ラテンアメリカでの仮想通貨のDASHの取引量が18か月連続で更新

仮想通貨のDASH

仮想通貨・ダッシュ(DASH)のラテンアメリカでの取引量が18か月連続で更新していると、livebitcoinnewsは伝えています。

ダッシュはラテンアメリカのDash Core Groupの事業開発マネージャー、Ernesto Contrerasによれば、小規模取引が最も人気があるとのこと。

特定の投資家が一度に多くの取引をしているため、取引量が伸びているようです。平均して、各取引は約5.16米ドルに相当し、またこれらの取引は定期的に行われていることを考えると、ダッシュが日常の商品やサービスの購入に使用されていることが考えられます。

またダッシュは、ベネズエラだけで約2,200の小売店での使用が認可されています。これは、世界中でダッシュを使える店の総数が約4,000店舗であることを考えると、国内での確固たる地位を気づいたことを示唆しています。ダッシュはおよそ700のATMと90の取引所で利用可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.