ビットコインの時価総額を株式市場に置き換えると「世界50番目の企業」に

ビットコインは世界50番目企業

ビットコイン(BTC)の時価総額を株式市場で置き換えると……

Coinmarketcapのデータによると、7月30日現在のビットコインの時価総額は1,690億ドルに到達。2位のイーサリアムの時価総額が228の億ドルなので、ビットコインは依然として仮想通貨市場の主役の通貨といえるでしょう。

このビットコインの時価総額を上場企業に置き換えると、ビットコインは世界50番目のランクに位置していることを仮想通貨ニュースメディアのBitcoinistは伝えています

ビットコインの時価総額は7月に最高2332億ドルに達しましたが、その時点での時価総額はForbes Global 2000リストに掲載されている企業に置き換えると、26番目の位置にいたことになります。

暗号市場と株式市場

一方で、暗号市場全体の時価総額は2019年7月30日時点で2,640億ドルです。

世界全体の株式市場の時価総額の合計は約6860兆円なので、仮想通貨のが世界の株式市場のわずか0.38%しかないことを表しています。

ただ仮想通貨市場は初期段階にあり、この業界全体にまだ成長の余地があることを意味していると記事は締めくくられています。

元記事

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.