韓国で地方政府によるステーブルコインの発行が流行

投稿日:

韓国の仮想通貨事情

韓国では、仮想通貨の取引所における直接投資が禁止されています。しかし、ブロックチェーン技術は韓国政府からも注目を浴びています。

2018年、約65の地方自治体が、デジタルフィアットを導入しているか、それを開始する予定であると述べました。

それから一年たった現在、これらのステーブルコインの現状はどのようになっているのでしょうか。

「高齢の顧客はまだ現金を好んでいます。しかし、多くの若い韓国人がここでNaver PayKakao Payなどのe-payサービスをかなり長い間使用しているため、トークンを最大限に活用しています」とコンビニエンスストアの従業員であるPark Ok-hyun氏は説明。

Parkの店舗は、ソウル西部の衛星都市の金浦にあり、今年初めにステーブルコインのGimpoPayを発売しました。

ブロックチェーンを活用したGimpoPayプロジェクトの責任者・Lee Hye-jin氏はは以下のように語っています。

「トークンは本当にうまくいっています。今年は925万ドル相当のトークンを発行する予定でしたが、スケジュールの前半で420万ドルという半年の目標を達成したため、その金額を2倍にすることにしました」

ステーブルコインは韓国の発展にほぼ確実に重要な役割を果たすでしょう。

参考
Local Gov’t Stablecoins Booming in South Korea

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-news

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.