リップル(XRP)の価格予想まとめ、2020年はどうなる?

更新日:

リップル価格予想2020年
NEM(ネム)で稼ぐ方法
リップル(XRP)はニュースが多い割に価格が上がらないね。
仮想通貨自体が盛り上がっていないこともあるわね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

時価総額でイーサリウムを抜き2位となったリップル(XRP)

世界の銀行との提携や送金実験などの明るいニュースは多く、肯定的な意見も見かけます。

リップル(XRP)の送金革命へ期待をよせる人も多いと思います。

いまの価格は停滞気味ですが、2019年、2020年はいくらまで上がるのかとても気になりますよね。

しかし結論からお伝えすると、これだけ値動きが激しい仮想通貨の数年先の価格を的確に予想するのは困難です。

それでも見通しや予想があれば参考にしたいものですよね。

ということで、仮想通貨にWEBメディアや専門家の予想をいくつか取り上げました。

この記事でわかること

  • リップルの価格予想
  • リップルの今後や将来性
  • リップルを買うのにオススメの取引所

▼リップル(XRP)の売買は、GMOコインがオススメです。

東証1部上場のGMOインターネットグループが運営するので、安心して取引ができます。
取引所での扱いも始まり、お得な取引手数料で売買できます。

\初心者でも安心・簡単に取引できる!/

GMOコインの詳細はこちら

リップル(XRP)の現在の価格は?

リップル現在の価格

まずは現在のリップル(XRP)の価格を把握しましょう。

 

2019年1月24日時点で1XRPあたり約34円です。

時価総額はビットコイン(BTC)に次いで2位となっています。

リップル(XRP)のリアルタイムチャート

 

チャートを見ると、時期によって出来高やボラティリティ(価格の変動)があるため多くの人が興味を持っている印象があります。

そのため、2020年にかけて価格上昇の余地はありそうな雰囲気です。

仮想通貨とは?
価格が上がるときもあるね。
値動きの幅は大きいわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

「そもそもリップル(XRP)って?」という人のために、リップル(XRP)の特徴をまとめています。

リップル(XRP)の主な特徴

  • リップル(Ripple)は送金に特化したプロジェクト
  • プロジェクトで使われる仮想通貨はXRP(エックスアールピー)、通称リップル(XRP)と表記
  • ブロックチェーンを使っていない(XRP Ledgerという分散台帳が使われる)
  • 秒間1,500件以上のトランザクションを処理可能
  • トランザクションの処理時間が圧倒的に早い(3~4秒) ※ビットコイン(BTC)が10分
  • 送金コストが安い(0.1円未満)
  • 中央集権的な運営(リップル社が取引を承認)
  • マイニングできない(すでに全数量が発行済み)
  • 取引の認証方法はRPCA(一般にPoCと言う)
アルトコインは1600種類以上ある
リップル(XRP)がどんな仮想通貨かをもっと詳しく知りたい人はこの記事をチェックしてね。
リップルとは
リップルとXRPの違い、分かりますか?リップルの超基礎を学ぶ
リップルってどんな仮想通$ ...

続きを見る

【2020年】リップル(XRP)の価格予想

リップル価格予想

2019年、2020年の価格予想をまとめています。

仮想通貨は動きが早いため、古い予想はあまりあてになりません。

なるべく新しい2018年の発表も含めています。

2019年までの価格予想

まずは国内専門家の予想です。

仮想通貨事業を手掛けるFXcoinのシニアストラテジスト松田氏は、2018年12月にリップル(XRP)の価格予想を発表しています。(出典:コインテレグラフ

仮に1月24日時点での価格(34円)からみると、2019年末には約2.3倍になります。

  • 2019年12月末に80円
  • 2020年12月末に200円
仮想通貨とは?
かなり現実的な数字だね。
2020年には約6倍の予想ね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

以下は海外メディアの予想です。

イギリスの比較サイトFinder.comは、2018年11月に価格予想を出しています。

予想はフィンテック専門家10名によるもので、2019年末まで価格を以下のように予想しています。(出典:CoinPost

2019年末までに、元の予想約82円→約215円に大幅上方修正

仮に1月24日時点での価格(34円)からみると、2019年末には約6倍になります。

仮想通貨とは?
6倍ならありえそうな金額だね。
2019年の動きが楽しみね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

