ビットコイン(BTC)は「リップル」を使って送金する方が賢い?リップルネットワークを使ってをBTCを送金する方法

リップルネットワークでビットコインを送金する方法

リップルネットワークでビットコインを送金する方法最近、ビットコインが14,000ドル近くまで高騰したとき、取引手数料は取引あたり6ドルにも達しました。

その際の、取引手数料で経験する待ち時間の長さは言うまでもありません。ビットコインが2017年に約20,000ドルに達したとき、取引手数料は40ドルもかかり、送金にかかる待ち時間は約1日にものぼりました。

XRP ledgerを使ってビットコインを早く送金する方法

ビットコインを素早く送金する最も賢い方法は、リップルネットワークの基盤であるXRP ledger上で送金することです。

このXRP Ledgerは、主に法人の国際送金に対応しており、次世代の送金手段として注目されています。

仮想通貨リップル(XRP)の送金手段として開発された基盤ですが、このXRP Ledgerでもビットコインの送金ができます。

以下の動画の1:45秒以降をご覧ください。XRPLedgerを使用して、Rippleの共同設立者であるChris Larsen(クリス・ラーセン)が無料でビットコインを即座に送信していることがわかります。

このように、ビットコインが安価かつ代替できる送金手段を持っていると、マイナー間の競争力が生まれ、送金手数料が下がります。

この送金方法がビットコインユーザーに広まることで、ビットコインはより安く、速く送金ができる通貨として注目を浴びることでしょう。

参考
XRP Is The Fastest Way To Send Bitcoin. There is Proof

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-仮想通貨の国内外ニュース・価格ニュース

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.