暗号通貨が経験した法定通貨の流入

ビットコイン-今後-どうなる

米連邦準備制度理事会は、今週の水曜日にドルの赤字為替レートを抑えるために、別の金利修正を予定しています。 ドル安は、国際市場での競争力のある輸出を意味しますが、一部のトレーダーや保有者にとってはドルの価値の損失を意味しています。

不法行為に固執すると、非常に低い金利からマイナス金利のペナルティが課されるため、過剰な不法行為の一部はデジタル資産にも流れ込む可能性があります。 とりわけ連邦準備制度と欧州中央銀行の両方が極端に低金利のために底を争っているスタグフレーションの条件は、暗号資産に理想的かもしれません。

FRBは3年間で金利を0.25%から2.5%に引き上げました。 現在、金利はすでに2.25%であるため、中央銀行は別の対策を始める可能性があります。 というのも、ドナルド・トランプ米国大統領は、可能な限り低い金利を求めているとのことです。

ECBは、この9月12日、Brexitとその介入の経済減速を理由に、マイナスの金利政策を決定しました。 ECBはまた、債券の買戻しを通じて市場に流動性をもたらしています。

経済の停滞と高い流動性は、投資するフリーキャッシュの増加を意味しており、中央銀行は、流動性を抑える代わりに過去10年間の極端な量的緩和を続けています。 

そのため、お金は資産に流れ込み、価値を維持するかインフレに対応することになり金が再びヒットすると不動産がそれに続くという形になります。 

デジタル資産には、価値の貯蔵庫としての金のような特性がいくつかあり、不動産よりも流動的です。

2019年、ビットコイン(BTC)は2018年の安値から300%以上を評価することに成功しました。またいくつかのかなり流動的な通貨も比較的高い収益を達成しました。 

まだ記録を樹立していませんが、仮想通貨市場は流動性を回復しているほか、BTCはより広く採用されており、取引の流動性は高く価格も安定しているため、より有望視されているようです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.