少し前の予想ですがアメリカのベンチャー企業向け株式市場のナスダックは、2017年9月時点で以下のように予想しています。(出典:NASDAQ

数年で5ドル(約550円)を超える

その根拠に超高速なグローバル送金への評価を挙げています。

2020年以降の価格予想

以下は少し古い発表日のものです。

アメリカの経済紙ウォールストリートフォーキャストの2017年10月号では、2020年以降のリップル(XRP)の価格を以下のように予想しています。

https://twitter.com/crypto_goat_/status/934633313322635265

ツイートの画像から予想を抜き出すと以下です。

  • 2020年に1,046ドル(約11.5万円
  • 2025年に8,033ドル(約88.3万円

仮に1月24日時点での価格(34円)からみると、2020年には約3,300倍、2025年には約26,000倍になるということです。

NEM(ネム)で稼ぐ方法
あまり現実的な予想とは言えないな。
そうね。話半分で聞くくらいでよいと思うわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

何千、何万倍まではイメージしづらいと思いますが、仮に5倍、10倍だとしても十分な価値向上言えます。

いま1,000XRP(34円×1,000XRP=34,000円相当)持っている人は、10倍に上がれば34万円です。

そう考えると「少しでも持っていたら、いいことがあるかもしれない」そんな気もしますね。

\初心者でも安心・簡単に取引できる!/

GMOコインの詳細はこちら

リップル(XRP)の将来性

リップル将来性

今後価格が上がる予想であれば、その根拠も知りたいところです。

こちらもFXcoinの松田氏が、前向きな見通しを述べています。

2019年のXRP相場は力強い回復を見せると予想する。xRapid導入により次世代送金でXRPは一歩抜け出した。今のところ送金指示のみを行うxCurrentでなく送金決済にXRPを使用するxRapidの利用を公表したのは送金業者ばかりだが、リップル社ガーリングハウスCEOはサイアム商銀がデジタルアセットの利用を始めたとしている。2019年は銀行間でXRPの利用が拡大する年となろう。(出典:FXcoin

xRapidとは、RippleNet(リップルネット)と呼ばれる国際送金を可能にする送金ネットワークの中で、実際に仮想通貨のリップル(XRP)を必要とするソフトウェアに該当します。

このxRapidの利用を発表する銀行が増えていけば、リップル(XRP)がより使われるようになることになるため、価格の上昇が見込めるでしょう。

仮想通貨とは?
リップル(XRP)が使われて世の中の役に立つなら、価値は上がりそうだね。
2019年がそのカギとなる年だわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

実際の動きはどうなのか、追い風となりそうなニュースをまとめました。

英国の送金会社、xRapidで送金コストと時間を大幅節約

これは2019年のニュースです。

2019年1月21日、英国の国際送金サービス会社MercuryFXが、xRapidを使った送金で「約1万2100円と31時間」の節約に成功したことがコインテレグラフの取材で分かりました。

英国の国際送金サービス会社MercuryFXは18日、リップルの決済システムxRapidを使った英国ーメキシコ間の送金で「約1万2100円と31時間」の節約に成功した。

一夜明けた19日、MercuryFXの創業者兼CEOであるアラステア・コンスタンス氏がコインテレグラフ日本版の取材に応じ、我々は「古い」国際送金システムであるSWIFT(国際銀行間金融通信協会)脱却の転換点をすでに迎えているかもしれないと述べた。(出典:コインテレグラフ

