コインチェック創業者・和田氏、コインチェックの副社長に就任

コインチェックのロゴ

コインチェックの元社長、和田晃一良氏が副社長に就任したことが発表されました。

和田副社長は、2014年コインチェックのレジュプレスを創業し、代表取締役社長に就任。

2018年1月のコインチェック事件でマネックス傘下に入り、和田氏は執行役員(2019年4月より上級執行役員)として開発の指揮を担当しています。

また和田副社長は、個人のツイッタ―のアカウントでも副社長就任を発表。

ネット上では、「結局和田さんがいないと話題にもならん暗号通貨」「和田さんがいないとコインチェックはダメです!」などの反応が寄せられています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.