XRP(リップル)価格の今後考えられるシナリオ

リップル
  • リップルの価格はアメリカドルに対し$0.2800から$0.2900と弱気な抵抗線をたどっている
  • $0.2630、$0.2580さらに$0.2500のような下落には多くの支持線が存在する。
  • XRP/USD相場の4時間足のチャートで$0.2700に近い抵抗線がある弱気な傾向がある。(Krakenのデータより)
  • 近いうちに$0.2800を突き抜けるか、$0.2500を大きくして回るだろう。

リップルの価格はアメリカドルやビットコインに対し多くのハードルがあるが、XRP(リップルの通貨単位)の価格は$0.2800を上回るまたは、$0.2500を下回るかどちらかの大きな波に備えている。

リップルの価格分析

ここ数日、緩やかだが確実にアメリカドルに対しビットコイン、イーサリウムさらにXRPは下落していた。$0.2900から$0.2920の抵抗線の後、リップルは下落し始めた。$0.2800の支持線を突き抜け、弱気になってしまった。さらに、$0.2750と100の単純移動平均(4時間)を下回りそうなになった。

$0.26500の支持線を下回る下落への道が開けってしまった。最終的に$0.2580にまでなり、$0.2581という安値で取引された。その後、$0.2581から$0.2700へ上昇し始めた。さらには$0.2919の高値から$0.2580の安値への大きな下落という50%のフィボナッチ・リトレースメントを上回り突き抜けた。

しかし、$0.2800の抵抗線によって上昇は終わった。加えて、$0.2919の高値から$0.2580の安値への大きな下落の61.8%というフィボナッチ・リトレースメントは強い抵抗として働いた。さらに重要なことはXRP/USD相場の4時間足のチャートで$0.2700に近い抵抗線がある弱気な傾向があったということだ。リップルは$0.2800と$0.2900の抵抗線を下回る弱気路線をたどっている。

可能性として2つのシナリオがある―$0.2800を上回る強気か$0.2500を下回る弱気かだ。$0.2800や$0.2900を突き抜ける上昇があれば、価格は上向くだろう。そして、$0.2920、$0.3000や$0.3120が強気の終着地となるかもしれない。反対に、$0.2580や$0.2500を下回ったならば損失を増加させるだけだ。

チャートを見れば、$0.2750や$0.2800を上回る強気な気配を感じるのは明らかに難しい。しかし、$0.2580や$0.2500付近に多くの支持線を見て取れる。重要なブレイクは近く、価格は急上昇するか$0.2500を大きく下回る可能性がある。

テクニカル指標

1時間ごとのMACD-XPR/USD相場のMACDは緩やかに弱気に動いて行っている。

1時間ごとのRSI(相対力指数)-XPR/USD相場のRSIは現在50を下回り、40に向かって下降している。

主な支持線水準―$0.2640、$0.2580、$0.2500

主な抵抗線水準-$02750、$0.2800、$0.2920

参考
Ripple Price (XRP) Possible Scenarios and Bigger Picture

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.