ビットコイン価格がこんなに早く落ちる理由は?

ビットコイン価格はなぜ落ちた?

誰かがビットコイン価格が急落するように命じたのはいつでしょうか?どうして、ビットコイン価格が下落する時は、そんなに大層なやり方でなければならないなのでしょうか?

ビットコインが…でも、落ち着いて!

仮想通貨の元祖であるビットコインの価格は8月28日、30分足らずで600ドル以上も下落し、約10,200ドルから約9,600ドルにまで値を下げました。残念ながら、事態はそこで完全に収束しません。29日にはビットコインがさらに200ドル下落し、9,400ドル台後半に落ち着きました。

悪いニュースは、ビットコインの値動きがすべてのアルトコイン関連のものを台無しにしているように見えるということです。本記事執筆時点では、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イオス(EOS)、リップル社のXRPなど、ビットコインに競合する多くの仮想通貨も下落しており、イーサリアムは170ドル台前半で取引されています。これら仮想通貨の多くは、過去24時間以内に価格が5〜11%下落しています。

このニュースを受けて多くのアナリストたちは困惑しながら、何が起きたのか、そして何が原因でビットコインがこんなに速いスピードで人気を失ってしまったのかについて考察しています。何人かの専門家は、今回の下落は大量のキャッシュアウトのようなものであり、来週金曜日に登場する新しいビットコイン先物取引を購入するために、投資家が保有しているビットコインの一部を売却したという見方を示しています。

ボストンに拠点を置く仮想通貨の投資分析企業Flipside Crypto Inc.のCEO、Dave Balter氏は次のようにコメントしました。

我々の側から見ると、今回の下落は金曜日に期限を迎えるビットコイン先物の現物決済への売りに見える。

Arca社のCEOであるJeff Dorman氏によると、多くの仮想通貨は人々の口座(ウォレット)の中に放置され、何もしていない状態だといいます。つまり、仮想通貨の発行量全体から見ればほんのわずかな「通常以上の取引」でも、仮想通貨の価格に大きな影響を与えてしまう可能性が高いということです。彼はこう述べています。

今回の事象が起きたのは、労働者の日(※アメリカの祝日)の1週間前のことだ。仮想通貨の半分はバーニングマンにあり、残りの半分は何もしていない。出来高が少なく、市場を動かすのに今はほとんど時間がかからず、今週末には先物やオプションの期限が迫っている。私が指摘できる唯一の決定的な点は、この動きがEOS、ETH、XRP、BCH、LTCをはじめとする時価総額の大きな仮想通貨の減少によって引き起こされたということだ。今のところ、価格を維持しようとする投資家はあまりいないと思う。

仮想通貨が動くのを測るのが最適

ビットコインが下がっているのはアルトコインが下がっているからであって、その逆ではないとDorman氏が考えているのは興味深いと言えるでしょう。

ある情報源によると、時価総額は仮想通貨の全体的な健全性を決定する確固たる要素ではありません。100ドルで取引されているときには仮想通貨を購入するでしょうが、1,000ドルを超えると何もしないのです。実現された時価総額は、仮想通貨が動いているときにその銘柄がどれだけ安定しているかを測定する、はるかに正確な尺度であることを示唆しています。

参考
What Could Have Prompted Bitcoin to Fall So Quickly?

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大級の11種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック11種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~
コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類も国内最大級の11種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.