【QASH/キャッシュ】金融庁認可の取引所が作った仮想通貨とは?

更新日:

QASH・キャッシュ

QASH(キャッシュ)は、仮想通貨のプラットフォームLiquid(リキッド)を運営するQUOINE(コイン)社が発行する仮想通貨(トークン)です。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
ちょっと待って、いきなり横文字だらけで混乱するよ!
そうよね、この関係を分かりやすく図にしてみたわ。
マイニングで効率的に稼ぐ

qashとliquidとquoineの図

仮想通貨で儲ける
なんとなくわかった気もするけど・・・。
これから詳しく見ていくわ。
マイニングで効率的に稼ぐ

こんな人にオススメ

  • QASHが何なのかざっくりと知りたい
  • QASHの価格は今後上がるのか気になっている
  • QASHはどの取引所で買えるかを知りたい

この記事を読み終えた時には、QASHの特長どの取引所で買うべきかなどがわかるでしょう。

QASH(キャッシュ)が生まれたきっかけを追う

QASHとは

QASHのチャート・価格・時価総額

QASHのリアルタイムチャートです。

 

2018年1月をピークに暴落しており、4月末に再び上昇するもその後下降し10月時点は横ばいとなっています。

 

 

QASHの価格は約25円時価総額は、1,000種以上ある仮想通貨の中で78位になってます。(いずれも2018年10月16日現在)

【日本初】金融庁認可取引所のICOで発行されたQASH

qashのico

QASHは仮想通貨のプラットフォームLiquid(リキッド)内での決済などに使える仮想通貨(トークン)として、QUOINE社によって発行されました。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
ちょっと待って!また専門用語のオンパレードだよ。
そうよね、順番に説明していくわ。
マイニングで効率的に稼ぐ

トークンとは?

仮想通貨のブロックチェーンを間借りする形で発行される(代用)通貨です。

たとえばイーサリアム(ETH)仮想通貨、イーサリアムのブロックチェーンを借りて発行されるのがトークンです。

トークンについて詳しくはこちらを参照ください。

【5分でしっかり理解】仮想通貨トークン、稼げるの?仕組みを解説

トークンとは?その仕組みを解説 仮想通貨の取引をしていると耳にするトークン。 仮想通貨との違いがいまいち分からないわ 仮想通貨とトークン、具体的にどう違うのかを解 ...

続きを見る

QUOINE社は金融庁に認可された仮想通貨交換業者として初めて ICO を実施しました。

ICOとは?

ICOはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファーリング)の略称で、企業が仮想通貨を使って資金集めをする方法「トークンセール」「クラウドセール」などとも呼ばれる。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
金融庁に認可されたICOは何がいいの?
信用よ。詐欺が多いといわれるICOの中で、国が認めた取引所が実施するICOは信用の度合いが違うわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

ICOの目的は Liquid(リキッド)プロジェクト の実現

QASHリキッドプロジェクト

NEM(ネム)で稼ぐ方法
そもそもの話、なぜICOしたの?なぜQASHを発行したの?
Liquidというプロジェクトを実現するためよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

Liquid(リキッド)プロジェクトとは

・世界中の取引所の取引を集約したプラットフォーム(Liquid)を作り、

・自国の(自分で選んだ)法定通貨を自由に使えて、

・プラットフォーム上で一括で取引ができる(取引所を行き来しない)

という仮想通貨取引の環境を作るプロジェクトです。

イーサリアムの将来性
実現したらとても便利そう・・・!
そうね。その環境を実現するために資金調達をするのよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

Liquidプラットフォームの紹介動画もあるので、時間があればチェックしてみてください。

※Liquidプロジェクト名であり、実際に取引するプラットフォームの名前にもなっています。

ICOで集まった資金は122億円相当

qashriquidICOの調達

QASH(トークン)は、Liquidプラットフォームで使える通貨として発行され、ICOで売り出されました。

仮想通貨とは?
QASHを買う人は何に期待してるの?
2つあるわ。

1つはプロジェクトが実現したらLiquidプラットフォーム内でQASHが色々使えるから。

もう1つはプロジェクトそのものの魅力が増えれば、QASHの価格自体が上がる可能性があるからよ。特に2つ目の期待が大きいわ。

仮想通貨イーサリアムの将来性は?

