米国で増える「仮想通貨の学校」-一部コース内容を紹介

仮想通貨の学校

米国における仮想通貨の授業・クラス

過去に、ブロックチェーン技術と暗号通貨の分野でクラスを提供する有名な大学や州立大学での研究がありましたが、これらの多くは受講するには高い費用が必用です。

仮想通貨の分野で学位を取得するには多くの費用と時間がかかる可能性がありますが、実は無料、もしくは割安の費用で利用できる受講プランもあります。

選べる受講コース

単に投資を始める前に、仮想通貨の基礎を学びたい人は、以下のようなコースがオススメです。

1つのコース– UNICが提供する「デジタル通貨の紹介」という授業では、ビットコイン提唱者のAndreas Antonopoulosからの講義が受けられます。

Antonopoulosは、過去数年間にわたっ有名な暗号専門家として、「Mastering Bitcoin」などのブロックチェーンとデジタル資産に関する書籍を執筆しています。彼のクラスを受講することは、アル・パチーノまたはスティーブン・スピルバーグによる映画監督クラスで、間違いなく真のマスターと呼べる人物から学ぶことができるでしょう。

このクラスでは、学生にお金の簡単な歴史を紹介すると同時に、暗号通貨がいつ登場し、世界の金融インフラのなかでどのように適合するかをレクチャー。また、これらの資産が一般金融システムにどのように実装されているかや、企業が暗号化支払いを許可しようとしている動きや、銀行と仮想通貨が相互にうまくやっていく方法についても説明しています。

コースが終了すると生徒たちは最終試験を受けることになり、知識をどの程度保持しているかのフィードバックを得ることができます。

 米取引所のCoinbaseも仮想通貨を学べるコースを実施

同じく米国の取引所のCoinbase でも、授業を受け持っています。

1つはCoinbase Learn と呼ばれ、仮想通貨の基本的なフラッシュカードを学生に提供します。これらのフラッシュカードは、新しいコインを抽出するプロセスでデジタル資産を売買する方法など、いくつかのトピックを扱っています。

日本でもブロックチェーン総合スクールFLOCなどが存在しますが、仮想通貨の発展につれて、ますます仮想通貨を学べる機会は増えていくでしょう。

参考文献
Crypto Classes Don’t Have to Cost a Fortune

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.