんなマイニング?】通貨に対する重要度とは?
POIは、POSの問題点を解決しているマイニング方式です。しかし、まだ一般的ではありません。有名な仮想通貨では、ネムくらいしか採用していませんが、今後広がっていく可能性はあります。

続きを見る

ネム独自の報酬獲得の仕組み・ハーベスティング

ネムでは前述したPOIによって認証作業をし、報酬を得ることをハーベスティングと言います。

ハーベスティングに参加するには、前述したネムの公式ウォレットnano walletに10,000XEMを預ける必要があります。

仮想通貨とは?
10,000XEMって日本円でいくらだろう。
2019年1月現在のネム(XEM)の価格は約6円だから、60,000円相当のネム(XEM)が必要ね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

nano walletに一定期間預ると、ハーベスティングの参加権が得られます。

ハーベスティングには以下2種類あります。

  • PCの計算処理能力を利用したローカルハーベスティング
  • オフラインでもできるデリゲート(委任)ハーベスティング

ローカルハーベスティング

自分のパソコンの計算処理能力を使ってハーベスティングする方法です。

パソコンをネットに接続しハーベスティングを開始(ボタンを押す)すると、自動的に処理を行い報酬を得ることができます。

デリゲート(委任)ハーベスティング

デリゲート(委任)ハーベスティングはその名の通り、ハーベストをスーパーノードという第三者に委託する方法です。

スーパーノードは、重要度が高く評価された参加者(ノード)です。

スーパーノードになるには、3,000,000XEM以上を保有するなど厳しい条件が設けられています。

第三者に委託するため、オフラインでもハーベスティングができるのです。

ネム本体はデリゲート(委任)ハーベスティングを推奨しているため、参加ユーザーの多くがこの方法を使っています。

NEMの説明書というサイトではハーベスティングの方法を詳しく解説しています。

ネムはコミュニティが活発

ネムはモナコイン同様、コミュニティが活発な仮想通貨です。

ネムに関連したグッズやイベントが企画されたり、決済にネムを使用する店舗も多いです。

たとえば渋谷にあるnem barでは、過去に初心者向け講習会などを実施しています。

移転予定だったnem barは2019年2月末、移転中止を発表し閉店となりました。

また、開発言語にはJavaが使用されていて開発のハードルが低いことから、開発コミュニティも活発です。

ネム(XEM・NEM)の価格・チャート

ネムのチャートをチェックします。

以下は2017年~2018年の週足チャートです。

ネムの週足チャート

出典:みんなの仮想通貨

2017年末に大きく上げ一時、1XEM=200円を超えましたが、2018年に入ると大きく下げています。

2018年の4月には一時上昇トレンドもありましたが、その後は一貫して下落トレンドです。

2019年2月末時点では、5円前後を推移しています。

チャートの上昇、下降の要因についてこちらの記事でまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

ネムのチャート
【ネムのチャート】コインチェック事件で風評被害のその後
ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目指す仮想通貨プロジェクトで通貨単位はXEM(ネム)です。ネムのチャートを見ると2018年1月のピーク時は200円を超えています。 2018年1月中旬からは、韓国の仮想通貨規制やコインチェック事件などが重なり仮想通貨業界とともに大幅下落し、2019年突入時の価格は7円で推移しています。

続きを見る

【2019年】ネム(XEM・NEM)の今後を左右するポイント

ネムの将来性

通貨の性能は高く、コミュニティも活発なネムですが、価格は低水準を保っています。

2019年1,2月の日足チャートでチェックします。

2019年ネムのチャート日足

出典:みんなの仮想通貨

下落トレンドは変わらずで、一時1XEM=4円を割っています。

2月下旬には少し上がり5円を超える日もありました。

今後、価格は上がるのでしょうか。

ネムの今後の価格を左右しそうなポイントを紹介します。

カタパルトの実装

ネム(XEM)の価格が上がる要因として注目されているのが、ネムへのカタパルト実装です。

カタパルトはざっくりいうと超高性能なブロックチェーンです。

実験段階のカタパルトのデータをビットコインを比較した際、200倍近くの処理能力の差があると言われています。

カタパルト実装後のトランザクション処理能力は秒あたり3,000~4,000件になる見込みです。

ビットコインの3件/秒、イーサリアムは15件/秒、さらにはリップルの1,500件/秒をも大きく上回ります。

これだけの処理能力が実現すれば決済通貨の可能性も見込めるようになり、価格への影響も考えられるでしょう。

なおカタパルト実装は2018年中が目途と見られていましたが、2019年1月時点でまだ実装されていません

アルトコインは1600種類以上ある
ネムのカタパルトはこちらの記事で詳しくまとめています。
ネムのカタパルト
【ネムのカタパルトとは?】処理能力が仮想通貨で最速にアップデート
仮想通貨はアップデートに ...