結局、ICOで発行された10億QASHのうち、最大販売数の3.5億QASHが3日間(2017年11月6日~9日)で完売しました。

1QASH = 0.001 ETH で売り出されたため、当時のイーサリアム価格(1ETH=約35,000円)で換算すると、約122億円相当の資金調達となりました。

イーサリアムの将来性
すごい調達額だね・・・!
世界5位の調達額(2017年時点)だったのよ。

それだけ期待が高かったのね。大成功と言えるわ。

仮想通貨イーサリアムの将来性は?

QASHの主要な2つの機能とメリット

QASHの機能・メリット

QUOINE社がリリースするLiquidプロジェクトのホワイトペーパーでは、QASHが持つ機能QASHを持つメリットについて説明されています。

ホワイトペーパー

ICOにより調達した資金の使い道(実施するプロジェクトの内容等)やトークンの販売方法などをまとめた文書。(出典:金融庁

QASHが持つ機能

QASHの機能は以下のように書かれています。

QASHには、次の2つの主要な機能があります。

1.当社のすべてのプラットフォーム上でユーザーがサービス対価の決済に利用できるクリプト・トークン。 

2.公開市場で取引可能なクリプト・トークン。 

これらに加えて、QASHは、金融業界およびその他の業界すべてにおいて利用可能となります。

QUOINEは、QASHの利用方法を制限せず、QASHをビジネスに利用したいと考える企業を制限しません。

そのため、すべての企業、組織、個人が、ビットコイン、イーサリアムのETHおよびリップルのXRP等と同様に、クリプト・トークンとしてQASHを利用することができます。

引用:LIQUIDホワイトペーパー

クリプト・トークン仮想通貨(トークン)と同じ意味です。

イーサリアムの将来性
また難解な説明だ!
クリプト・トークン仮想通貨(トークン)と考えて。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

言い換えるとこのような機能です。

1:LiquidなどQUOINE社が展開するプラットフォーム上で使えるトークン

2:QASHを取り扱う取引所で自由に使えるトークン

NEM(ネム)で稼ぐ方法
結局、ほかの通貨と何が違うの?
QASHを持っていれば、Liquidプラットフォーム上でメリットがあるのね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

QASHを持つメリット

また、以下のような記載もあります。

QASH保有者は、その価値を以下と引き替えに使用することができます。

取引手数料

 LIQUID プラットフォーム

 QRYPTOS

 QUOINEX

プライム・ブローカレッジ 

 ダイレクト・マーケット・アクセス

 法定通貨管理

 仮想/法定通貨のクレジット

その他のサービス 

 システム・コロケーション

 自動取引戦略

 取引ツール

引用:LIQUIDホワイトペーパー

日本ではまだ適用されていませんが、QASHを持っていることで取引手数料が割引になるなどさまざまなメリットが受けられます。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
プラットフォームが進化すればいろいろメリットがありそうだね。
そうなればQASHの価格も上がっていくかもしれないわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

今の段階では、QASHの価格が上がって得られる売却益が一番のメリットでしょう。

QASHはイーサリアムが土台のトークン

qashはイーサリアムベース

トークンには土台となるブロックチェーンがあります。

世界に1,000以上あるトークンの大半は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンが使われています。

中でも多く利用されているのがERC-20という規格で、QASHはこのERC-20をもとに発行されています。

ERC-20を利用すると、以下のようなメリットがあります。

・時価総額2位のイーサリアム(ETH)がベースのため信頼性が高い 

・多くのトークンで使用されている規格のため、決済や取引などが円滑にできる

QASHを発行したQUOINE社とは

QUOINE社

引用:QUOINE公式サイト

QASHを発行したQUOINE社について紹介します。

QUOINE社は、ブロックチェーンとデジタル通貨の破壊的イノベーションにインスパイアされたCEOの栢森 加里矢氏が、2014年にCPO(チーフ・プロデュース・オフィサー)のマリオ・ゴメス・ロザーダ氏とともに共同設立したグローバルフィンテック企業です。

QASH QUOINE栢森マリオ

引用:QUOINE公式サイト

NEM(ネム)で稼ぐ方法
グローバルフィンテック企業?
金融IT技術を使って世界に通用するサービスを展開しているのね。この後掘り下げていくわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

経営メンバーはとくに優秀で、金融IT技術の分野で合計250年相当の経験を有する国際的レベルのチームと自称します。

以下のような一流企業を経験したメンバーが揃っています。

金融機関ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、クレディ・スイス、シティグループ、バークレイズ など

