中国政府による仮想通貨の発行はもうまもなくか

投稿日:

中国 デジタルフィアット

中国の中央銀行は、ブロックチェーンを活用したデジタルフィアット(政府によって発行される電子通貨のこと)を発行する計画の詳細を明らかにし、多くのリソースと人員採用を進めています。

Beijing Business Todayのレポートによると、中国人民銀行(PBoC)の決済局のMu Chang Chun 副局長は、同銀行がデジタルフィアットのリリースに取り組んでいることを発表。

新聞はまた、中央銀行が積極的に人材を募集しており、国内のブロックチェーン技術企業を買収または投資していることを検討したと述べています。

また、プロジェクトにおける中国人民銀行の目標は、銀行が現在無駄とマネーロンダリングを削減するために使用している既存のマネーサプライモデルを根本的に刷新することであると付け加えました。

同じメディアの報道によると、中央銀行が出資する Shenzhen Financial Technology という子会社は先週、31人のブロックチェーン研究者とエンジニアの求人広告を掲載し、中国本土のブロックチェーン専門家の平均よりも20%〜30%高い給与を提供するほか、同社は全国のフィンテック企業に投資しているようです。

さらに、ゲーム会社のTencentや電子商取引プラットフォームのAlibabaなどの中国の大手企業は、当局がブロックチェーンを利用したトークンの開発を支援する準備を整えていると伝えられています。中国におけるフィアット通貨の発行はもう間もなくと言えるでしょう。

参考
Is China on the Verge of Releasing a Digital Fiat?

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-news

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.