なぜビットコイン(BTC)の年末価格は予測不可能なのか?今後の動きに注目

ビットコインの眼鏡をかける女性

2018年末といえば、仮想通貨投資家にとってかなり厳しい時期でした。

ビットコインキャッシュはハードフォークし、最終的にオーストラリアのビットコイン開発者Craig Wrightが承認した通貨であるビットコインSVが生み出されました。

その間ビットコイン価格は下落し、その後翌年の4月まで価格回復の兆しは見えませんでした。

もうすぐ2019年末になり、これらのイベントから1年が経過しようとしています。

ビットコインの価格は今後どうなるのでしょうか。

ビットコイン:相変わらず予測不能

ビットコインは10月21日時点で。過去24時間で価格が86万円から89万円まで上昇しています。

これは良い兆候といえますが、実際にはあまり意味がありません。なぜならビットコインは約4週間、このパターンに従っているからです。

2019年10月21日17時29分のビットコイン価格

出典:TradingView

この動きを踏まえてCryptonews.comは、「今後の残りの週に何が起こるかを知る方法はありません」と結論づけています。

リップル(XRP)が今月の注目銘柄

リップル(XRP)は今月最大のプレーヤーであり、数週間ぶりに30円台で取引されています。

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインは引き続き苦戦していますが、リップルベースの通貨は多くのデジタル競争をしのいでいます。

NEM VenturesのアドバイザーであるNicholas Pelecanosは次のようにコメントしています。

仮想通貨市場の全体の取引量は徐々に減少しているため、トレーダーは仮想通貨市場全体の傾向が明確になることを待っていますが、現在は6月の最高値から46%も減少しています。

XRPはこの1週間で素晴らしい反発を見せていますが、XRPも減速し始めています。

なぜ仮想通貨市場は低迷しているのか?

Nicholas Pelecanosは、仮想通貨で突然価格が下落する理由はいくつかあると言います。

一つには、米国と中国の関係が改善しはじめていることがあげられます。そのため、仮想通貨は2019年夏ごろに喧伝されていていた「安全資産としての天国」としてもはや見られていません。

さらに、主要な競争相手として考えられていた新しいFacebook通貨であるLibraの計画はスムーズに進んでおらず、ビットコインやほかのアルトコインも同様に低迷しています。

ビットコインETFが不承認となり悲観ムードがただようなか、年末にかけて仮想通貨市場が今後どうなるのか注目です。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMMビットコイン

DMMbitcoinキャンペーン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMMビットコインをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.