国際送金のインフラなっているSWIFTにとって変わる可能性も述べています。

現在の国際送金は日数もコストもかかり不便さを感じる人も多く、コスト数円、数秒で送金ができるリップルの技術が普及する可能性もあるでしょう。

銀行を含む新規5社がxRapid採用を表明

上記は送金会社による事例ですが、銀行がxRapidを使うようになればリップル(XRP)にとってさらに追い風となります。

リップル社は公式ツイッターで、新たに13社がリップルネットに加入し、その中で英国の銀行が初めてxRapidを導入することを発表しています。

新規加入した13企業の内5社が、送金時の流動性向上の為に仮想通貨XRPを利用する事を発表している。

5社の1つでロンドンとカリブ海セントルシアに拠点を置くEuro Exim Bankは今年から国際送金に現在150億ドル相当(約1.6兆円分、Fortune社)の流通量を誇る仮想通貨XRPを利用する事を発表した。(出典:CoinPost

このように銀行でのxRapidの採用が続けば、リップル(XRP)の価値も上がっていくでしょう。

リップル(XRP)過去のチャート

リップル(XRP)の見通しを掴むためには過去の値動きも知っておくと、傾向が掴みやすいでしょう。

2017年と2018年はリップル(XRP)に限らず、仮想通貨全般で急騰や急落があり値動きが激しい年でした。

以下の記事では、リップル(XRP)の過去の値動きをチャートとともに振り返ってます。気になる人は合わせてチェックしてみてください。

リップルの今後どうなる?
【2019年】リップル(XRP)の価格は今後どうなる?噂の仮想通貨の将来性を大予想!
2018年のリップル(XRP)は特にË ...

続きを見る

リップル(XRP)を買うのにオススメの取引所

リップルオススメ取引所

仮想通貨とは?
価格の見通しが分かって、実際にリップル(XRP)が買いたくなったらどこで買えばいいかな?
1番のオススメはGMOコインよ。以下にその理由をまとめたわ。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

リップル(XRP)を買うならGMOコインがオススメ

リップル・GMOコイン

リップル(XRP)の売買はGMOコインがオススメです。

その理由に取引コスト信頼性が挙げられ、最もバランスの取れた取引所と言えます。

取引コスト:入出金手数料が無料取引手数料が多くて0.01%のため取引コストがほぼかからない、取引所形式で取り扱いがあり安く買える

信頼性:金融事業も行う東証1部上場企業のGMOインターネットグループが運営するため、取引所運営のノウハウが充実している

GMOコインの口座開設から、リップル(XRP)買い方までを詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

GMOコインでリップルを買う
GMOコインでリップル(XRP)を買う<口座登録から買い方まで>
・GMOコインでリップルは買え& ...

続きを見る

すぐに口座開設をしたい人はこちらから申し込みができます。

\手数料無料で取引できる!/

GMOコインの公式サイトへ

「他の取引所も見てみたい!」という人のために、リップルを取り扱う取引所を比較してみたのでチェックしてみてくださいね。

リップル(XRP)が買える取引所
【初心者必見】もう迷わない!リップルを取り扱う取引所を徹底比較!
リップルでオススメの取引 ...

続きを見る

リップルの価格予想まとめ

リップル将来性まとめ

  • FXcoinのシニアストラテジスト松田氏の予想:2019年12月末に80円
  • イギリスの比較サイトFinder.com:2019年12月末に215円
  • ウォールストリートフォーキャスト:2020年12月末に約11.5万円
  • xRapidが導入されることでリップル(XRP)が実際に使われる
  • xRapidは送金会社だけでなく銀行が導入することで価値が上がる
  • リップル(XRP)を買うならGMOコイン、BitPointがオススメ

いかがでしょうか。

現実的なものから、想像つかないものまで幅広い予想がありました。

2019年の価格動向が見逃せないですね。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

24時間365日の電話サポート!BITPoint(ビットポイント)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-無料ユーザー負担

BITPointは、東証2部上場の企業が運営する取引所です。

また24時間365日の電話サポートも行っているので初心者でも安心してトレードができます

通貨ペアはなんと52通り!Liquid by Quione(リキッドバイコイン)


キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-ほぼなし出金:500円

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、ビットコインの取引高が日本一の人気の取引所です。

通貨ペアが52通りと、他の取引所では類を見ないペア数を誇っています。

また独自に発行されている「QASHトークン」を使えば、取引手数料の割引なども適用されるうれしい特徴も。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円
bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン7種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
約1.35%無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。 また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

-リップル
-, ,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.