楽天ウォレットの口座開設、登録方法・手数料や仮想通貨の種類を紹介

更新日:

楽天ウォレット

ついにあの楽天が仮想通貨事業を始めました。

サービス名は「楽天ウォレット」。3月25日に金融庁への登録が済み、6月にようやくサービスが開始されます。

すでにGMOコインbitbankBITPointなど多くの仮想通貨取引所が存在しますが、楽天ウォレットはどんな特徴を持つ取引所なのでしょうか。

この記事でわかること

  • 楽天ウォレットとは
  • 楽天ウォレットの特徴・取り扱い通貨・手数料
  • 楽天ウォレットのメリット・デメリット
  • 楽天ウォレットの口座開設方法

コイプラ編集部オススメの取引所3選

coinchecklogo

Coincheck / 総合94点

東証一部上場のマネックスグループ

全9種類の取り扱い通貨

GMOcoinlogo

GMOコイン総合93点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

取引所ランキング

楽天ウォレットとは

楽天ウォレット

出典:楽天ウォレット

もともと楽天ウォレットは「みんなのビットコイン」という名前でしたが、2019年3月に楽天ウォレットに変更されました。

みんなのビットコインは、「みんなのFX」を運営していたトレイダーズホールディングスが2016年12月に設立した会社で、FX時代の知見をもとに運営されていました。

しかし、2018年8月に楽天カード株式会社の100%子会社になり、楽天ウォレットへの名称・ロゴ変更とともに会社名も「楽天ウォレット株式会社」に変更されます。

楽天ウォレット株式会社の会社概要

会社名楽天ウォレット株式会社
所在地〒158-0094 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
設立2016年12月15日
資本金13億8千万円
代表取締役山田 達也
事業内容仮想通貨の販売・交換

楽天ウォレットの口座開設は4月15日から!サービス開始は6月を予定

サービスの開始は2019年6月とされていますが、口座開設は4月15日から可能です。

3月25日に金融庁に登録を済ませたばかりなので、このスピードは脅威的です。

【楽天ウォレットの特徴1】自動応答のチャットサービスを導入!

楽天ウォレットの一つ目の特徴が、自動応答のチャットサービスを導入したことです。

似たような取引所で、24時間のコールセンターを導入しているBITPointがありますが、楽天ウォレットでも気軽に質問ができます。

本サービスは、場所を選ばずに暗号資産(仮想通貨)の取引が行えるよう、スマホアプリの提供を予定しています。口座開設手数料は無料、AI技術を採用した自動応答チャットサービスを導入し、ユーザーの問い合わせにいつでも対応できるようにしています。

出典:楽天

【楽天ウォレットの特徴2】セキュリティ対策万全

楽天ウォレットでは、コールドストレージと呼ばれるオフライン環境で通貨が保管されています

セキュリティ対策としては、お客様からお預かりした資産を原則コールドストレージと呼ばれるオフライン環境下で管理するため、安全性が極めて高く、安心してサービスを利用いただけます。

出典:楽天

仮想通貨の流出事件で有名なコインチェックは、このコールドストレージ(コールドウォレット)で通貨を保管していなかったことが問題視されていました。

今では一般的なセキュリティ対策なのでユニークな特徴とは言えませんが、我々の大切な通貨がしっかりと保管されているのは安心です。

コインチェックのロゴ
【コインチェック(Coincheck)】事件の詳細は?現在の手数料などの評判やメリット・デメリットを紹介!
2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

楽天ウォレットの取り扱い通貨はBTC、ETC、BCHの3種類

取り扱い通貨の数は以下の3種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

bitbank(6種類)、GMOコイン(5種類)とほかの取引所と比較すると通貨数は少ないですが、どれも抑えておきたいメジャーな通貨なので取引を始めたての人にとっては十分と言えるでしょう。

いくらから買える?楽天ウォレットの最小取引単位

楽天ウォレットの最小取引単位は以下の通りです。

ビットコインであれば、2019年4月現在560円から取引が可能です。

 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)
取引単位0.0010.010.01
1日取引数量上限1002,0002,000
最小発注数量0.0010.010.01

最大発注数量

5100100

楽天ウォレットの気になる手数料の種類は……?

ビットコインの手数料

また手数料の種類は以下の通りです。

手数料の種類費用
口座開設無料
口座管理無料
取引無料
日本円入金無料
日本円出金300円
仮想通貨入庫無料
仮想通貨出庫BTC:0.001 ETH:0.01 BCH:0.01 

つぎの記事を読む

楽天ウォレットの口座開設方法

取引所-口座開設

【楽天ウォレット登録1】口座開設には楽天会員ユーザID(楽天ID)と楽天銀行の口座が必要!

楽天ウォレット

【楽天ウォレット登録2】楽天IDでログイン

楽天ウォレット

ログインをすると楽天IDで登録されている会員情報が表示されます。

楽天ウォレット

OKをクリックして、次の画面に進みましょう。

【楽天ウォレット登録3】同意書を確認

楽天ウォレットの同意書

【楽天ウォレット登録4】会員情報を入力

楽天ウォレット

楽天ウォレットのメリット・デメリット

これから紹介するメリット・デメリットはサービス開始前のものです。

より具体的な特徴やメリットについてはサービス開始後に、実際に楽天ウォレットで取引をしてみてから紹介します

【楽天ウォレットのメリット1】ほとんどの手数料が無料

さきほど紹介したように、楽天ウォレットの手数料の多くは無料です。

日本円の出金料300円と、仮想通貨の出庫料はかかかってしまいますが、取引手数料あんどは無料に設定されています。

【楽天ウォレットのデメリット1】メンテナンス時間がある

楽天ウォレットは毎日午前6:55~午前7:00のあいだメンテナンスを行います。

また毎週水曜日の14:00~17:00のあいだは週次メンテナンスが行われます。

この間大きな値動きがあった場合に入出金や、取引ができないのはデメリットと言えるでしょう。

楽天ウォレットの口コミ

楽天ウォレットの口コミ・評判

楽天ウォレットの口コミは以下の記事で紹介しています。

ネットユーザーの反応が気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

楽天ウォレットの口コミ・評判
【楽天ウォレットの口コミ・評判】ネットユーザーの楽天の仮想通貨参入への反応をまとめました?
楽天ウォレットは2019年4月15日{ ...

続きを見る

楽天ウォレットのまとめ

大手ネットグループの楽天が仮想通貨を始めたので、仮想通貨ファン以外の方でも驚いた人もいるかと思います。

メリット・デメリットなどはサービス開始後に紹介予定なので、もうしばらくお待ちください。

もっと仮想通貨に詳しくなる

 

 

通貨数はなんと9種類!coincheck(コインチェック)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックはマネックスグループが運営する取引所です。

初心者にはとくに使いやすいアプリを採用しているだけでなく、通貨の種類はなんと9種類。

仮想通貨未経験者であれば絶対にオススメしたい取引所です。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-取引所一覧

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.