インターネットおよび技術ソフトバンクグループ株式会社、サムスン、シンガポール・テレコム、BSB、など

イーサリアムの将来性
うわ、すごそうな企業ばかり・・・!
まさにエリート集団ね。

もちろん過去の肩書にあぐらをかいているわけではなくて、メンバーの合計250年分の経験を活かしてよいものを作ろうとしているわ。

仮想通貨イーサリアムの将来性は?

qashquoine経営メンバー

qashquoine経営合宿

引用:栢森CEOブログ

仮想通貨とは?
それにしてもマッチョな人たちだね。
見た目も中身もたくましいわ。私はそういう男性が好きよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
イーサリアムの将来性
・・・・(聞いてない)

国内の取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)などが有名ですが、QUOINE社はICOによって大きく知名度を上げました

QUOINE社の紹介動画もあります。

QUOINE社が着目する仮想通貨市場の課題

qash流動性

QUOINE社が着目する課題は流動性です。

流動性の欠如という課題 

クリプト・トークン市場における経済活動という、巨大でしばしば混沌とした大海の中で、参加者は様々な難題に直面しています。QUOINEは、取り組むべき1つの根本的な課題を特定しています。この課題は、あまりに大きくて見過ごされがちです。しかし世界のクリプト経済の健全性と成長のためは不可欠なものです。それは流動性です。流動性は、あらゆる産業、経済、そして個々の事業にとっての血液です。

引用:LIQUIDホワイトペーパー

NEM(ネム)で稼ぐ方法
流動性って、流れやすさってこと?
そうね、血の巡りって考えると分かりやすいわ。

血の巡りが悪いと、肩が凝ったり、冷え性になったり、よくないことが起こるでしょ。

仮想通貨取引も同じように通貨の流れが悪いとよくないの。それを解消させるのが彼らのミッションよ。

仮想通貨イーサリアムの将来性は?

仮想通貨の流動性が悪いとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

たとえばビットコインの取引をする場合、以下のような条件によって流動性に格差が生じます。

国・時期・取引所・法定通貨(円やドルなど)・仮想通貨の種類 など

格差が生じた結果、価格買いやすさが変わってきます。

仮想通貨とは?
いま、日本では1ビットコインが70万円ですぐ買えるよね。
そうね。でも別の国ではもっと高く、なかなか買えない可能性もあるわ。別の仮想通貨では逆に日本がそうなるケースもあるわよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

以下は、時期を単位に見た流動性格差の例です。

qash国別格差

引用:LIQUIDホワイトペーパー

2017年1月は中国が、3月は日本が、7月は韓国が最も流動性が高くなっています。

それぞれ流動性が高い月に、流動性が高い国で取引をすると安定した価格で手に入りやすくなります。

このような条件による動性の格差を解消するのが、次に紹介するLiquidプラットフォームです。

【QASHが活きる場所】流動性を生む Liquid プラットフォーム

QASH・LIQUIDbyquoine

QUOINE社が課題とする流動性の欠如を解消するプラットフォームが、Liquid(リキッド)です。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
またついていけなくなってきたよ!
大事なポイントのなのでおさらいしましょう。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

Liquid(リキッド)プロジェクトとは

・世界中の取引所の取引を集約したプラットフォーム(Liquid)を作り、

・自国の(自分で選んだ)法定通貨を自由に使えて、

・プラットフォーム上で一括で取引ができる(取引所を行き来しない)

という仮想通貨取引の環境を作るプロジェクトです。

Liquidプロジェクト実現の土台となるシステムがLiquidプラットフォーム、その中で使われるのがQASHです。

Liquidプラットフォームは、これまで多くの人が不満に思っていた以下のような不満を解消します。

・注文が通らない、購入金額に大きな差がある 

・日本円が使えずビットコインを送金しないとならない 

・取引所ごとに扱う仮想通貨が異なるため複数の取引所を管理しなければならない 

Liquidプラットフォームを支える技術

liquidを支えるテクノロジー

仮想通貨とは?
Liquidって実現すればすごく便利だけど、夢のような話だよね。
そうね。実際にどんな仕組みになってるか気になるわよね。250年分の経験が活かされているわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
イーサリアムの将来性
それ引っ張るね・・・。

ホワイトペーパーでは、Liquidプラットフォームは以下のように説明されています。

QUOINE LIQUID プラットフォームは世界中の流動性を集約した単一の取引プラットフォーム(ワールドブック)と、これに付帯する一連のサービス(プライム・ブローカレッジ)から構成されており、最高水準の流動性の提供を可能にします。プラットフォームを使用することで、誰もが新たなクリプト経済が提供するあらゆる機会を利用できるようになります。

