ビットコイン(BTC)のライトニングネットワークの実装で発見されたバグを修正

ビットコインライトニングネットワークで発見されたバグが修正される

ビットコインのライトニングネットワークの実装にともなうバグが発見され、現在はバグが修正されたことが仮想通貨情報サイトBitcoinistで報じられました

同記事では、ブロックストリームのコアエンジニアであるRusty Russellが、C-Lightning、Éclair、およびLightning Network Daemon(lnd)の実装に影響を与える重要なBitcoin Lightning Networkバグを発見したことを報道。

現在、Blockstream、ACINQ、Lightning Labsの3つの独立チームがライトニングネットワークの実装に取り組んでいます。これらのチームの主な目的は、とりわけ、トランザクションコストを削減すると同時に、ビットコインネットワークのスケーラビリティとセキュリティを強化しています。

ライトニングネットワークのバグの詳細は以下のツイートのリンクから確認できます。

仮想通貨・ビットコインのライトニングネットワークについては、こちらで詳しく解説しています。

ライトニングネットワーク
仮想通貨のライトニングネットワークとは?ビットコインの問題点を解決する仕組み

仮想通貨のライトニングネットワークとは? どのような仕組みなの? このような疑問が解決できる記事になっています。 この記事の「ライトニングネットワークのメリット」を読めば、あなたもライトニングネットワ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.