続きを見る

mijin(ミジン)の普及

mijin(ミジン)テックビューロホールディングスによって開発されたプライベートブロックチェーンで、ネムのブロックチェーンが使われています。

プライベートブロックチェーンは、金融決済、ID認証、ポイント管理など企業が持つサービスに適応でき、それぞれの情報を台帳に記録して管理できます。

mijinにはネムの開発に2年以上携わった実績を持つ開発チームがあるため、ネムの技術と密接なつながりがあります。

このmijinが企業に普及すれば、利用されているネムのブロックチェーンの価値も上がることが期待できます。

コインチェックの仮想通貨交換業者登録

記事冒頭で触れたコインチェックですが、2019年1月11日に仮想通貨交換業者として金融庁の認可が下りました。(出典:コインテレグラフ

もともとはみなし業者というあいまいな立ち位置で運営をしていたコインチェックですが、マネックスグループの傘下となり体制を整えた結果国が認めた取引所になりました。

国内でネムの現物を取り扱うのはコインチェックのみです。

ネムの取引が活発な取引所の体制が整ったことで、価格変動が起こりやすい環境になったと言えます。

ネム財団が組織の再編を発表

ネム財団は2019年1月31日に組織再編を発表しています。

NEM.io財団が先月31日、プロモーションを中心とした組織からプロダクトを中心とした組織への組織再編を発表した。この件をめぐって「倒産危機」という報道があったことに対して、財団の代表はツイッターで反論している。(出典:コインテレグラフ

実はコインデスクが同日に「倒産危機報道」を報道しており、財団の代表がそれに反論する形での発表となっています。

その理由については以下の見解を伝えています。

NEM.io財団は、XEM価格が高かった時は非効率的な組織は問題にならなかったものの、「『仮想通貨冬の時代』においては大きな問題になる」という認識を示した。

この再編の発表直後にはネム(XEM)の価格上昇は見られませんでした。

再編されたネム財団が2019年を通じてどのような動くのか、注目したいポイントです。

ネム(NEM)を買うのにオススメの取引所

ネムが買える取引所

ネムの特徴を知り、買ってみたいと思った人もいるかもしれません。

2019年1月11日に正式に仮想通貨交換業者となったコインチェック

取引手数料が無料ネムの流通量も多いためネムの取引には最適です。

2018年1月にはコインチェック事件を起こしているため、不安な人も多いかもしれません。

コインチェックの勝屋敏彦代表取締役は、不正流出事件は二度と起こさないと宣言できるのか?という記者の質問にこう答えています。

ほぼ1年間だが、しっかりセキュリティを高めて二度と不正流出がないように、努めてきました。ただセキュリティに関しては、『そこまでやれば万全』ということではなくて、内部管理と同様に不断に努力をしてようやくキャッチアップできるものだと思っております。(出典:コインテレグラフ

事件の教訓を受けて生まれ変わったコインチェックに期待したいところです。

コインチェックのロゴ
【コインチェック(Coincheck)】事件の詳細は?現在の手数料などの評判やメリット・デメリットを紹介!
2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

口座開設や詳細についてはCoincheck公式サイトでチェックしてみてください。

ネム(NEM)のまとめ

ネムのまとめ

  • 拡張性が高く、独自のトークンが作れる
  • 情報機関も認める高いセキュリティを誇る
  • 取引の認証方式はPOI
  • 報酬をもらうことをハーベスティングと呼び、もらえるハードルは低い
  • ネムを取り巻くコミュニティは活発
  • 超高性能になるカタパルトの実装を控えている
  • ネム(XEM)を買うならDMM Bitcoin、コインチェックがオススメ

いかがでしょうか。

なかなか魅力的な仮想通貨ですよね。

今後注目すべきポイントはカタパルトの実装と言えるでしょう。

引き続き注目していきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼関連記事を読む
【ネムの口コミ】コインチェックで盗難被害に遭った仮想通貨の評価は?

【2019最新】初心者必見!仮想通貨の取引所ランキング5選【失敗しない】

【どれが有望?】アルトコインの2019年オススメをいっきに紹介!

通貨数はなんと9種類!coincheck(コインチェック)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックはマネックスグループが運営する取引所です。

初心者にはとくに使いやすいアプリを採用しているだけでなく、通貨の種類はなんと9種類。

仮想通貨未経験者であれば絶対にオススメしたい取引所です。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-アルトコイン, ネム
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.