引用:LIQUIDホワイトペーパー

QUOINE LIQUIDと 記事で説明するLiquidは同じ意味です。
liquidプラットフォーム

引用:LIQUIDホワイトペーパー

仮想通貨とは?
ワールドブックプライム・ブローカレッジ・・?
大きく2つの機能を持つのね。特に核となるワールドブックの中身を見ていくわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

流動化を生み出す【ワールドブック】

qashliquidワールドブック

liquidの実現にワールドブックという技術が欠かせません。

ワールドブックは以下のように定義されています。

世界中の多様な取引所(流動性の源泉)のオーダー及び価格を、流動性の高い単一のオーダーブック上に統合し、かつ選択した通貨建てで発注することができるマルチマーケット・オーダーブックを提供します。

引用:LIQUIDホワイトペーパー

簡単に言うとワールドブックは以下のような環境を作ります。

・様々な取引所の注文やバラついた価格を統一する

・自分が選んだ通貨で発注できるようになる

仮想通貨とは?
色々な取引所の情報をまとめてくれるんだね。
世界中の取引情報がLiquidにまとめられるから、Liquidの画面だけで取引が完結するのよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
仮想通貨とは?
海外の取引所の取引もLiquidを介して簡単にできるんだね。
日本円が使えなかった取引所も、Liquidを使えば日本円で注文できるわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

ワールドブックの構造

qash・liquidのワールドブック

引用:LIQUIDホワイトペーパー

ワールドブックは以下の2種類のオーダーブックから構成されています。

内部オーダーブック:ユーザーがワールドブックにおいて発注したすべての注文の為替調整済み注文のオーダーブック。

外部集約オーダーブック: 内部オーダーブックにおける注文以外の、世界中の(しかし為替調整済みの)注文のオーダーブック。このオーダーブックにある注文はすべて、世界中の取引所における注文にリンクしています。

引用:LIQUIDホワイトペーパー

簡単に言うと内部オーダーブック外部集約オーダーブックは以下のような環境を作ります。

内部オーダーブック:ワールドブックのすべての注文情報にもとづいて、為替による価格差を調整した後の価格を表示させる仕組み。

外部集積オーダーブック:世界中の取引所の(内部オーダーブックの以外)注文をまとめて表示させる仕組み。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
また複雑だね。
世界の取引所の取引とまとめる。その情報を見たい通貨の単位に直せる。そういうことよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

自国の通貨がマイナーで使いづらいと思っていた人も、Liquidを使えば自動的に自国の通貨に両替されるので、流動性の影響を受けずに自由に取引ができます

次にワールドブックをささえる3つの技術についても触れていきます。

LIQUID プラットフォームのワールドブックを支えるのは、QUOINEがすでに日々幅広く使用している、次の三つの技術です。

1. マッチング・エンジン (ME)
2. クロスカレンシー換算エンジン (CCCE)
3. スマート・オーダー・ルーティング (SOR)

引用:LIQUIDホワイトペーパー

マッチングエンジン(ME) 

一秒当たり数百万件の取引を処理することが可能な、QUOINE社が1から作った業界で最先端のシステムです。

仮想通貨とは?
自前のシステムなんだね。
世界中の取引をまとめるのだから処理能力はとても重要なの。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

スマートオーダールーティング(SOR) 

世界中の取引データの中から通貨単位の違いを取っ払って注文を成立させようとする仕組みです。

仮想通貨とは?
説明がワイルドになってきたね。
長いので極力シンプルにいくわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

クロスカレンシー換算エンジン(CCCE)

瞬間的かつ自動的に通貨換算(両替)をする仕組みです。

仮想通貨とは?
これは肝となる仕組みだね。
ドルを円に換算できる、ビットコインをイーサリアムにできるわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
仮想通貨で儲ける
難しくてついていけなかったよ。
そうよね。Liquidプロジェクト実現のために、QUOINE社が持つ最高の技術を提供し続けていると考えればOKよ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

プライム・ブローカレッジ

  1. カウンターパーティリスクの軽減(取引相手の倒産のリスク)
    2. 資本効率の向上
  2. LIQUIDを介することで、他の取引所とのやり取りをする際も安全性を担保してくれるのです。
  3. 取引所機能も持っている
  4. LIQUIDが実現した未来

 

Liquidプロジェクトのロードマップ

qashliquidロードマップ

ホワイトペーパーには、Liquidプロジェクトのロードマップが公開されています。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
ロードマップとは?
進行計画表よ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

QASHのロードマップ

引用:LIQUIDホワイトペーパー

イーサリアムの将来性
QUOINEは2014年にできた会社なんだね!
仮想通貨業者としては比較的早くできた企業よ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
NEM(ネム)で稼ぐ方法
Q1、Q2のQってなに?
Qはクォーター(quarter)の頭文字で、4分の1を意味するわ。

会社では四半期といって1年12ヶ月を4分割して3ヶ月おきに見ることが一般的なの。

仮想通貨イーサリアムの将来性は?

