【米国】ビットコインとブロックチェーンは雇用を創り出すための法整備を推進している

ブロックチェーン

Jumpstart Our Business Startups Act(JOBS)は、米国で雇用を創出することを目的とした法律です。その背後には、さまざまな証券規制を緩和することにより、中小企業の資金調達を促進する意図があります。

バラク・オバマ大統領は、2012年4月にJOBSを法律に署名しました。この法律の制定前、当局は少なくとも100万ドルの純資産を保有する認定投資家からのみ資金を調達することを許可していました。

しかし、JOBS法に基づき小規模企業の資本形成を支援し、投資家にさらなる保護を提供するために、新しい規則と修正案が設計されました。

それによると、2015年10月30日に米国証券取引委員会は、クラウドファンディングを通じて企業が証券を提供および販売できるようにする規則を採用しました。
具体的には、投資家が証券を取引するためにクラウドファンディングを使用できるように、証券法の下で連邦の免除を提供しました。

しかし、フォーブスによれば、法律は予想される雇用数を実現できず、法律の主要な支持者の1人であるNASDAQのデビッド・ウェイド元副議長は、ブロックチェーンを使用した「JOBS法2.0」を求めています。

今、法律はその約束を果たし始めているようです。 たとえば、2019年8月19日、INX Ltd.は、SECにセキュリティトークンを販売して1億3,000万ドルを調達するための新規株式公開請願を提出しました。この IPOに参加するための最小投資額は1,000ドルとなっっています。

またINXの取締役会に参加しているウェイド氏は、14のブロックチェーンおよび暗号通貨クライアントが垂木で待機しており、最高のブロックチェーンを従来の取引所に持ち込み、おそらく最終的にJOBS Actを正しく取得できると述べています。

ビットコインがデジタル経済に職を生み出す

ビットコインはまた、デジタル経済に直接仕事を生み出しています。 Monster.com、Simplyhired.com、Indeed.comなどの求人サイトは、BTCに関連するさまざまな求人を継続的に投稿しています。

さらに、フリーランスの仕事の機会に特化したサイトは、多くの場合、BTCで支払う仕事を掲載しており、Cointasticalは、ビットコインで支払いを提供するフリーランスプラットフォームのリストを公開しました。

したがって、ビットコインのテクノロジーとモノのインターネット(IoT)のおかげで、デジタル経済は引き続き多くの仕事と機会を提供してくれます。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.