ビットコインの時価総額を株式市場に置き換えると「世界50番目の企業」に

更新日:

ビットコインは世界50番目企業

ビットコイン(BTC)の時価総額を株式市場で置き換えると……

Coinmarketcapのデータによると、7月30日現在のビットコインの時価総額は1,690億ドルに到達。2位のイーサリアムの時価総額が228の億ドルなので、ビットコインは依然として仮想通貨市場の主役の通貨といえるでしょう。

このビットコインの時価総額を上場企業に置き換えると、ビットコインは世界50番目のランクに位置していることを仮想通貨ニュースメディアのBitcoinistは伝えています

ビットコインの時価総額は7月に最高2332億ドルに達しましたが、その時点での時価総額はForbes Global 2000リストに掲載されている企業に置き換えると、26番目の位置にいたことになります。

暗号市場と株式市場

一方で、暗号市場全体の時価総額は2019年7月30日時点で2,640億ドルです。

世界全体の株式市場の時価総額の合計は約6860兆円なので、仮想通貨のが世界の株式市場のわずか0.38%しかないことを表しています。

ただ仮想通貨市場は初期段階にあり、この業界全体にまだ成長の余地があることを意味していると記事は締めくくられています。

元記事

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-news

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.