【8/9 価格レポート】ライトコイン(LTC)8/5に半減期完了、その後の値動きは?

投稿日:

ライトコイン価格ニュース

8月9日(金)現在、ライトコイン(LTC)の価格は約9,400円です。

ライトコイン(LTC)は、ライトコインは2019年8月5日、4年ぶり2度目の半減期を迎えたばかりです。

【速報】仮想通貨ライトコインが4年ぶり2度目の半減期を迎える 次回は2023年8月を予定(CoinPost)

この半減期までのあいだは、分かりやすく価格が上昇しました。

ライトコイン(LTC)の週足チャートをチェックします。

ライトコイン週足チャート

出典:みんなの仮想通貨

2019年1月からじわりと上げ始め、半減期の約2か月前となる6月まできれいな上昇トレンドを描きました。

2019年始には3,500円だった価格は、6月には15,000円となり4倍以上に。

結果的に、多くの人が買っておけばと後悔したことでしょう。

2019年3月に価格を一気に上げたタイミングで買っても間に合ったのです。

ライトコイン(LTC)日足チャートで、半減期後の動きもチェックします。

ライトコインチャート日足

出典:みんなの仮想通貨

2019年6月22日に約15,000円をつけたのち、下降トレンドとなっています。

半減期の20日前となる7月16日には8,500円をつけました。

その後再び上昇し11,000円台でもみあうも半減期当日の8月5日は、大きな上ヒゲをつけながら10,000円程度をつけ、半減期の後はきれいに価格を下げています。

気になるのはその後の動きです。

前回2015年のときは、半減期直後に価格を戻し、上げ下げを繰り返していました。

「本日19時前後」ライトコイン半減期直後に何が起こる? 価格への影響と注目ポイント(CoinPost)

今回の半減期後はどのような動きをたどるのか、引き続き目が離せません。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-news
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.