中国政府による仮想通貨の発行のニュースは「誤報」と中国・テンセントが報じる

中国の仮想通貨のニュース

コインプラスでは、8月13日に「中国政府による仮想通貨の発行はもうまもなくか」という記事のなかで、中国の中央銀行は、ブロックチェーンを活用したデジタルフィアット(政府によって発行される電子通貨のこと)を発行する計画についてのニュースを報じました。

しかしそれらのニュースは、「信頼できない」ソースに基づいている、と大手ハイテク企業Tencentが所有する中国の主要ニュースアプリTencent Newsは本日述べています。

特定された情報源を引用したフォーブスの報告書によると、中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)は」国家暗号通貨を立ち上げると報じられ、中国工商銀行(ICBC)、中国の銀行、中国農業銀行、決済カード会社銀聯、中国ビジネスの巨人アリババとをTencent、および中国の銀行の無名の協会が、政府発行の通貨を受け取るとのニュースが発表されました。

しかし、Tencent Newsが発行した短い記事は、フォーブスレポートの2つの情報源による主張を反論し、「信頼できない」としました。

Tencent Newsの記事によると、「中央銀行関係者に近い人々」は、トークンプロジェクトの「タイミング」と「組織」の両方がフォーブスの情報源によって誤って特徴付けられていると述べました。彼らはさらに、情報源による主張を「完全に根拠のない推測」として説明しました。

参考記事
Chinese Media Denies Report of Upcoming State-Backed Digital Token

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMMビットコイン

DMMbitcoinキャンペーン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMMビットコインをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.