【CNBC予想】ビットコイン価格は2020年5月までに590万円を越えると予想

ビットコイン価格の予想

アメリカの大手通信社CNBCのJoe Kernenは、ビットコインの価格が2020年までに55,000ドル(約590万円)を超えるかもしれないと予想しています。

2020年の半減期で価格高騰か

Kernenは仮想通貨の価格上昇要因を、2020年5月頃に起こると推定されているビットコインの半減期に関連付けます。

半減期とは、仮想通貨のマイニングでもらえる報酬が半分になる時期を指します。この半減期が起こると、マイナーは現在の12.5BTCの半分の6.25BTCを報酬として受け取るようになります。

最後の半減期は2016年7月9日でしたが、この半減期後から2017年末までにビットコインの価格は徐々に上がり、2万ドル台に達しました。

このように半減期が起こるとビットコインの供給量が減り、通貨の価値が上昇するため、Kernenは次の半減期でも同様の要因で価格は高値を更新すると予想しています。

この予想は単にビットコイン信者をからかっていただけと明らかに

この大胆な予想をしたKernenですが、ただ単にビットコイン信者をからかっていただけということを番組中ほのめかしました。

一方で彼はビットコインを金と銀と比較し、仮想通貨は需要量に対して供給量が少なくなっていることを指摘しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.