【リップル取引所】4つの選定ポイントと初心者向けランキング

更新日:

リップル取引所オススメ3選
悩む男性

・リップル(XRP)の取引所はどこがオススメ?
・取引所別のメリット、デメリットは?
・リップル(XRP)はいくらから買える? 

こんな疑問を解決する記事になっています。

 

仮想通貨の時価総額ランキングで3リップル(XRP)

リップラーと呼ばれるリップル(XRP)保有者が一定数存在し、日本人にも人気です。

これから仮想通貨取引を始めようとしている人にもオススメの仮想通貨の一つと言えます。

リップル(XRP)

送金・決済に特化した仮想通貨。

リップルは厳密にはこの送金システムおよび会社の名前で、システムで使用される通貨XRP(エックスアールピー)を一般にリップルと呼んでいます。

ここでは実際にリップル(XRP)を購入する際に参考になりそうな以下の項目を紹介します。

この記事でわかること

  • リップル取引所を選ぶ際のポイント
  • リップル取引所の比較
  • 初心者にオススメのリップル取引所

コイプラ編集部オススメの取引所3選

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

coinchecklogo

Coincheck / 総合91点

東証一部上場のマネックスグループ

全9種類の取り扱い通貨

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

リップルについて詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

リップルとは
リップルとXRPの違い、分かりますか?リップルの超基礎を学ぶ
リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

続きを見る

リップル(XRP)取引所選びのポイント  

リップル取引所選ぶポイント

取引所を紹介する前に、まずリップル(XRP)取引所選びの4つのポイントをお伝えします。

1.リップル(XRP)の取り扱いがある

当然ですが、リップル(XRP)を取り扱っている取引所を選ぶ必要があります。

2.使いやすさ

初心者にも分かりやすいデザインや取引画面、手軽に取引できるスマホアプリがあるかなど、使いやすさも外せないポイントです。

3.手数料(取引手数料、入出金手数料 など)

仮想通貨取引では、入出金、売買などさまざまなタイミングで手数料が発生します。

たとえば頻繁に入出金する人は、割高な入出金手数料の取引所は避けるべきでしょう。

頻繁に売買する人は取引手数料に注目する必要があります。

4.信頼性

信頼性は最も重視すべきポイントです。

具体的に見ておきたいポイントは、運営会社がどんな企業か、運営体制(セキュリティ対策など)などでしょう。

リップル(XRP)はいくらから買える?

リップルはいくらから買える?

そもそもリップル(XRP)を買うために、いくら準備すればよいのでしょうか。

最小購入額は500円~、10XRP~など取引所によりますが、3,000円を入金しておけば余裕をもって買うことができます。

2019年4月時点で1XRP=36円なので、3,000円あれば80XRP以上が買えますね。(別途手数料がかかります)

<リップル取引所>Coin Plusのオススメ3選

リップル取引所オススメ3選

ここではCoin Plusがオススメする取引所を3つ紹介します。

主要項目を5つに分けて点数化しています。

なお、どの取引所も口座登録・口座開設自体は無料です。

使いやすさを自分で確かめるため、またメンテナンスで使えなくなった時のためにも、2,3社の口座を開設しておくことをオススメします。

また今後、仮想通貨ブームが再燃してくると、口座登録完了に時間がかかる場合があります。

今すぐに取引をする予定がなくても、口座開設しておいて損はないでしょう。

GMOコイン

GMOコインのメリット

特にお伝えしたいメリットは3点です。

  • 東証一部上場のGMOインターネットグループによる運営
  • 取引所での取り扱いがあり、手数料が安い分安く買える
  • 初心者にも使いやすいアプリ

FX老舗のGMOクリック証券を子会社に持つGMOインターネットグループが運営会社のため、取引所の運営ノウハウを持っています。

また、取引所形式と販売所形式の2パターンで運営しているため、初心者なら買いやすい販売所形式に、慣れていれば手数料を抑えられる取引所形式にと柔軟に利用できます。

専用アプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」は見やすく、サクサク動くため好評です。

gmoコインアプリ

出典:GMOコイン公式サイト

GMOコインのデメリット

強いて挙げれば、取り扱う通貨数が比較的少ないことです。

GMOコインで扱う通貨は5種(XRP、BTC、ETH、BCH、LTC)のみです。

リップル(XRP)を買うことが決まっている場合は問題にはなりません。

Coincheck(コインチェック) 

Coincheck(コインチェック)のメリット

メリットとして特にオススメするポイントが3点です。

  • 東証一部上場のマネックスグループ傘下になったことによる信頼性
  • シンプルなデザインで、特にスマホアプリは初心者にも使いやすい
  • 最大5,500円がもらえるキャンペーンを実施している

