【動画】法定通貨を燃やし、仮想通貨に変える「カオスボックス」が登場

chaos-machine

「仮想通貨版のジュークボックス?」「それとも洗練されたトースター?」

2018年にDistributed Gallery(ディストリビューテッド・ギャラリー)という匿名アーティストによって生み出された「カオスマシン」を紹介します。

独自通貨のchaos coinを精製する、謎の箱

この「カオスマシン」と呼ばれる機械にお札を挿入すると、ネットワーク内でのみ使用できる独自通貨chaos coinが発行されます。

この通貨を発行しているあいだは、キャビネット内のスピーカーからカオスマシンから音楽が再生されており、この機会を利用した人は新しい曲をブロックチェーン上のプレイリストに追加する権利を入手できます。

カオスマシンは、2019年10月17日〜20日にフランスのパリで開催される国際現代美術展(Foire internationale d'art contemporain exhibition)で鑑賞可能です。

もっと仮想通貨に詳しくなる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.