中国でのビットコインOTC取引が増加、「今後はアジアの仮想通貨市場に注目すべき」と専門家は指摘

中国における仮想通貨のOTC取引の増加

2017年9月に暗号通貨の交換と初期コインの提供(ICO)が禁止されて以来、中国における仮想通貨・ビットコイン(BTC)市場は、長年にわたって多くの混乱がありました。

しかしこのような規制にも関わらず、中国における仮想通貨のOTC取引(店頭取引)が増加しています。

ビットコインの現物取引はUSDTが人民元を上回る

ブロックチェーン分析会社Chainalysisによる調査を引用したブルームバーグによると、制限と規制にもかかわらず、中国におけるOTC取引は「爆発的」に増加しています。

この調査では、OTC取引の増加は、中国のスポットトレーダーがUSDTでBTCのほとんどを購入し始めた時期と一致することがわかりました。

また驚くべきことに、今年の中国におけるビットコインの現物取引の99%はUSDTで行われており、中国人民元をはるかに上回っています。

ニューヨークに本拠を置くChainalysisのチーフエコノミストであるPhilip Gradwell氏は、「人々は大規模なアジアの取引所にもっと注意を払うべきです」とブルームバーグに語っています。

参考
Controversial Crypto Coin’s Rise Fueled by China Trading Ban

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMMビットコイン

DMMbitcoinキャンペーン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMMビットコインをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.