東証一部上場のマネックスグループ傘下となったコインチェック。

老舗ネット証券のノウハウを活かし、セキュリティなどのサービス強化を図っています。

コインチェックは販売所形式のみですが、アプリで通貨の購入や売却が簡単にできるので初心者にもオススメです。

また、2019年4月からは最大20,000円のキャッシュバックとなるキャンペーンも開始しているため、口座開設にはよいタイミングと言えるでしょう。

使い方、リップル(XRP)の買い方はCoincheckの公式YouTubeで紹介されています。

Coincheck(コインチェック)のデメリット

コインチェックといえば、巨額のNEMを流出させたコインチェック事件が浮かぶでしょう。

そのため、ネガティブなイメージが強いかもしれません。

一方で、上述のマネックスグループ傘下となり運営強化を図っています。

また、事件時は「みなし業者」として運営してましたが、2019年1月11日には仮想通貨交換業者として金融庁にも認可されました。(出典:金融庁

このように足固めを進め、信頼される取引所を目指しています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)のメリット

特にお伝えしたいメリットは3点です。

  • リップル(XRP)の取引量世界一の実績がある
  • 取引所での取り扱いがあり、手数料が安い
  • アプリを含めた取引ツールが豊富

ビットバンクは2018年にXRPの取引量で一時的に世界一となるほど、リップル(XRP)の取引量が活発です。

またGMOコインに同じく、取引所形式でリップル(XRP)を扱っているため手数料を抑えられます。

bitbank(ビットバンク)のデメリット

デメリットを挙げるとすれば、運営会社が上場企業、大手企業ではない点です。

ただビットバンクは、2018年に「ICORating」という調査機関の取引所セキュリティレポートにおいて国内No.1の評価を受けているため、上場企業でなくとも信頼に値する会社と言えるでしょう。

 

 

番外編 SBIバーチャルカレンシーズ

番外編としてSBIバーチャルカレンシーズを紹介します。

SBIバーチャルカレンシーズのメリット

リップル(XRP)を強く推奨しその普及に熱心なのがSBIバーチャルカレンシーズです。

この背景には、SBIグループがリップル(XRP)の発行元であるリップル社の株式の10%を取得していることがあります。

公式サイトではリップルのほか、ビットコイン、イーサリアムの取り扱いを明記されていますが、現在はリップル(XRP)のみの販売所形式として限定的に機能しています。

販売所形式ですが、スプレッド(売値と買値の差)を業界最小に抑える方針です。

運営会社がSBIグループで株式やFX取引所などの豊富な運営ノウハウ、セキュリティ対策やサーバー安定性については期待が持てるでしょう。(参考:SBIVCのセキュリティ

※2019年4月16日、ビットコインキャッシュの取り扱いを廃止する旨がリリースされました。(出典:SBIバーチャルカレンシーズ

SBIバーチャルカレンシーズのデメリット

2019年4月時点で、専用アプリがありません。

パソコンもスマホもWebブラウザでの取引となります。

アプリに慣れている人には少し不便に感じるかもしれません。

今後のリリースに期待しましょう。

SBIバーチャル・カーレンシーズ
《SBIバーチャル・カレンシーズ》取引所の情報や口コミ、利用メリット・デメリットを紹介!
SBIバーチャル・カーレンシーズ日本の大手金融グループのSBIホールディングスが運営している仮想通貨の交換業者です。 2018年にできたばかりの取引所ですが、注目度の高い仮想通貨取引所です。何が魅力になっているのでしょうか?

続きを見る

リップル取引所のまとめ

リップル取引所まとめ

取引所選びに重要なポイントは以下の4点です。

1.リップル(XRP)の取り扱いがある
2.使いやすさ
3.手数料(取引手数料、入出金手数料 など)
4.信頼性

リップルに限らず、仮想通貨取引をスタートする上で取引所選びは重要です。

自分の取引スタイルを踏まえて取引所選びをしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事があなたの取引所選びのお役に立てれば嬉しい限りです。

▼関連記事を読む
【2019年】リップル(XRP)の価格は今後どうなる?噂の仮想通貨の将来性を大予想!

【2019最新】初心者必見!仮想通貨の取引所ランキング5選【失敗しない】

リップル(XRP)の価格予想まとめ、2020年はどうなる?

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

女性2
以下はGMOコインの手数料シミュレーションです。

ビットコインの購入から出金まで、すべて無料なのがオススメポイントです。

GMOコインの手数料シミュレーション

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスの傘下の取引所です(金融庁認可済み)。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類はなんと9種類。

今なら取引額に応じで最大100,000円がキャッシュバックされます※。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

※2019年4月9日23:59:59までに会員登録済みのユーザーのうち、2019年3月16日00:00:00 ~ 2019年4月16日23:59:59に「販売所」取引を一度も行っていない方が対象。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-リップル, 取引所一覧
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.