【2018年Q2(4月~6月)】Liquidのオープン

qashliquid取引所

引用:Liquid by Quoineサイト

2018年Q2(4月~6月)に予定していた、Liquid のオープンをQ3(9月)に達成しています。

もともと運営していたQUOINEX取引所Liquid by Quoine取引所となりました。

オープンが遅れた原因に、2018年6月に受けた金融庁の業務改善命令が挙げられます。

業務改善を進める中でオープンを1Qの遅れにとどめ、ロードマップをしっかり進めていることがうかがえます。

2019年以降も注目すべき2つの予定を挙げています。

【2019年Q2(4月~6月)】QASHブロックチェーン開始→LiquidDLに変更

qashブロックチェーン変更

前半で紹介したQASHの土台となるブロックチェーンERC-20は、オリジナルのブロックチェーンLiquid Distributed Ledger(LDL)に変更されます。

時期は未定ですが、開発が整い次第となる可能性が高いです。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
また難しい英語が出てきたね。
ホワイトペーパーや社長のブログで発信されている情報よ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

ホワイトペーパーでは、QASHブロックチェーンの構想が説明されています。

QASHはまずは、イーサリアムのERC-20トークン・スタンダードをベースに構築されます。

(中略)

すべてのQUOINEサービスはQASHブロックチェーンに移行される予定であり、また、ERC-20をベースとする既存のQASHは、QASHブロックチェーン上で新たに創出されるQASHトークンと交換される予定です。

引用:LIQUIDホワイトペーパー

まとめると、以下のように書かれています。

もともと使用されていたブロックチェーンERC-20を、2019年2QにQASHブロックチェーンに変更する

その後、栢森CEOブログの2018年7月14日(土)の週報で以下の発表がありました。

1. 名称変更、Liquidへの統一

今回、統合プラットフォームとなるLiquidをローンチするにあたり、他サービスの名称も統一することにしました。

QASHトークンはLiquidトークン、そして、並行して開発しているブロックチェーンはQASH BlockchainからLiquid Distributed Ledger(LDL)に名称変更します。
変更のタイミングは、Liquidプラットフォームのローンチ時になりますが、これも関係当局に確認をとりながら進めていきます。

まとめると以下のように書かれています。

・開発中のQASHブロックチェーンの名称をLiquid Distributed Ledger(LDL)に変更する

・QASH(トークン)の名称をLiquid(トークン)に変更する

仮想通貨とは?
全部Liquidという名前に統一する考えなんだね!
そうね。もともとQASHCASH(お金)と混同するという問題もあったの。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

改めて整理すると、最終的にLiquidに統一されます。

プロジェクト名:Liquid 

プラットフォーム名:Liquid(取引所機能もQUOINEX→Liquidに変更完了)

トークン名:QASH→Liquid(トークン)※変更予定

トークンのブロックチェーン名:QASHブロックチェーン→Liquid Distributed Ledger(LDL)※変更予定

運営会社名:QUOINE

【2019年Q3(7月~9月)】 正式な銀行免許

qash liquid銀行免許

2019年Q3、最終的に銀行免許の取得を目指しています。

仮想通貨取引所が銀行免許を取得するのはこれまでにないケースで大変難しい印象を受けますが、実現すれば日本円を銀行口座から仮想通貨取引所口座に入金するなどの手間もなくなるかもしれません。

それだけにとどまらず、想像できないほどのメリットが生まれるでしょう。

QASH価格の推移

QASH価格推移

2017年11月のICO直後

qashチャート1

QASHは、2017年11月21日にQUOINEX(現在のLiquid)に上場しました。

上場前のトークンセールで約27円上場直後は60円前後の値が付きました。

QASHの人気で知名度も上がり、11月末には約137円まで上がっています。

2017年12月~2018年10月現在まで

qashchart2

NEM(ネム)で稼ぐ方法
2017年12月以降、動きが激しくなってるね。
仮想通貨自体が盛り上がったこともあり急激に上がった時期よ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
NEM(ネム)で稼ぐ方法
1月はコインチェック事件があったんだね。
ちょうど価格が下落した中で起きたの。その後も下がっているわね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
NEM(ネム)で稼ぐ方法
結局現在(2018年10月)は、最初に売り出された価格と変わらないんだね・・・。
そうね。ロードマップを着実に進めてプロジェクトの実現が進むのならこの価格はチャンスともいえるわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

QASHは今後上がるのか?将来性は?

