ロサンゼルス在住の韓国人、違法毒物をビットコインで購入

ビットコイン 毒

2019年1月に毒物『リシン』をビットコインで違法購入したとして起訴された、ロサンゼルスのラ・クレセンタに住む韓国人スティーブ・キム(41歳)が有罪を認めた。

連邦検察は9日、昨年11月29日にネットで販売者を偽装したFBIの要因が販売した毒物『リシン』を購入して、ロサンゼルスの韓国人タウンにて逮捕されたが、有罪を認めたと明らかにした。

当時キムは、おとり捜査を展開したFBI要員と約2か月間連絡を行い、キムはFBIに対し、リシンは110ポンド(約49キロ)以下の体重の人に使う予定だとし、320ユーロ(350ドル)をビットコインで支払うと同意した。

出典
https://www.koreatimes.com/article/1267991

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.