QASHは今後上がるのか

NEM(ネム)で稼ぐ方法
「QASHは10,000円を超える」なんて噂があるみたいだね。
こればかりは何とも言えないわね。でも長期的に見れば可能性はゼロとは言えないわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
NEM(ネム)で稼ぐ方法
でも何か判断するヒントが欲しいなぁ。
QASHの価値はLiquidの価値に直結すると思うの。

だからLiquidがどうなっていくのか。世にどう受け入れられるのかが重要よ。

将来性を左右しそうな情報をまとめてみたわ。

仮想通貨イーサリアムの将来性は?

QASHの将来性を左右するQUOINE社・Liquidの情報 

・金融とIT技術250年分の経験(優秀な経営チーム) 

・日本で初めて金融庁の認可を受けた取引所 

・取引所開始(2014年)から1度もハッキングを受けていないセキュリティの強さ 

・世界最大級の取引所「BINANCE」との戦略的パートナーシップの締結(2017年)

・銀行免許の取得に向けた動き  

qashquoineバイナンス

引用:QUOINEリリースニュース

仮想通貨とは?
好材料がそろってるように見えるね。
金融庁認可、セキュリティ、経営チームは信頼の土台ね。

BINANCEとのパートナーシップが今後どう動くか、Liquidの完成、銀行免許も実現すればかなり追い風だと思うの。

仮想通貨イーサリアムの将来性は?

柏森CEOのブログYouTubeなどでロードマップの進捗やLiquidの技術などを説明をする姿勢も好感が持てますね。

QASHはLiquid(旧QUOINEX)取引所で買おう

引用:Liquid by QUOINE 公式サイト

QASHの購入は、QASHの発行元・QUOINE社が運営するLiquid by QUOINE(リキッドバイコイン、通称リキッド)での取引をオススメします。

ポイント

もともとはQUOINEX(コインエクスチェンジ)として運用していましたが、上述の通り2018年9月のリニューアルしました。

Liquidを勧める理由は主に3点です。

  • 唯一、日本円(JPY)でQASHが買える
  • 万全のセキュリティ
  • 金融庁認可の取引所

Liquid以外にQASHが購入できる取引所は9社すべて海外にあります。

以下は一例ですが、

・Bitfinex(香港)

・Huobi(中国)

・Qryptos(シンガポール・QUOINE社が運営するもう一つの取引所)

これら取引所は以下のようなハードルがあり、取引ができないケースもあります。

・そもそも日本居住者が使えない

・過去にハッキングにあっている

・日本語対応していない

でLiquidは2014年の取引所開設から1度もハッキング被害を受けていないので、安心感をもって取引ができます。

仮想通貨とは?
国内でQASHが買えるのはLiquidだけなんだね。
そうなの。Liquidは日本で初めて金融庁に認可された取引所で、セキュリティ対策にも力を入れているから安心して取引できるわ。
マイニングで効率的に稼ぐ

QASHのまとめ

qashまとめ

・QASHはQUOINE社が掲げるLiquidプロジェクトの実現のために発行された仮想通貨(トークン) 

・金融庁が認可した取引所が実施する日本初のICO 

・資金調達額は122億円(2017年当時で世界5位のICO調達額) 

・QASHを発行するQUOINE社の経営メンバーは、金融とIT技術の合計250年分の経験を持ったエリート集団 

・Liquidプラットフォームは仮想通貨の流動性をよくする 

・QASHを持っているとLiquidプラットフォーム内で取引手数料割引などのメリットがある 

・QASHトークンは今後Liquidトークンに名称変更する 

・銀行免許の取得を狙っている 

・QASHの購入にオススメの取引所はLiquid(唯一日本円でQASHが買える) 

いかがでしょうか。

QASHLiquidプロジェクト、そしてQUOINE社の説明に力が入ってしまい長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がQASHの知識の底上げになればうれしい限りです。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.